1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

JavaScript で MVC モデル (DOMによるイベント駆動)

今回、中継そのものには間に合わなかったのですが、JavaScript の書き方について興味深いサイトを見つけました。

yohei-y:weblog: Javascript+HTML のデザインパターン
http://yohei-y.blogspot.com/2005/09/javascripthtml.html

JavaScript Tips collection - Mozilla's Blues
http://www.din.or.jp/~hagi3/JavaScript/JSTips/Mozilla/eventhandle.htm

この間紹介した書籍でも言及されていたのですが、簡単にまとめると、HTML 中で onmouserover や onload のようなイベント駆動系のコードを記述せずに、そのイベント処理を割り当てる画像なりリンクなりのオブジェクトを DOM で指定して、JavaScript 中でその挙動を定義するという感じです。
このサイトの方は、behavior injection(振る舞いの注入) とか action injection (アクションの注入) と呼ばれてますが、まさにこういう方式で記述していけば、

Model :HTMLで情報を構造化し記述
View :CSSで表示制御
Control :JavaScript でイベント駆動、処理を記述

という形で、美しく効率的に分業できそうだなぁと。
※実際には JavaScript で CSS の定義を動的に変更したりと、「view に対するcontrol」もあるので完全に厳密には分けられない部分もありそうですが...

css でPC用、モバイル用、印刷用のように用途に応じて表示方法を切り替えているように、使用する機器によって UI の作法を切り替えることも js の切り替えだけでできる可能性につながりますよね?
そういうマルチプラットホームなUI開発の時には積極的に試してみたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/24(木) 12:40:24|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyana2m.blog2.fc2.com/tb.php/345-4fbe5373
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。