1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

国際ユニバーサルデザイン会議:48時間デザインマラソン(2)

続きです。

team-D:Tag wear
20061026d.jpg

目の不自由な方でも、毎朝、着る服を選ぶ楽しみ・お店で服を購入する際の目安になるように、タグのところにさわってわかるきりかきを入れるというアイデアでした。デザインもさすがお洒落な感じで、「ついてるほうがファッショナブルかも」と思えるほどでした。

team-E:u control
20061026e.jpg

自分の使いたいように、使いたいパーツ、コントロールを組み合わせて使えるようにする、さながらレゴブロックのような自由度をもったリモコンの提案でした。バリアフリーへの配慮だけでなく、普段使いもしないボタン満載のリモコンではなく、自分の好きなようにカスタマイズできるリモコンという考え方がいいなあと思いました。
みんなもリモコンのUIには思うところが多いのか、このチームが最優秀アイデア賞を受賞されていました。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/27(金) 21:26:52|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

国際ユニバーサルデザイン会議:48時間デザインマラソン(1)

国際UD会議で、48時間デザインマラソンという取り組みがありました。参加希望のデザイナさんたちと何らかの障碍をもっておられるユーザの方が team-A から team-E までの5つに分かれて、48時間という限られた時間の中で、その方の不便を解消する・社会参加を促すようなアイデア・デザインを考えるというような主旨の取り組みです。

この取り組み自体、会議が開催されている間に行われるもので論文集とかには発表内容まで掲載されていないですし、すごくおもしろかったので、少しずつでも紹介できればと思います。


team-A:Audio Sphere
20061026a.jpg

聴覚に障碍のある方が、みんなとコミュニケーションするためのものの提案。誰が話しかけているのか?どんな内容か?(音声認識・キーワードを抽出して提示)どんな口調で話しているのか?が可視化されるという感じのアイデアです。
実際に使われた場合のシーンをアニメーションでわかりやすく表現されていて、実現するにはこのくらいかかりそう(技術的には既にできる)というところまで訴求しておられたのが印象深かったです。

team-B:Any Pack
20061026b.jpg

このチームでは、ハンバーガショップでてりやきバーガーを食べるときに、包み紙があけにくい・口のまわりがべたべたになってしまうという問題点を解決する「Any Pack」を提案していました。これはあけやすいだけでなく、お店で商品を保温すするところ・お客さまに渡す段階から考えられていて、あける -> (食べやすいように)たてられる -> たべる -> 口をふく -> 捨てる、そうか持ち帰るというところまで考えられてました。
なによりプレゼンテーションのインパクトもすごかったです。

team-C:A sign for Assistant
20061026c.jpg

何らかの障碍のある方がサポートを必要としていることを表すためのマークだけではなく、「私はあなたをサポートすることがうれしいですよ」という意思を表すためにも用いられるマークの提案をされていました。あえて言葉で「~しますよ」とか言葉にするのはちょっと照れくさいかもしれませんが、さりげなく気持ちを表すことのできるこのマークは、優しくていいなと思いました。

team-D,team-E さんの提案内容は次のエントリーで。
  1. 2006/10/26(木) 22:25:59|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

国際ユニバーサルデザイン会議:企業展示

とりあえず、印象・写真に残っているものをつらつらと。

20061025a.jpg 20061025b.jpg 20061025c.jpg


1つめの写真は、日立さんの触覚ディスプレイです。ディスプレイ表面を指でなぞると、ボタンのところで画面後ろからボコンと膨らむ力をかけることで、目が見えない方でもどこにボタンがあるのかわかる仕組みです。
2つめの写真も同じく日立さんの立体ディスプレイです。みる角度によって映像が変化するので、手話とかの理解によいかも。某スターウォーズのお姫様のホログラムみたいでした。
3つめはウォーカーマシン2足歩行型の車両ユニット。いっしょにいってた後輩になんですか?と聞かれたので「泥棒よけロボット」とぼけたのですが、なんか納得されてしまいました。実際は人の生活空間、行動になじみやすいようにということで2足歩行にしているのだと思いますが...まだまだ大きいですね。
大和ハウス工業さんが出展しておられた、収納にもいすにも(組み合わせて)掘りごたつにも使える「Ha・Ko・Za(箱座ユニット)」は今すぐにでも欲しいと思いました。写真取り忘れたのが残念です。
※まさに「before after」の匠のアイデア。

他にも色んな企業が興味深い展示をしていましたが、実は個人的に1番ヒットだったのは、角消しとかの「コクヨのよこく」にでてくる製品群を、たくさんみられたことだったりします。
  1. 2006/10/25(水) 23:39:48|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

国際ユニバーサルデザイン会議

京都国際会館で開催される国際ユニヴァーサルデザイン会議2006 にて企業展示・発表を行ってきました。講義とか対話発表は最近でもあったのですが、普通に人前で話すのは久しぶりだったので、かなり緊張してしまいました。
聞きに来てくださった方、うまく説明できてなくてすみませんでした。

20061024.jpg


発表したのは、最近のネットの世界で増えてきているユーザ参加型の取り組みが、デザインの考え方・活動に与える影響という感じの内容です。もともとデザイン畑の人間ではないので、デザインの話に落とし込むのにかなり苦労しました。
※デモしたものと、話している内容が少し乖離してるし...

秋のイベントラッシュもこれにて一段落したので、またぼちぼちとブログも更新していきまっす。
  1. 2006/10/24(火) 22:22:43|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

YouTube のアカウントとってみた

今更ながら、YouTube のアカウントをとったので、テストアップ。ペンと戯れる子猫です。flv って、これまでRiva FLV Encoderとか使って変換してたのですが、YouTube も便利ですね。



Riva FLV Encoder
http://www.rivavx.de/index.php?encoder&L=3
  1. 2006/10/23(月) 00:12:00|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

FOMA 903i シリーズは GPS 対応?

今日正式に発表になった FOMA 903i シリーズ、まだ各端末の詳細は掲載されてないようですが、このプレスリリースをみる限り、SIMPURE® やデュアルバンド機をのぞく全機種が GPS を標準搭載する模様です。

報道発表資料 : 903iシリーズなど14機種を開発 | お知らせ | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/20061012.html

キタ---------(゚∀゚)------ッ!!
N-901iC にしてまだ1年ちょっとだけど、N の新しいやつ、いっとこうかなぁ。
その前に、API チェックしてからでないと...
※重いと嫌だなぁ。。。
  1. 2006/10/12(木) 18:27:08|
  2. mobile|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

涼宮ハルヒのWeb2.0

昨日のエントリーで思い出したのですが、6月にうちの社長の代理で行った大学院の講義資料、下記にアップしています。最近のウェブ動向ということで、web 2.0 まわりのトピックスを、各サイトの画面を見せながら行いました。

2006/06/28 大学院・代理講義資料[PDF, 450KB]
http://miyanami.googlepages.com/20060628kit.pdf

その中で、学生さんの反応見ながら時間に余裕があれば...と思って、「涼宮ハルヒの憂鬱」について web 2.0 的な視点からみたシートを忍ばせていたのですが、結局、時間がなくてスルーしてしまいました<根性なし

と、思ってたらウルシステムさんもセミナーの中で、涼宮ハルヒのWeb2.0的成功要因分析ということで、言及されていたみたいです。あ~思い切って話しておけば、よかった。otz

ITmedia News:涼宮ハルヒのWeb2.0的成功要因分析、ウルシステムズ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/06/news095.html
  1. 2006/10/11(水) 12:51:54|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「詳しくはWebで」と言われて本当に検索する人は3割

/. の記事に反応。そういえば以前、大学院の講師の代打頼まれたときに、学生さん10人くらいに、「続きはウェブでとかって、見たことありますか?」と聞いたら、なんと全員見たことあるとの回答でした。これにはちょっとびっくり。みんな結構見てるんですね。

スラッシュドット ジャパン | 「詳しくはWebで」と言われて本当に検索する人は3割
http://slashdot.jp/articles/06/10/03/1117255.shtml

softbank モバイルがはじまったときに、「テレビを見ていて、CM とかで見かけてネットで調べたいときに(携帯電話を)使えるように...」というような話をどこかで見かけたのですが、確かにこうした使い道はありそうですね。
検索してもらって...というと、すぐに文字入力の負担が...という意見がでてきがちなのですが、実際にはもうみんなケータイとかでばりばり検索してるのかもしれません。

ITmedia エンタープライズ:「Yahoo! ケータイ」誕生に慌てたか――グーグル、au、ドコモ (1/2)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0609/20/news003.html

昨日のレンズなしのカメラじゃないけど、気になったものがテレビにでてきたその瞬間(時間)だけ記録して、あとから検索というかその時間に放映されていた情報をひっぱってくるとか、ありかも。
※昔、ソニーがそんなサービスしてたような気がするけど、どうなったんでしょうね?
  1. 2006/10/10(火) 10:57:47|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

レンズのないカメラ

レンズのないカメラ。シャッターをきった日時で Flickr で共有されている写真を検索して、同じ時に撮影された写真を表示してくれるツールとのことです。
いずれデジカメに GPS が搭載されたら、撮影された日時以外に、撮影した場所周辺で記録されている情報も集めてこれそうです。

ちなみに中身はデジカメではなくて、ケータイ電話らしい。
やっぱり通信機能をデジカメに組み込むのは大変なので、カメラ付きの携帯を使うアプローチのが早いかな...

BUTTONS: Between Blinks & Buttons
http://www.blinksandbuttons.net/buttons_en.html

20061009.jpg

  1. 2006/10/09(月) 22:49:17|
  2. gadget|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:0

map ちょっとだけ調整

HIS で発表した GoogleMaps を使った地図のシステム、ケータイ用の入り口やら、ajax版やら、ごちゃごちゃしていたので、入り口を1つにまとめて整理しました。ajax 版で機能を OFF にしていた参照履歴での検索キーの提示もちょっと調整して復活させました。
とりあえず論文で言及していた範囲は、これで一応、できているはず...?

Map 0.01β
http://www.softdevice.co.jp/~web/his2006/
  1. 2006/10/05(木) 19:30:45|
  2. skunkworks|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

HIS対話発表:social map?

カメラ付携帯電話で記録しているような、ちょっとした情報の共有・整理のためのモデル・インタフェースをテーマにして去年から、 HIS で発表をしているのですが、今年の内容は一言でいうと「social map」というか「みんなの地図」(PSPのではないですよ)というか、そんな感じのものです。
サービス提供者からの正式な情報ではなく、利用者がちょっといいな・おいしいなとか思った情報を、自由に、その場で登録・参照ができたらいいなぁということで作りました。

去年のモデルでは人の関係(自分、友人/知人、他人)で情報をマッピングするいわいるソーシャルアプリケーション的な側面が強かったのですが、今回のモデルは、GPS携帯電話を用いることで、位置情報を扱った簡易 GIS 的なものになっています。
※人の関係で絞り込み検索ができるので、ソーシャル的な要素も残ってます。

個人的には、絞り込んだ条件(領域、時間、キーワード等)での結果をRSSで出力することで、将来登録される情報を watch できる機能がお気に入り...なのですが、このへんは反応薄かったなぁ。。。


まだ未完成のものですが、よかったら見てください。

HIS2006対話発表「モバイル体験を繋ぐ情報モデルの情報探索インタフェース提案」-
http://www.softdevice.co.jp/activity/his2006/index.html

PC用インタフェース画面(京都起点版)
http://www.softdevice.co.jp/~web/his2006/map3.html

PC用インタフェース画面(倉敷起点版)
http://www.softdevice.co.jp/~web/his2006/map4.html

※Firefox,Safari のみ動作確認してます。なぜか MSIE では動作しません (; ;
  1. 2006/10/02(月) 12:08:54|
  2. skunkworks|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:2

ヒューマンインタフェースシンポジウム対話発表

終わってから何日やねんとつっこまれそうですが、
9/25~28 の間、岡山倉敷で開催されていたヒューマンインタフェースシンポジウム2006での対話発表、大きなトラブルはなく、なんとか無事に終えてきました。

今年はプロジェクトのほうも平行して幾つか動いていたので、正直、見せ方や内容もまだまだ練り足りない状態だったのですが、見に来て頂いた方から、こういう使い方もあるのでは?とか意見がもらえたので、よかったです。

発表内容の概要は、次のエントリで...
  1. 2006/10/01(日) 19:25:40|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。