1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

AirPen 2.0 試用レポート -外装-

第1回デジタルメモ活用研究会に参加した時に、ぺんてるさんのご厚意で、AirPen 2.0 を試用させて頂くことができたので、何回かに分けてレポートしてみたいと思います。

● サイズ・形状
これまでのものは、ジッパーのついたよりカジュアルな雰囲気の外装だったのですが、LimitedEdition IV の形状に近い合成皮革で、一回り小さく落ち着いた雰囲気のものになってます。ほんの一手間、ジッパーを開けるだけなのですが、それがない分、ぱっと開いて、さっと筆記体制にはいれるのはうれしい配慮だと思います。

※そういう点では、キャップ式よりノック式のペンなら片手で起動できて便利だと思うのですが、ペン先にかかる圧力がスイッチになっているので、機構的に難しそうです。

※ジッパー付きだと、他のメモとか小物も持ち歩けるメリットもあります。そっちのがよかったという方にはエグザフォリオあたりと組み合わせてみるというのはいかがでしょうか?
http://item.rakuten.co.jp/leilo/hm81202-01/

20081216a.jpg



●LimitedEdition IV とのサイズ比較
LimitedEdition IV と並べて写真をとってみましたが、形状はほぼ同じです。ユニット部分のベースにも互換性があるのでユニット部分だけ取り替えて使うこともできそうです。

20081216b.jpg


●表面加工
表面は合成皮革で、シボ加工が施されています。AirPen LimitedEdition IV は本革なので、ばさっと鞄にいれて持ち出すようなカジュアルな使い方には気が引けていたのですが、こちらなら気にせず持ち歩けそうです。

20081216b.jpg


※以前は ITOYA さんのリーガルパットとベースユニットを組み合わせて持ち歩いてました。
1日1tech AirPen + ITOYA リーガルパッドフォルダS
http://miyana2m.blog2.fc2.com/blog-entry-428.html

● 表紙が360度返せる
表紙カバーが360度返せるので、立位で筆記する場合の安定感があります。最近は MVPen +マルマンのジウリスA5 を使う事が多いのですが、ジウリスは表紙が完全に裏返せないので(表紙がしわになる)、立位だとなんかぐらぐらして書いていて、落ち着きません。airpen2 のこの形状ならその心配はなさそうです。

20081216b.jpg


● ジョッター部(書き終えた紙の保存)
表紙裏側に書き終えた用紙をはさんでおけるジョッター部分があります。A5 サイズの用紙なら、折りたたまなくてもそのままさっと保存しておけます。このへんも LimitedEdition IV のデザインが踏襲されてます。

20081216b.jpg


● ペンの比較
ペン軸の色以外、機構的には AirPen LimitedEdition IV のものと同じようです。青いペンは、他のペンと混ざったときに区別はつきやすいとは思うのですが、ちょっと派手なので、もうちょっと落ち着いた色にするとか、ぜめてつや消しにとかなると個人的にはうれしいのですが...
あと、これまで AirPen を使っていて、キャップに書かれている airpen のロゴが、ロールペンケースとかで1本1本わけで持ち歩いていても印刷がはげてくるので、ここも改善されているかな~と思っていたのですが、このあたりには変更なさそうです。
※さすがに借り物なので、こすったりは試していません。あくまで「見た目」での判断ですが。

20081216b.jpg


ここまで書いて、まだ見た目しかレポートしてない事に気が付きました。
実際の使い勝手などは、また別エントリーで。
  1. 2008/12/16(火) 12:59:32|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Lenovo のネットブック「IdeaPad S10e」発表キタ!けど,,,

日本でもLenovo のネットブック、「IdeaPad S10e」 の発表がきました。

レノボ、54,800円のネットブック「IdeaPad S10e」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1203/lenovo.htm

ただ......駆動時間は約5.3時間というのは持ち歩きマシンとしてはうれしい限りだけど、重量は約1.38kgってどういうこと?
夏頃に発表(?)されたスペックだと、重さは約907gということで、めっさ期待していたのに、これなら普通にThinkPad X61s や ThinkPad X40 (1.2kg台)のが軽いし、液晶12インチで広いし、トラックポイントついてるし。
当分はネットブック扱いで購入した、中古の ThinkPad X40 を使い倒すことにします。。。
  1. 2008/12/04(木) 12:51:45|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

格安の無線LANコンバータ「GW-MF54G2」

HDDレコーダを無線LANに繋ぐ(有線イーサネットを無線LANに変換する)コンバータを探したのですが、どれも5000円以上して高い!とあきらめていたところ、amazon で2380円と格安の無線LANコンバータ「GW-MF54G2」を見つけたので、購入してしまいました。



本来は出張先のホテルなどで、無線LAN を使うためのモバイルアクセスポイントとしての用途が主のようですが、有線でしか接続できないHDDレコーダやゲーム機等を無線LAN に繋ぐ無線イーサネットコンバータとしての機能ももっています。

■設定方法
ネットでの評価をみたところ、設定方法に癖があるというか、マニュアルがわかりにくい!という指摘が多かったです。マニュアル通りにそのまま設定すると、初期状態がADSLとかのルータとか重複しやすいアドレスなので、あたってしまいます。これにひっかかって一度リセットしたのですが、その後はまず本体の IP アドレスを参加させるネットワークの空き番号に設定した後、既存の無線LANアクセスポイントに接続するための WPA の設定等を行い、無事に使えるようになりました。

■発熱
発熱について指摘されている方もおられましたが、無線イーサネットコンバータとして使っている分にはそれほど熱くはならず、ほんのりと暖かいかな?というくらいです。
※使わない時は電源をきってます。

■無線LANアクセスポイント
無線LANアクセスポイントとしては使ってないのですが、主さ50g ちょっとでセキュリティ的にも WPA/WPA2 にも対応しているので、会社やイベント会場用に壁や天井にはるようなアクセスポイント増設用にも向いているかもしれません。
※あまりに軽く安いので、会社に勝手に持ち込んで使われそうで、こわいですが...

出張用には E-MOBILE を既にもっているのですが、この値段だったら、予備にもう1台買っておこうかなと思ってます。
  1. 2008/11/20(木) 12:40:08|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キーボード搭載デジタルメモ「ポメラ」

個人的に最近のモバイルメモは、AirPen や MVPen、それか完全にアナログで RHODIA を使っているので、もっぱらペン描きなのですが、ちょっと気になるキーボードを搭載したデジタルメモツールがキングジムさんから発表になりました。

20081021.jpg

デジタルメモ「ポメラ」 | KING JIM
http://www.kingjim.co.jp/pomera/

仕事耕具:入力はテキストデータだけ――折りたたみ式キーボード搭載の「ポメラ」
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0810/21/news069.html

気になったスペックは、

・ちゃんとしたサイズのキーボード
・文字が読みやすく、バッテリも長持ちするモノクロTFT液晶 (約20時間)
・持ち歩いて苦にならない重さ(約370g)
・2秒の高速起動
・microSD 搭載
・ATOK搭載

と、「出先でキーボードでテキストを書く」ところをがっちりおさえている感じです。
以前、SONY から出ていたモノクロでテキストやBMPの表示に特化したPDA「 InfoCarry (インフォキャリー)」の初期型を持っているのですが、コンセプトのフォーカス具合といい、それの「書く版」という印象です。
ただお値段がちょっと高い気がする...19800円なら私も間違いなく購入しそうなのですが、27300円となると、中古で EeePC が買えてしまいます。キーボードよりもケータイのほうが文字入力しやすいという層も、若い方の中にはありますし、さらにその先には、NintendoDS で育ったタッチパネル世代もいるので、どうなるかなかなか興味深い商品だと思います。
【“キーボード搭載デジタルメモ「ポメラ」”の続きを読む】
  1. 2008/10/21(火) 23:26:22|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

MVPen:小型のデジタルペン

7月の初め頃に、MVPen を購入しました。購入前に少し紹介してましたが、MVPen は、手書きの内容をデジタル化してPCに取り込んだり、手書き文字をOCRでテキストに変換することができるツールです。紙は自由に選べるので、ここのところは A5サイズの Girius (バインダーノート)と組み合わせて使ってます。

MVPen|手書きメモをそのままデータにデジタルペンならMVPen(エム・ブイ・ペン)
http://www.mvpen.com/

20080922b.jpg 20080922a.jpg


良かった点はこんなところです。

  • USBからの充電方式で、小型軽量

  • 液晶画面付き。何枚記録したか?(今何枚目か)が表示されているので、
    間違って上書きしてしまう事を少しは防げる

  • 普通の miniUSBケーブルで接続可能

  • 安価(楽天の安いお店だと 9800円程度)

  • 消耗品が普通に買える(紙は普通の紙、ボールペン先は4C規格(に見える)、ペンの電池も SR41)


逆に困った・困りそうな点はこんなところです。

  • USB充電なので、バッテリが切れたら コンビニで補充とかできない

  • クリップ部分が小さいので、リーガルパッドを1冊挟み込むような使い方ができない

  • 初代AirPen (EA1)とはコンフリクトして1台のPCで共用できない (アプリの問題? EA2 では大丈夫な模様)

  • (私見ですが) AirPen より文字を大きめに書く必要がある?


機構的には、アノトペンの系列ではなく、AirPen の系譜の製品で、大まかな使い勝手としては「小さいAirPen」といった感じです。
鞄に常備している RHODIA のメモに付けられたら...とも思っていたのですが、クリップが小さいので上部分に挟んで使うことはできませんでした。ジョッターメモ・メモシッターといわれるものとだったら、組み合わせて、胸ポケットに収まる(いれようと思ったら、はいる)モバイルデジタルペンにできるかも。





あと今回、調べてみたらスタンドアロンで使わない・常時PCと接続して使う人向けに、さらに廉価な MVPen for PC なるものが 6980円で販売されているようでした。





とりあえず AirPen は社内でのクライアントとの打ち合わせなどのちょっとフォーマルな場面で、MVPen は立ち見の勉強会とかでのモバイル用途・鞄に常備するラフな用途で使い分けようかなと思ってます。
  1. 2008/09/22(月) 12:48:14|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

GPS20C:キーホルダーサイズのGPSユニット

EMONSTER の GPS を使って遊んでいるのですが、今月号の SoftwareDesign で気になるGPSユニットを見つけました。キーホルダーにつけられるくらいのサイズで、8980円くらいで購入できるようです。

20080820.jpg


iPhoneに負けるな! 超小型GPSでスマートフォンの現在位置探索(アイ・ビー・エス・ジャパン)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20080811/1017567/

個人的に気になるのは

  • BlueTooth で接続

  • USBで充電

  • WindowsMobile に対応


といったところです。ノートPC で GPS を搭載しているものは、工人舎のものとかまだまだ限られるし、かといって WiFi 電波の状況で位置を割り出す PlaceEngine単体では、まだまだカバーしている範囲が心配だしということで、普通のノートPCやモバイル機での使い回しがどこまでよさげかが気になってます。
GPS-CS1K は(ちょっと特殊な)USBストレージとしてマウントして、GPSログのテキストを取り出す仕様でしたが、こちらは BlueTooth なので、リアルタイムに位置情報をモニタする用途にも使えるかもしれません。

※さすがに最近、モバイルに散在しまくりなので、購入は自重しました。。。
  1. 2008/08/20(水) 12:57:34|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ICD-UX70:MP3 で録音できるボイスレコーダ

だいぶ前に購入していたのですが、最近、使用頻度が上がってきてちょくちょく使っているので、
簡易レビューしてみます。

20080717.jpg
http://www.ecat.sony.co.jp/audio/icrecorder/products/index.cfm?PD=29578&KM=ICD-UX70


お気に入りのポイントとしてはこんな感じ。

  • MP3形式で録音可能 (汎用的、Podcasting とかする人には良いかも)

  • 単四で使えて、充電も本体で対応 (出先のコンビニで調達できる)

  • 軽い

  • ステレオマイク標準搭載 (そこそこ綺麗)

  • USB端子で直接PC/MACに接続してマウント

  • STSPモード(良音質)の録音で、約15時間の記録ができる


でも、ちょっと気になるところもあったり。

  • とっさの時に使えない(起動に十秒程度かかる)

  • USBキャップをなくしそう

  • 電源の切り方がわかりにくい(再生・録音してない状態で、ホールドをON...て、どうよ?)


とはいえ、昔使っていた機種より遙かに音質もよくて、ちょくちょく使ってます。
1万円ちょっとの廉価機でここまでできたら十分だと思います。

この間の祇園祭の宵々山にいったときに、これを使って録音した MP3 をアップしたので、
よかったら参考にしてください。(STSPモードでの録音です)

http://miyanami.googlepages.com/080715_000.mp3
http://miyanami.googlepages.com/080715_001.mp3

  1. 2008/07/17(木) 12:09:35|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

千円ちょっとのデジタルフォトフレーム

この間、Google のデジタルフォトフレームを頂いたのですが、実は家にも1つあったのを忘れてました。
少し前にドスパラで 1480円くらいで購入しました。液晶表示部分は親指の爪をちょっと大きくしたくらいの、本当のサムネイルサイズです。

20080710.jpg


衝動買いできるデジタルフォトフレーム「デジポッド」 (1/2)
<http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0805/27/news013.html>

こちらのサイトで紹介されているものと内容は同じものだと思うので、私が購入したものは、ブリスターパックのものだったので、OEM 元の輸入品とかかもしれません。ちなみに附属していた電池は USB から充電できるタイプのものだったのですが、この間みたら、水?のような液漏れをしてしまっていて、電源を入れられませんでした。
※ちょっとこわいので電池をはずして放置中です。

画質はあまり期待できるものではないですが、値段も安いですし、何かのインスタレーションなど、
数購入して使う用途には向いているかもしれません。
  1. 2008/07/10(木) 12:17:42|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Google のフォトフレーム

Google TechTalk in京都 で、なんと Google のロゴ入りフォトフレームをもらってしまいました。
さっそく家に帰って開封したところの写真です。

20080707a.jpg 20080707b.jpg

20080707a.jpg 20080707b.jpg


この他の写真はこちら
http://picasaweb.google.co.jp/miyanami/20080707_google

MP4 動画や音声にも対応している様子。
ひとまずマニュアル通りに、空の SD カードをマウントしてできる /PHOTO ディレクトリ以下に PC から幾つか写真をコピーして表示させてみました。
PC の TFT液晶とは比べるべくもないのですが、以前購入した「DM-AV20」の液晶とほぼ同じ感じで、ちょっとだけざらっとした感じです。単四電池4本でも起動するのですが、結構、電力食いそう。附属の AC アダプタで接続するのが吉かも。
もしかしたらオンラインの Google Photo (Picasa Album) や YouTube 対応か!?とも思ったのですが、さすがにそこまで高機能ではないようです。

ちょうど、家族がデジタル写真立てを他所で見てきてちょっとほしがっていたので、早速、いろいろ使ってみたいと思います。 【“Google のフォトフレーム”の続きを読む】
  1. 2008/07/08(火) 03:51:32|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。