1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Google技術講演会 in 京都に行ってきました

7/6 に、Google技術講演会 in 京都 (Google TechTalk in京都)に行ってきました。
内容的には既報のものがほとんどで、開発者向けのコアなものというよりは、事例の紹介や、なぜそうした取り組みを行っているのかという説明が多い印象を受けました。
記憶・メモに残っている範囲でメモメモ。

20080706.jpg


●Googleのモバイルプロダクト(Google の若狭さん)
・Google もモバイルプロダクトに力をいれている。

●GoogleマップとUGC(Google の南野さん)
・最初、API の公開は考えていなかった
 (不動産関連のサービスにHACKされて需要に初めて気が付いた)
百聞は一デモにしかず

●はてなのサービスとGoogleAPI (はてなの伊藤さん)
・なぜ API を公開するのか?
 ・APIは技術者を empowered -> そうしてできたサービスはユーザを empowered
 ・データをオープンにしたい(サービスにロックインされない)
 ・自分たちの想像を超えるアプリケーション、出来事を見てみたい
・「勢いで作る」から「組織力で作る」へ

●Google におけるエンジニアの日々とリサーチ(Google のマイクさん)
・研究部門だけど、自分たちでビデオも作った。<おもしろい!

●Q&A
・Android は必ず OpenSource で出す
・Google の開発拠点を是非、京都に!
・競合はどこ? A:今、まさに起業しようとしているベンチャー
・GoogleMaps 自体も API で作ってしまおう、という声も社内にある
Google はサービス・API についても「実験」という考え方を非常にする。思いもよらない使い方をされた時も、単に利用規約違反ということだけではなく、ユーザにとって利便性が高くて、多くの人が望んでいるなら、柔軟に変更していくというカルチャーがある。

などなど

fujioka0729さんが、参加された方の書いておられるブログのリストを作っておられましたので、
より詳しく・正しく知りたい方にお勧めです。

Google技術講演会in京都に参加された方のブログを集めてみました - 駆け出しプログラマの奮闘記
http://d.hatena.ne.jp/fujioka0729/20080708/1215487205

あとこの後の交流会で、Google ロゴ入りのデジタルフォトフレームがあたってしまいました。
使用感などはまた別のエントリーでアップしたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/07(月) 08:44:09|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyana2m.blog2.fc2.com/tb.php/512-0fb68491
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。