1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Ubuntu8.04 を USB メモリから起動して使う

Ubuntu 8.04 になってから、USBメモリにインストールするスクリプトが標準の配布には含まれなくなってしまい残念に思っていたのですが、GUI で実行できるツールを公開しておられるのを見つけました。

20080531.jpg


Ubuntu を 徹底して簡単にするサイト
http://hiro.coolverse.jp/ubuntu/

Ubuntu日本語フォーラム / Ubuntu 8.04 on USB Memory : インストールと「ブートCD」
http://forum.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=11767

早速、ThinkPad T43 で試してみました。Ubuntu 7.04 の頃は一部、コマンドラインでの操作があったのですが、今回は全て GUI で操作できました。おおまかな手順は下記の通りです。



  • Ubuntu 8.04 の CD-R で起動

  • ネットワークを設定(WiFi の場合、画面右上のほうのアイコンをクリックして設定。DHCPが必要?)

  • ブラウザを立ち上げて上記の「Ubuntu を 徹底して簡単にするサイト」に接続、インストールプログラムをダウンロードする

  • インストールプログラムを起動

  • インストール対象を選択(容量も表示されるので、USBメモリを判断しやすい)

  • 自動的に起動するG-Parted でパーティションを2つに分割(既存を削除、パーティションを新規に2つ)して、メニューから「全ての変更を適用」して実行する。このとき、既に何かデータがはいっているとうまくいかない場合があるので、あらかじめ削除しておく。

  • フォーマット後、自動的にマウントされるUSBメモリを右クリックでアンマウントして、処理を続行

  • 自動的にインストールが進んで完了


とこんな感じです。
実質、20分程度で作業が完了しました。あまりに簡単なので、2GB の USBメモリと、予備に(?) 4GBの microSD の2つにそれぞれインストールしました。以前、同僚が学会発表にノートPC をもっていった時、前日に HDD が不調になって非常に焦ったことがあったのですが、これなら Firefox も OpenOffice も標準ではいっているので、いざという時に安心です。
私は利用したことはないのですが、ネットカフェなどのあやしい共用端末を使う時などにも便利かもしれません。
詳しい使用感などは次のエントリーで。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/31(土) 22:39:49|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyana2m.blog2.fc2.com/tb.php/485-50d19dd5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。