1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

MacOS X で Flex2SDK を使ってみる

長らく手をつけられてなかった Flex2 SDK ですが、下記のサイトの内容を参考に MacOS X 10.4 環境にセットアップしてみました。

note.x | Flex2SDKの環境構築メモ
http://rect.blog49.fc2.com/blog-entry-55.html

とりあえず Jedit でソースを編集して、MacOS X 標準のターミナルからコマンドラインでコンパイルしているのですが、私の環境では、ターミナルは開く度に source ~/.bashrc という感じで、 PATH を通しているシェルの環境設定ファイルを読み込む必要がありました。(どこかで設定できそうですが...)

環境もできたしなんか作ろう、ということで、参考サイトを見ながら、去年のHIS のシステムにHTTPでアクセス・XMLを取得して、データグリッドに表示するものを作ってみました。

20070606.jpg

今はまだ mxml ファイルの中にスクリプトを書いていますが、外部 as ファイルで分離できるようなので、MVCモデル的にもよい感じに整理できそうです。
細かいところの表現にこだわらなくてよいなら、MXML で標準のコンポーネントを使うことで、GUI のRAD ツールとしてもかなりいい感じで使えそうな気がします。

参考:
より短いXMLコードでサーバ通信させるFlex2 ─ @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fwcr/rensai/flex205/01.html

スポンサーサイト
  1. 2007/06/06(水) 12:07:06|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyana2m.blog2.fc2.com/tb.php/429-ff96a4d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。