1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ファイルを自動同期:FolderShare

DriftDiary6 さんのところで見つけた FolderShare、手元のノートパソコンで試してみたのですが、これは、すごい!
基本的には Mac/Win で使える 2GB のオンラインストレージサービスなのですが、他のサービスのようにアップローダや専用のクライアントアプリを用いるのではなく、OS のファイルマネージャとシームレスに統合されている点が秀逸で、共有ライブラリとして指定したフォルダは、ローカルで更新されると自動的にネットワークを通じて同期されます。
「samba とかでファイルサーバたてたらいいやん」といわれるかもしれませんが、ネットワークに繋がっていない外出時にも(ネットワークに繋がっていた時点での)最新のファイルが普通に利用できるのと、やはり自動で複数端末を同期してくれるところは、快適です。

実際に使ってみたところ、暗号化はされているようなのですが、他のユーザとの共有機能もあって怖いので、招待したユーザとだけ明示的に共有する「privacy mode ON」で、仕事関連のファイルは入れないようにして使ってます。
そのままだと、共有しているフォルダ以外のファイルもブラウザ経由でアクセスできてしまうので、FolderShare のメニューから more > setting > transfer のところで、Allow web downloads from this computer のチェックを OFF にするのも忘れずに。
個人的に同期しているファイルの内容はこんな感じです。

  • ブラウザのブックマークのバックアップ

  • RD-H1 とか携帯電話とかのマニュアルのPDF

  • ブログに投稿するネタ情報(キャプチャ画面とか)

  • ネットで見つけた参考論文のPDFやその動画データ

  • デジカメで撮った写真(最終的には取り出してうちの差サーバに保管)

  • 壁紙


あと、同期しているフォルダのファイルを削除すると、当然他の端末のファイルも自動的に消えるので、バックアップ目的で複数端末にデータを複製している場合は要注意です。(ミスって1個、ファイルを消してしましました)
前に紹介したキーボード・マウスを共有できる synergy と組み合わせて使うとさらに快適です。

ファイルの同期・共有に機能が絞られていますが、検索なら Google Desktop サーチ、履歴管理なら subversion 等と組み合わせられたら、めちゃくちゃ快適な環境が構築できそうです。
以前、上記の機能を組み合わせたクライアント(の試作品)を作るみたいな仕事があったのですが、機能てんこもりの大艦巨砲主義よりは、シンプルな機能をもつ複数のアプリケーションの組み合わせで実現したほうが、よりエレガントだよなぁ。

DriftDiary6 さんも言及されていますが、FolderShare と Skype があれば、オフィスに縛られないワークスタイルも、そこそこ現実的にできそうかも、と思ってしまいます。

FolderShare.com
https://www.foldershare.com/


DriftDiary6:FolderShareを使いこなす
http://blog6.drikin.com/drift_diary6/2006/01/foldershare_576c.html

FolderShare
http://manking.cocolog-nifty.com/outofsight/2006/01/foldershare.html
スポンサーサイト
  1. 2006/01/19(木) 23:58:45|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyana2m.blog2.fc2.com/tb.php/188-8091ded3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。