1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

AirPen 2.0 試用レポート -airpen note 良かった点 (2)-

AirPen 2.0 を試してみる中で、「フォーム」という機能があるのですが、個人的にかなり気になってます。どういうものかというと、読み込んだデータを「ここはタイトル」「ここは日付」というように情報を分類して、それぞれ認識内容を Excel シートの別セルに認識結果を出力できる機能です。

20081226_form1.png

20081226__form2.png



これをうまく使えば、例えば大学での講義ノートの取り方として有名な「コーネル式」や、RHODIA から発売されている、日付・目次・アクションンリストの欄がレイアウトされているミーティング用のノートなど、紙面上のレイアウトで情報を区分しているようなノートで、デジタル化する際にフォーマットにあわせてそれぞれの内容を自動的に分類して管理できます。
従来のように、直接、それぞれのフォームに入力していく方式だと、記入する内容にあわせてフォームのフォーカスを移動する必要がありますが、これがアナログの紙面で自動的にできるので、より自然に自由な感覚で記入できます。

コーネル式
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0610/23/news006.html

ロディア-RHODIAクラシックミーティングブック 文房具屋さんワキ文具 - Yahoo!ショッピングhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/bunguya/rhodia74.html

この間、テレビで見たのですが、最近だとその会社独自のフォーマットのノート(アイデアノートや議事録とか)を導入されているところもあるようなので、そうしたものとの親和性も高そうです。
今は Excel に出力されますが、JustSystem さんが開発している Xfy のような XMLベースのシームレスな環境と連携できたら、使う人中心のかなり便利なシステムが構築できそうな気がします。

Review:XMLファイル編集に革命をもたらすジャストシステムの「xfy technology」 - システム -
http://japan.zdnet.com/news/devsys/story/0,2000056182,20089864,00.htm


スポンサーサイト
  1. 2008/12/26(金) 12:44:41|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyana2m.blog2.fc2.com/tb.php/574-e721f598
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。