1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

超小型の microSD リーダ「BSCRMSDCBK」

最近使い始めた超小型のmicroSDリーダです。なんとUSB端子に差し込むところに、microSDを差し込んで利用します。個人的にはこのへんがうれしかったりします。


  1. 超小型USBメモリになる。ノートPCにつけっぱなしで持ち運んでも、応力がかかりにくい

  2. カード次第で、結構高速。microSDHCにも対応

  3. デジカメ、ケータイもmicroSDを使っているので、いざという時、データが取り出せて安心


最近は、1つは UbuntuLinux をインストールした緊急起動用のシステムドライブとして、もう1つはここ数年分のデジカメ写真の持ち歩き用に(TrueCryprで暗号化済み)、もう1つはデータ交換用の空の USBメモリにして計3つ持ち歩いています。
SSDに換装して、気持ちディスク容量が足りない感じのノートPCとかで、ちょっとしたデータをいれっぱなし・つけっぱなしにしておくドライブとして有効だと思います。
逆にちょっと困ったところは

  1. 小さすぎてなくしそう...なので、3つまとめてケースにいれてます

  2. 最初、メディアがなかなかはいってくれない。個体差もありますが、非常に固いです。


とくに後者のほうは、カードをある程度いれて、あと2~3ミリというところがなかなか入りません。
どうしようもない場合は、怖々ながら、フローリングの床を軽くたたく感じでつっこんでます。
いきなり大容量のカードで試して壊れると悲しいので、在庫処分で買った 256MB, 512MB くらいのカードでならしてから使ってます。



スポンサーサイト
  1. 2009/03/25(水) 22:49:56|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

モバイル学会シンポジウム「モバイル09」1日目

いまさらながらモバイル学会シンポジウム「モバイル09」の参加メモ。
有料の学会シンポジウムなので、あまり詳しい内容は書けないですが、ざっくりと。
とりあえず1日目の内容です。

■ モバイル機器の文字入力の比較―モバイル環境における比較検討―
スマートフォンでの文字入力より、テンキー入力(片手親指入力)のほうが、実際のモバイル環境ではよい結果が得られたらしい。慣れの問題では?という質問もあったものの、ネットブックなどもあわせて検討された結果らしい。確かに短いメールだったら、イーモバイル S11HT のキーボードより、N-903i のほうが個人的にも快適だなぁと。
※予測変換のある・なしが大きそう

■ 複数モバイル機器に対する直感的かつ効率的な写真伝送手法
ARの技術を使って、写真を撮影したら写真にマーカが写っている端末にデータを転送するというデータ交換方式の提案・実装でした。確かに写真撮影のときなら、カメラを必ず使うし、マーカを画像解析するようなARに向いているのかも。

■ スマートフォンの大学教育への活用
普及が進んでいるものの、今時の学生さんはmp3の変換・転送もわからないのでは?(スマートフォンで音楽を聴いてないのでは?)という調査でした。いわれてみれば、私ももっぱら iPod で、スマートフォンを音楽プレーヤとして常用はしてないな...
ただ、このあたりは使いにくい・わかりにくいから使ってないのか、既に別のものを持っているから使ってないのか・バッテリの持ちが気になるから使ってないのか等、「使ってない」事の理由もいろいろありそうな気もします。

■ 大学生のモバイルリテラシーに関する考察
実際の学生さんを対象に3年間も継続的に調査されているのですが、毎年、少しずつ傾向が変わってきていて非常に興味深い研究です。定額制を活用するために、個人で2台・3台持ちも始まっているとのこと。個人的には辞書としての利用というのが、なるほどと思いました。確かに慣れてくれば画面を見ないで入力できるし、便利そうです。

■ メディアリテラシーからみたケータイ小説の教育的利用と課題
ほんの数年前まで、教育現場ではケータイは禁止!というような風潮だったのに、きちんとメディアリテラシをとらえ直して、それを生徒が関心をもつ教材として、文章にふれるきっかけとして用いておられるという点が印象深かったです。
私が小学生の頃、歴史を勉強するのに漫画でなんてけしからん......といわれていた事もあったのですが、なんとなく、その事を思い出しました。今ではそんな議論、あまりなされてないですよね?

特別講演については、また別エントリーで
  1. 2009/03/17(火) 18:38:04|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モバイル学会シンポジウム「モバイル09」

モバイル学会シンポジウムが来週開催されます。
インタラクション研究会からきた案内のメールから引用します。
興味のある方は、リンク先もご参照下さい。

---

■ 期日:3月17-18日
■ 会場:キャンパスプラザ京都(JR京都駅ビル駐車場西側)

■ 特別企画
 
 特別講演「教育におけるケータイの功罪-これから必要になるネット安全教育のすすめ-」
 田中 博之 (大阪教育大学)

 質疑・討論    家本 修(大阪経済大学)、篠原一光(大阪大学)
 話題提供 DeNA 様

 講演時間・会場は下記URLをご参照ください。

 シンポジウム「モバイル'09」
 http://www.mobilergo.com/symposium/2009/index.html

 モバイル09 プログラム
 http://www.mobilergo.com/symposium/2009/contents/pro.pdf

■ 研究発表:

 [教育的利用(1)]
 1111 中学生の携帯利用実態と教員の印象に関する事例研究分析
 1112  e-learning利用におけるプラットフォームとしてのiPhoneについて
 1113 モバイルLMSのための学生携帯利用実態調査
 1114 ケータイ文字メールによる情報管理システムの利用性と応用

 [教育的利用(2)]
 1121 若者のSNS『mixi』利用調査-パソコンとモバイルの媒体比較を中心に-
 1122 大学生のモバイルリテラシーに関する考察
 1123 メディアリテラシーからみたケータイ小説の教育的利用と課題

 [メディア]
 1211 モバイル機器の文字入力の比較-モバイル環境における比較検討-
 1212 複数モバイル機器に対する直感的かつ効率的な写真伝送手法
 1213 スマートフォンの大学教育への活用
 1214 カメラ付き携帯電話を利用した2008年送り火中継における撮影者の傾向

 [文字と言語]
 1221 中国語における状況適応予測の適用性について
 1222 ケータイ多言語対話システムとその応用
 1223 在宅認知症者に対する遠隔支援方法の提案

 [文字入力と表示]
 2112 ケータイ絵文字メールによるコミュニケーション
 2113 モバイル端末のマルチタッチディスプレイを用いた最適表示文字サイズの評価
 2114 モバイル機器の辞書検索機能のつかいやすさ

 [情報と社会]
 2121 高齢者における携帯電話の利用の地域差
 2122 移動判定を伴うPHSによる物流機器位置管理システムの研究
 2123 モバイルバリュー交換提携関係の社会ネットワーク分析
 2124 ユーザビリティについての回顧とデジタル日用品の課題

 [脳と生理]
 2212 NIRSを用いた追従および認知・判断タスク中の生理変化の特徴抽出
 2213 NIRS高速成分によるケータイ文字入力動作の解析
 2214 ボタン操作の方向選択課題におけるNIRS高速成分の解析法

 [交通支援]
 2221 ランドマークの認知容易性・視認可能性に基づく歩行者の不安の定量的評価
 2222 自動車用情報表示器の文字表現に関する研究
 2223 交差点記号化研究および高知における実地展開
 2224 ケータイによる会話が視空間的作動記憶に与える影響
 2225 複数の情報提供サービスを搭載した車載器のHMIに関する検討

 講演時間・会場は下記URLをご参照ください。

 シンポジウム「モバイル'09」
 http://www.mobilergo.com/symposium/2009/index.html

 モバイル09 プログラム
 http://www.mobilergo.com/symposium/2009/contents/pro.pdf
  1. 2009/03/14(土) 14:55:29|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。