1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Mac と Windows でマウス・キーボードを共有

この間、Windows 同士でマウス・キーボードを共有してみた Synergy ですが、今度は同僚が iBook で MacOS X と Windows での共有を試してみたので、まとめ。

Winodws のマウス・キーボードを MacOS X で使う

Windows のサーバの設定で、Mac のスクリーンネームを登録して、左右位置関係を設定してサーバ起動。Mac 側ではコマンドラインで、synergyc -f サーバのIPアドレスを実行

MacOS X のマウス・キーボードを Windows で使う

Mac 側の synergy.cfg を編集して、使用する端末のスクリーンネームと、それぞれも端末の左右位置関係を記述してから、コマンドラインで「synergys -f --config synergy.cfg のフルパス」を実行。Windows側は、Mac のアドレスをホストに指定して、起動


という感じです。
私はThinkPad のトラックポイント上等!なのでよいのですが、トラックパッドでいまいち反応のよくないノートとか使うときには、デスクトップのキーボード・マウスがスマートに使えるのは便利。
でも残念ながら、画像とか、容量の大きなクリップボードの内容はまだ転送できませんでした。

同僚と話してて気がついたのですが、ドラッグ&ドロップで、MacOS X, Windows, UNIX 間で手軽にファイルがやりとりできる機能ももってくれたら、もっと便利になってよいかも。

Web屋さんとかMacとWin両方使う人も多いだろうし、SMBにしろWebDAVは、複数人で共有して使うことを目的としているものだから、個人が複数端末で使うための、認証やマウントが不要のゆるいファイル転送があると便利だと思うのですが、いかがでしょうか?>開発されている方
※って、英語で書かないと駄目か...
スポンサーサイト
  1. 2005/11/28(月) 21:33:04|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyana2m.blog2.fc2.com/tb.php/135-ec6c84df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。