1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Real Time Online Counter:ajax で訪問人数表示

GIGAZINEにゅーすせんたーさん経由、これまでも XOOPSとかだと「今、○人の人が見ています」という表示が隅に表示されていたりしましたが、それを ajax でしてしまおうという試み。
もしかして、apache のログをパースしてるのか!?とも思ったのですが、ソースをみる限りそんなことなくて、テキストファイルで管理している様子です。
ajax って、こういう動的な仕組みを javascript で静的なページに組み込みやすい・一括で外部jsとして管理できるというメリットもありますね。

AJAXでリアルタイムでサイト上に何人いるか表示する「Real Time Online Counter」
http://gigazine.net/News/html/lg/001323.htm

RTOC - Real Time Online Counter
http://www.j-fx.be/
スポンサーサイト
  1. 2006/03/31(金) 23:26:04|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

web画面キャプチャツール#2 Paparazzi!

同じくウェブサイトのキャプチャをとるツール、今度は MacOS X で動作する「Paparazzi!」です。(読み方はパパラッチでいいのかな。にしても、すごいネーミング...)
まだ使ってみてないのですが、こちらは Safari...というか、MacOS X の webkit のエンジンを使って描画させているのかな。こちらは AppleScript からも利用できるみたいなので、
MacOS X 10.4 以降なら、Autometor とかに使えるかも。

Paparazzi!
http://www.derailer.org/paparazzi/
  1. 2006/03/30(木) 23:47:30|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

交通情報を GoogleEarth にマッピング

ホンダが GoogleEarth に取り込んで表示できる交通渋滞の情報を無料で提供開始したとのこと。

ホンダ、「Google Earth」で交通情報を無料配信
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/03/29/11429.html

筋金入りのペーパードライバなので、渋滞情報にはそれほど...なのですが、「GoogleEarth のほうも KML という XML 形式のデータを取り込むことで、地図上に情報をマッピングできる」「それを企業が提供し始めた」というところが興味深いです。

まだちゃんと調べられてませんが、GoogleMaps と違って、KML の point,coodinate 要素は高度の指定もできる=ビルのフロア表示(高度付き)とかもできてしまうの?
以前、お仕事でweb版の某大学の施設管理システム(2D)を作ったことがあるのですが、その情報+フロアの高さ情報で KML作れば簡単な立体地図ができるし、その他のシステムの情報もあわせて3次元に情報をマッピングできそう。
3次元上の位置をどうやって簡単に入力させるかという課題はありますが、GPSと連携するとかで、そこをうまくクリアできれば、あとは Perl なり PHP なりのXML関連のライブラリでもさくっとな(^^
※3次元表現としてVRMLを使ったプロトタイプは作ったのですが、想定している用途なら KMLもよさげ。こうした「ゆるめ」の立体表現って需要結構あると思う。

KMLで名前空間統一してそれぞれがウェブで情報公開されるようになったら、なんかすごいことになりそうな予感。市民参加でバリアフリーマップ(しかも立体版)を作ったり、公共機関から観光情報マップなりトイレマップなりが提供されて、それを自由に組み合わせて情報検索できるようになったらとか考えると、なんだかSFの世界みたいでわくわくします。

せっかく京都に住んでるんだし、なにか手動でも作ってみようかな?

Bubble://別館/ - B-Wiki - KML:XMLファイル形式の仕様説明
http://bubble.atnifty.com/modules/bwiki/index.php?KML
  1. 2006/03/29(水) 12:27:23|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

web画面キャプチャツール#1 url2bmp

ウェブの画面キャプチャをとるのに便利なツールその1、windows 用のツール「url2bmp」です。
MSIE のエンジンで描画しているようなので、Flash とかプラグインが必要なサイトもキャプチャできるところと、あとからキャプチャをつなぎ合わせたりしなくてよいのは企画書とか作るのに効率的です。
個人的には、コマンドラインからURL等の各種パラメータを指定できる点が、perl でバッチ処理とか楽勝なのでうれしいところ。うまく組み合わせれば、社内用画面キャプチャ付ソーシャルブックマークとか作れそうです。

url2bmp
http://www.pixel-technology.com/freeware/url2bmp/english/

たとえばこんな感じのコードです。url値、file値の汚染チェックは必要ですが、とりあえずメモ。

system("
c:\url2bmp.exe
-url $url
-format png
-file $file
-wx 800-wy 600
-bx 800-by 600
-wait 1
-removesb -notinteractive
");

  1. 2006/03/28(火) 22:38:41|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

指紋認証付きUSBメモリ

京都寺町でのお買い物情報。タニヤマムセンのパソコンのフロアにて、このurlに掲載しているものと思われる指紋認証機能付きのUSBメモリ128MB が 2980円でワゴンセール中なのを発見。(あれ、1980円だったかも...)

私の場合、USBメモリって、MacOS <-> Windows 端末間でちょっとデータ移すのがメインの使い方で、使い終わったら中身消してるし、あんまり必要ないかな。指紋認証デバイス単体で使えるのなら、お買い得かも。ちょっと試してみたいガジェットです。

20060326.jpg

http://www.sony.co.jp/Products/Media/Pocketbit/usm-f.html
http://www.jp.sonystyle.com/Qnavi/Detail/USM128F.html


  1. 2006/03/26(日) 21:22:27|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

「ギャラリー猫の憂鬱展」に行ってきました

ギャラリー猫の憂鬱さんblog開設1周年ということで開催された「ギャラリー猫の憂鬱展」にいってきました。
作家さんたちがデザインされた手作り猫グッズや写真も可愛いく素敵で素晴らしいのですが、クーちゃん、チチちゃんといっしょに他のお客さんたちともほっこりできる、まったりとした雰囲気が好きで、毎年「猫踏んじゃったなギャラリー」に通わせてもらってます。

最終日の夕方にいったせいか、クーちゃんもちょっとお疲れの様子。それでもカメラを向けたら、しっかりかわいい表情くれるところはまさにプロです。残念ながらチチちゃんには会えませんでしたが、下のフロアからかわいい声でご挨拶してくれました。楽しい時間をありがとうございました。> 10Wgalleryさん、作家さんたち、クーちゃん、チチちゃん

5月には毎年恒例の「猫踏んじゃったなギャラリー」も開催されるとのこと。また絶対に遊びに伺わせて頂きますので、よろしくお願いします。

p.s
知り合いの買ったおもちゃ、大人猫さんなのでもう遊んでくれないかなと思っていたのですが、同居人のわんこといっしょに遊んでもらえたみたいです。(^^

20060325a.jpg20060325a.jpg
20060325a.jpg


ギャラリー猫の憂鬱
http://cat10w.exblog.jp/

10Wgallery

http://www.10w.jp/index.html

1日1tech:猫ふんじゃったなギャラリー3にいってきました\
http://miyana2m.blog2.fc2.com/blog-entry-122.html

  1. 2006/03/25(土) 23:39:17|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

写マップ

最近、GoogleMaps を使ったコンテンツが相次いでいますが、以前、GoogleMaps を使わずになんかあったなぁということで思い出しました。ニコンの「写マップ」です。
Flash で作られたコンテンツで、地図上にアップされた写真とコメントが表示される、コメント内のキーワードで他の写真とつながっていくというものです。2004年のクリスマスと、2005年の春、クリスマスだけでその後、更新されてないようです。
Flash で構築するのって、今更なのかなぁ。

写マップ
http://album.nikon-image.com/nk/viewer/index.asp
20060324.jpg


  1. 2006/03/24(金) 12:03:33|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ほぼ日桜前線2006

昨日ちょっとだけ書いていた「ほぼ日桜前線2006」です。
毎日チェックしてると、少しずつ桜前線が北上していってる様子がわかって、おもしろいです。
やはり東京近辺でアップされる数が、他の都道府県と比べて圧倒的に多いですね。ちゃんとカウントしたわけではないですが、1枚もアップされていない都道府県もありそうです。

こういうユーザ参加型のコンテンツは、まず、そのサービスの知名度を上げないと難しいものがありますよね。その点、ほぼ日さんなら知名度抜群だし、カメラ付き携帯電話でその場でアップできるならお手軽だしと思っていたのですが、それでも県単位でアップされる情報のないところがでてくるのは、ちょっと予想外でした。
※手動で位置を関連付けしてアップされているようなので、もしかしたら担当の方が場所がよくわからないという理由で掲載されていないだけなのかもしれませんが。

それでも、「ほぼ日桜前線2006」は、最近の GoogleMaps 使ったコンテンツの中では、情報量はぴかいちかと。あ~、うちも協力させてもらえたら、よかったなぁ。

ほぼ日桜前線2006
http://www.1101.com/sakura2006/
20060323.jpg


  1. 2006/03/23(木) 22:15:23|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

桜前線さくらマッピング

桜前線とか紅葉マップとか誰かやるだろうな~と思っていたら、@akiさんに Going My Way さんで紹介されていることを教えてもらいました「桜前線さくらマッピング」です。GoogleMaps だけでなく、GoogleEarth にも反映できるようです。どういうものかというと、

撮影した「桜の写真」と「居場所」をメールで投稿し、衛星画像の上にマッピングして、みんなで「桜前線」を創ってゆくアートプロジェクト、「グリーン@Earth」の第一陣です。


ということで、カメラ付き携帯電話を最大限活用してというコンセプトのところは、うちでやっている送り火中継にもつながるところがありそうです。
※桜前線さくらマッピングさんのほうが、GPSに対応されていたり、世界EDN(Earth Day Network)の「アースデイ2006 気候変動ソリューション・キャンペーン」と連動していたりと技術的にもコンセプト面でもずっとエレガントですが。

こういうみんな参加型・地図連携のものって、やっぱり短期間・特定のイベントよりも、桜前線とか紅葉前線とか県・国レベルの広域で、微妙な季節のずれが感じられるくらいの期間行うほうが、地球の大きさみたいなものを実感できてよいですね。
ほぼ日さんでも、桜マップを GoogleMaps を使って行われているようなので、2つを緯度経度をもとにマッシュアップできるとさらにおもしろいかも。

桜前線さくらマッピング
http://mapping.jp/

20060322.jpg

  1. 2006/03/22(水) 12:44:01|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

JavaScript 関連のライブラリ#3

最近、更新さぼりがちだったので、まとめで。

ユーザがページに滞在した時間をサーバに記録するJavaScript
http://d.hatena.ne.jp/llamerada/20060318/1142679863
これはすごいアイデア。早速手元のサーバ(MacOS X) で試してみたのですが、書き方がまずかったのかうまく動きませんでした。jsファイルで外部化すればさくっとサイト単位で組み込みもできると思うので、今度ちゃんと試してみるつもりです。

GSV 1.0 (Giant-Ass Image Viewer)
http://mike.teczno.com/giant/pan/
GoogleMaps みたいな UI で解像度の高い画像を表示・ナビゲーションするためのライブラリ。

テキストボックス内でカーソル位置を移動する方法
http://d.hatena.ne.jp/onozaty/20060305/p1
これができると、JavaScript で簡易キーボードができそう?

HOWTO: Animated Live Search
http://orderedlist.com/articles/howto-animated-live-search/
http://orderedlist.com/demos/livesearch/
検索結果の部分をアニメーションでするするっと表示する試み。アニメーションではないけれど、microsoft の Windows Live (http://www.live.com)も同一画面で検索結果切り替えたりしてますね。流行るかな?
  1. 2006/03/21(火) 12:27:27|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

GoogleMars

Googleさん、地球・月だけでは足らずに、ついに火星に進出です。おそらくバイキングとかマーズパスファインダーあたりが撮影してきた火星の地表の様子を GoogleMaps のインタフェースで眺めることができます。
火星で生活している人がいるわけでもないので、ただただ荒野が広がっているのですが「なんか Google がやることって、とにかくスケールがでかい!」という印象を与えるマーケティングとしては、十分機能してそうです。

以前、Cowboy Bebop というアニメで火星ドメイン .mars というのがちらっとでてきたのですが、私が生きているうちには実現されそうな気がしてきました。

GoogleMars
http://www.google.com/mars/20060320.jpg


  1. 2006/03/20(月) 23:14:00|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

対話型インタフェースロボット「フィノ」

ケータイ国際フォーラムでは幾つかロボットの出展がありましたが、これが一番印象に残ってます。
人間の音声での問いかけに対して、音声で返すだけでなく詳しい情報をモニタに表示するというデモをされていたのですが、モニタに情報が表示されるとき、ちょうどいい感じのタイミング・速度で、このロボットがモニタのほうを向いてくれました。
こういう身振り手振りによる情報伝達は「ノンバーバルインタフェース」という用語でまとめられてしまうと味気ないのですが、こうして実際に動いているところを見る・体験できると、やっぱりすごい説得力がありますね。行けてよかった (^^


  1. 2006/03/19(日) 12:58:31|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

LiveClipboard

Microsoft が発表した LiveClipboard、個人的にかなりのヒット!
パソコンのクリップボードって、同じアプリの中であればちゃんと情報の意味(オブジェクト?)単位でコピー&ペーストできるのですが、異なるアプリ間の情報となると、まだまだテキスト or ビットマップのコピペくらいしかできずに不便でした。
でもこの技術だと XMLのスキーマに基づいた情報構造を保ったままでのコピー&ペーストができる、しかもそれがウェブページ間にまで広がるということで、すごい可能性を感じます。
単純に余分な操作が減る分、ケータイとかのモバイル機器でも重宝しそうだし、単純なコピペではなく、参照元が更新されたら、同期して更新されるというような事もできるようです。(漢字Talk7 の発行・引用機能を思い出しました)

これまでアナログな情報とデジタル化された情報のデジタルディバイドっていろんな人が言及されてましたが、これからは構造化された情報とそうでない情報のディバイドってのもでてくるかも。以前、最速インターフェース研究会の人が「XMLはメタデータというより生データとしての利用価値が高まりつつあり、AjaxによるUIの切り離しがそれを加速する」というエントリーで語られていた事が、実感としてぐっときました。

この間の FolderShare といい、Office12 のインタフェースといい、最近のマイクロソフトの動きにはちょっと注目しています。

20060318.jpg


MSオジーCTO、クリップボードをWeb世界に広げる
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0603/08/news055.html

Live Clipboard Example
http://spaces.msn.com/editorial/rayozzie/demo/liveclip/liveclipsample/clipboardexample.html

Live Clipboard Screencasts

http://spaces.msn.com/editorial/rayozzie/demo/liveclip/screencast/liveclipdemo.html

XMLはメタデータというより生データとしての利用価値が高まりつつあり、AjaxによるUIの切り離しがそれを加速する
http://la.ma.la/blog/diary_200506291043.htm


  1. 2006/03/18(土) 11:26:42|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「指話(ゆびわ)」 in ケータイ国際フォーラム

ケータイ国際フォーラムでNTTが出展していた、骨伝導をつかったデバイス「指話(YUBIWA )」を体験してきました。指話をした指を耳の穴にいれると、はっきりと聞こえました。(ちょっと指がぶるぶるしますが)。

これ、携帯電話が完全に指輪の形になるというのではなく、実際の通信機能などは従来の本体に、マイクとスピーカ部分を指話にということになるようです。今の指話はこのサイズで、常時身につけるのはちょっとかさばりますが、いずれもっと小型化したときのために、通話(受話器をとる)コマンド等はボタンではなく指の動きで操作できるようにされているとのこと。
なんか、こういうジェスチャーコマンド系のデバイスって無条件で気になるなぁ。

外で、耳の穴に指をつっこんでぼそぼそしゃべっている様って、今はちょっと恥ずかしい気がするのですが、何年かすれば普通の光景になっているのかもしれませんね。

20060317b.jpg 20060317.jpg

  1. 2006/03/17(金) 12:47:47|
  2. mobile|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「かきこえメール」 in ケータイ国際フォーラム

ケータイ国際フォーラムにいってきました。その中で気になったものなど。

かきこえメール
http://support.kakikoe.jp/top.html
word, powerpoint などの書類をベースにして、その上に手描きで書き込んだり音声でコメントをつけたりして、やりとりできるオンラインメールサービスです。
説明して頂いた時は、PC と W-ZERO3 で動作しているところをデモして頂きました。
うちの会社の納品システム(試作版)には、Flashで実装した手描きコメント機能があるのですが、やはり同じような事を考えておられるようで、生徒が先生に答案を送るとその添削が返ってくるというような用途も考えておられるようです。
やっぱりマウスで手描きよりもペンで手描きのほうがよいので、W-ZERO3とかのモバイルで使えるのはよいですね。

20060316.jpg


ケータイ国際フォーラム
http://itbazaar-kyoto.com/forum/




  1. 2006/03/16(木) 23:20:21|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

関西インターネットソリューションコンベンション

「お外で楽しむコンテンツ大賞」に申し込んでいたら、1次審査通りましたよ~ということで招待券を頂きました。というわけで行ってきました、大阪産業創造館で開催された関西インターネットソリューションコンベンション。

私が出していたのは、最近はやりの地図上にトラックバックした情報をマッピングするのにプラスして、ソーシャルブックマークからそのトラックバックのURLのタグ情報をひっぱってきて、タグクラウドで見せるというアイデアでした。
賞はもらえなかったのですが、学生さん(?)や若い人達のアイデアを拝見できて、楽しかったです。
※同じく、口コミ情報、お店にあるお客さんの間の伝言ノートをサービス化するというような視点のアイデアもあったので、やっぱり需要はあるんだろうなぁと思いました。



関西インターネットソリューションコンベンション
http://www.kansai-soho.or.jp/kiss/index.html




  1. 2006/03/15(水) 11:18:47|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

写真検索の「Riya」

顔認識技術搭載のデジカメはたまに耳にしますが、このサービスではそれをもっと強化した「文脈認識」なるもので、写真に写っている内容をもとに検索ができるようです。

同氏によると、文脈認識技術とは、顔認識技術を強化したようなものだという。Riyaのソフトウェアは人物の顔を調べるほか、その人物がきているシャツなど、他の手がかりも利用して似たものを見つけ出す。さらに、このソフトウェアは画像の中にあるテキストも探すため、たとえば「フロリダへようこそ」という看板の横に立つ人物の写真は、「フロリダ」というキーワードで見つけ出せるという。

とな。
文字認識については、この間の人間工学会でオムロンさんが発表されていたもので、すでにかなりの事が実現できているって事がわかったのですが、さらに顔認識・パターン認識が加わることで、どこまで広がるんだろう?
もしかして、以前取り上げた言花に搭載されている「感情認識エンジン」、あれの顔画像版とかで「喜んでる」「怒ってる」とかの感情も写真から取れるようになるとか?
すごく興味深いところですが、ケータイ電話とか監視カメラとかに応用されまくると、何か心まで見透かされているようでちょっとこわいですね。
※そういえば顔認識、画像のパターン認識って、色くらいしか試したことないなぁ。

グーグルも注目する写真検索の「Riya」、来週一般公開へ
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20098474,00.htm

Riya
http://www.riya.com/html_index.jsp20060314.jpg

  1. 2006/03/14(火) 12:25:16|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

DHTMLとAJAXのフリーで使えるコード集「DHTMLgoodies.com」

GIGAZINEにゅーすせんたーのところでみつけた Ajax 用の JavaScript ライブラリ。scriptaculous.js とか、このあいだの Yahoo UI Library とかとあわせると、かなりの事がブラウザだけで表現できそうです。
個人的には、テーブルの列の上にマウスが乗ると色が変わるコードがすごくありがたいかも。

DHTMLとAJAXのフリーで使えるコード集「DHTMLgoodies.com」
http://gigazine.net/News/html/lg/001214.htm

A library of nice looking DHTML(dynamic HTML) scripts - DHTMLgoodies.com
http://www.dhtmlgoodies.com/
  1. 2006/03/13(月) 23:29:12|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ALPSLAB:日本初の位置情報サービス

これまで GoogleMaps を使ったサービスばかりチェックしていたのですが、日本にもこんないいサービスがありました、ALPSLAB さんです。APIが公開されているのかどうかはチェックできていないのですが、
  • 任意の地点へのトラックバック

  • 自分のサイト・ブログに今表示している地図を取り込むための URL表示

  • 都道府県毎にトラックバックされた数に応じたクラウド表示

といった機能が提供されています。早速、先週いった学会の地図とトラックバックを試してみたのですが、特にユーザ登録もいらず、HTMLコードをコピペするだけなので、すごく簡単です。

わざわざ専用のサービスに登録するのは面倒だけど、自分のサイトで API 叩いてもちょっと面倒...という人にお勧めです。

ALPSLAB
http://www.alpslab.jp/
20060312.jpg



  1. 2006/03/12(日) 23:22:50|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人間工学会 3/10

人間工学会2日目のメモなど

●携帯電話を利用した送り火中継における撮影者の傾向
手前みそですが、うちの会社で行った送り火中継についての、撮影者の撮影時間間隔、撮影内容(写真)とコメント分の一致の度合いなどを分析した結果を、同僚が報告しました。


●高齢者向け携帯電話の商品開発事例 ~もっとメールを使える携帯電話プロジェクト~

ある程度特化した利用シーン/シナリオを想定したケータイ電話のユーザ調査~モデル、モックの作成~ユーザ評価の取り組みについての報告。これだけの内容を4人程度で約三ヶ月で実施されたとのことに驚く。
三つ折り携帯、子機を重ねあわせたアドレス交換、ルーペ(?)にフックとしての機能をもたせたデザインなど、アイデアもすばらしいと思います。
質疑応答ででていた、個人情報等はカードにおいて、目的・用途に応じて外側のハードを着せ替えるという発想は、これからありそうだなぁと感じました。

●ケータイカメラ画像からの文字情報抽出技術
印刷物からのOCRではなく、看板やレストランのメニューなど、日常の生活空間にある文字情報をカメラ付き携帯電話で撮影した画像から抽出・認識するという取り組み。すでに9割程度の認識と、一部機能を制限しつつも BREW アプリとして、翻訳機能も組み合わせてケータイ電話で実働させられているところがすごい。今すぐにでも使ってみたいです。
名刺交換の際に少しお話できたのですが、ケータイからだけでなく、webサービスから利用できるようにサービスを公開して頂けたら、Flickr とかの写真共有サービスと組み合わせてこれまでにない何かができそうだと思いました。

●若年層(社会人)の携帯電話の利用状況に関する調査研究
以前行われた学生に対しての調査結果との違いもあわせて説明してくださったのでわかりやすかったです。中でも気になったのは「学生は料金を気にして、ケータイでのweb使用は消極的、対して社会人は金銭的な理由より、ケータイサイトのユーザビリティ、情報量等の理由から消極的」という結果。どちらにせよ、あまり積極的ではないのか~。
でも PCより先にケータイでのメール・ネットから入ってきているような学生さんが社会人になったら、もっと積極的な利用が始まるということになるのかも。

●重ね書き文字認識とかな漢字変換による文字入力法
文字認識のための枠を1つだけにして、グラフィティのような特殊な書き順を使用しなくてもかな文字入力・漢字変換が可能な入力方式の取り組み。主にケータイ電話の画面がタッチパネルになった場合を考えての研究の模様。実際にデモされていて、これだけさくさく認識できればいいなあと思ったのですが、実験結果では従来の携帯電話の文字入力方式であるマルチタップ方式+入力予測と比べて、顕著に入力が早くなってはいないという点が気になりました。最近の慣れた人はめちゃくちゃ入力速いからなぁ。

この後の講演会でも「バリアフリーのモバイル社会」でも様々な事例が紹介されていて大変勉強になりました。
  1. 2006/03/11(土) 22:20:54|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人間工学会 3/9

9日に参加した発表のメモ。内容かなりうろ覚えですみません。

●小学校における携帯電話を利用した協調学習に関する研究
小学校の総合的な学習の時間に、調べ物学習でのカメラ付き携帯電話やTV電話機能などを用いた取り組みについての紹介でした。印象深かったのは

  • (今回実施された学校の)小学生にとって、携帯電話はお兄さん・お姉さんが使っているある種あこがれともいえるような感情をもっているデバイスであること

  • PC嫌いの大人でも、携帯電話だと大丈夫だった -> モブログで写真をアップするまでできた

  • カメラ機能よりも、QRコードのほうに興味をもつ子供が多かった

というようなところです。そっか、QR 人気あるのか。
暗号みたいなところにゲーム性を感じるのかな。

●カメラ付きケータイを用いた栄養教育システムの開発
写真法といわれる方法にケータイのカメラ機能をつかえないかという取り組み。あわせてご飯の量を自動判定する取り組みも紹介されてました。もちろん写真だけでわかる限界についても言及しておられましたが、いつも持ち歩く携帯電話で手軽に情報が送れる点・複数人で事例の情報を集めていくことである程度対応できるのではないかと思いました。
※私も肥満なので、今後に期待してます。

●携帯電話による画像取得を利用した授業支援システムの提案
授業中の学生からのフィードバックや、自分の作品を撮影してケータイから送り、サーバ側で処理・ブラウザでメールのサブジェクト毎のスレッドを一覧表示できるようなシステムの取り組みでした。
携帯で撮影した写真をメール添付でアップしサーバで処理してwebでみるという点は、うちでやった五山の送り火中継のシステムの考え方と同じような方式なので、実際に使う学生さんの意見として、ケータイでの写真貼付はそれほど面倒に感じない、という生のコメントが得られたのが収穫でした。
質疑応答で質問したのですが、現状、メール本文の内容の処理はまだ行っておられないそうなので、Positive/Negative 判定とかかけて集計とかできたら、たとえば今セミナーに参加している人がどんな印象があるのかリアルタイムにわかるのでおもしろそうかなと思いました。
  1. 2006/03/10(金) 12:53:59|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人間工学会 in 名古屋大学

会社の同僚の発表で、3/9, 3/10 は名古屋大学で開催された人間工学会のシンポジウム「ケータイ・カーナビの利用性と人間工学2006」に参加してきました。
興味深いセッションが多かったので、その感想などはまだ後ほど

シンポジウム2006 モバイル人間工学研究部会
http://www.mobilergo.com/symposium/2006/index.html





  1. 2006/03/09(木) 13:23:07|
  2. event|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

CL2:Google のカレンダーサービス

次はカレンダーサービスがくる!とどこかのブログで書かれていましたが、Google も動き始めているようです。ajax ばりばりなインタフェースは Google さんなら当然として、個人的に気になるのが Gmail や iCal との連携です。



うちの会社の話

うちの会社では、納品にプロジェクト毎にウェブサーバの認証領域を設定して行う場合があります。今、試験的に運用しているシステムだと納品した履歴を icalender 形式で書き出しで、iCal に取り込めるようにしています。
普通なら iCal に入力されたスケジュールをプロジェクト毎に取り込んで表示と思うのですが(実際当初の予定はそうでした)、結構、スケジュールをちゃんと登録する人が少なかったので逆転の発想で実装しました。

メールとの連携も考えていて、プロジェクト毎にメールを管理して納品日前後のメールを自動的に抽出して表示、できれば Positive/Negative 判定も実現できれば、納品物だけでなくクライアントからのフィードバックや要望もいい感じに連携して把握できるようになるのではないかと。
今試験的に実装しているのは「見積 or 伝票 or 請求...」みたいな検索キーをあらかじめ設定しておいて、メニューから選ぶだけで実現できるというところまでなのですが、Date フィールドの処理とかきちんと DB 組んでやれば PN判定以外はそれほど難しくなく実現できそう。

ここまで


とかとか、ぼやぼやしているうちに Google や 37 signals、はてなさんあたりがどんどん先にいかれてしまいそう。
※というか、すでに大差あけられてるのですが...

秋元@サイボウズ研究所プログラマーBlog: Google Calendar ベータテスト情報
http://labs.cybozu.co.jp/blog/akky/archives/2006/03/google_calendar.html

Exclusive Screenshots: Google Calendar
http://www.techcrunch.com/2006/03/08/exclusive-screenshots-google-calendar/
  1. 2006/03/08(水) 10:59:50|
  2. skunkworks|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Google で時系列絞り込み検索

はてなブックマークで、Google 検索を行うときに期間で絞り込んでいる画面にリンクしている人がいて、これは?と思っていたのですが、Advance Search のほうにこっそり実装されていました。とりあえず今の時点では、ページの最終更新日から~ヶ月以内という指定だけのようです。

個人的には、

●過去のある時点のインデックスで検索
一番最初にその話題に振れ始めたのがどこのサイトだったのかとか、kizasiみたいに、いつぐらいにその話題に対する言及が増え始めたのかというマーケティングツールとしての利用できる

●任意のページの履歴・差分表示
InternetArchiveとかと連携して、あるページの過去の任意の時点までさかのぼって内容を表示したり、時系列での変化の差分を表示する。ページ単位よりサイト単位のが、よいかも。

までしてくれたら、Google 神!って感じです。そんなこと始めたら今 30万台といわれてる Google のシステムでも追いつかないことになるんだろうなぁ。
※今でも InternetArchive があるので要注意ですが、Google がこんなこと始めたら、もう変なことかけないですね。いつまでも残ってしまうし、それはそれで問題かも。

Google 検索オプション
http://www.google.co.jp/advanced_search

Googleの検索結果表示を期間によって絞り込む方法
http://gigazine.net/News/html/lg/001178.htm
  1. 2006/03/07(火) 10:59:10|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Tiltomo:Content Based Visual Image Search

Flickr にある写真を使った類似画像検索のシステムです。
検索は「Find similar by Theme」と「Find similar by Color / Texture」があり、まずはタグなどを入力して写真を普通に検索、その後、こんな感じの写真というのが見つかったら後者のほうで検索という流れになるようです。
早速、「sky」で検索してみたのですが、ずらずらっと青空の画像や夕焼けの画像が表示されて、その中から青い部分がしめる割合の多いのを選択すると、なるほど青っぽいなあと感じる画像だけがずらずらっと表示されます。

Tiltomo:Content Based Visual Image Search
http://www.tiltomo.com/

私も以前、単なる色の割合だけなら、Perl + ImageMagick (PerlMagick)で対象となる画像を 32 x 32 くらいの小さな画像に縮小して、1点1点の画素の RGB値の偏り具合を調べるというものを、試しに作ってみたことがあります。
が、いざ使ってみると、単なる計算結果での分類結果はなんかちょっと感覚と違うんですよね。
※私のアルゴリズムがへぼすぎるのが主な原因ですが

人の目で見た感覚値みたいなものは、やはり人の手でつけていくのが必要があるのかな。
スタンドアローンで使う場合は、いちいち画像を分類したり、キーワード付けなんて面倒でできないよと思っていたのですが、最近のはてなブックマークとかdeliciouとかのタグ付けの利用状況や、タグ付けの個人差を吸収・タグ間の相関をとるのにセマンティックウェブの技術(SVM)を応用できるかもとか考えると、ネットのあちら側にいる不特定多数と連携することで十分現実的な解答になるのかもしれませんね。
  1. 2006/03/06(月) 12:58:12|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Plagger - Pluggable RSS/Atom aggregator

ここ数日気になっている「Plagger」、どうやら Perl のモジュール(?) らしく、RSSフィードを取得してきてGmailに送る/XML-RPC でブログに投稿するとかを、プラグイン形式でどんどん拡張していけるライブラリ(?)のようです。
Gmail を ToDo 管理にしたい!...と前からいってるくせに未だに実行できていないわけですが、これを使わせてもらえば、かなり前進しそう。既に Blogline で購読しているRSSフィードを記事単位で Gmail に送って、Gmailを RSS リーダとして使っている人もおられるみたいです。

もう1つ気になるのは、開発者の方も言及されてますが、はてなブックマーク等の情報を取り込んで、はてブされている数が一定数以上のものの抽出や、使われているタグの情報を取得できるという点。今までもごりごりとコードを書けば実現できた事かもしれませんが、こうした URI を基準にした各種サービスの情報の連携がプラグイン・フィルタの設定だけでさくっとできそうなところがすごく興味深いです。


Plagger をリリース

http://blog.bulknews.net/mt/archives/001893.html

plagger
http://www.otsune.com/fswiki/plagger.html
  1. 2006/03/05(日) 12:59:57|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

言花:アウェアネス系ガジェット

なんだかちょっとおもしろそうなアウェアネス系デバイス、
花の形を模した端末にLEDとマイクを組み込んだ。ユーザーの話し声をマイクを通じて感情認識エンジンが解析し、発話のリズムから話者の感情を検出。「喜び」なら黄色、「悲しみ」なら青、「平常」なら緑、「興奮」なら赤──というようにLEDが光る。感情の変化は色の変化のグラデーションで表現し、感情の強弱は光の強弱で示してくれる。
とな。
相手が自分の近くにいる場合は「顔みりゃいいじゃん」と思ってしまうのですが、ネットワークを通したコミュニケーションに使えたら、結構よさげ。
IBM の感性メールとか、最近ちょっとこの分野が注目集めてきてるのかな?


「言花」──気持ちを伝える光の花
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0603/03/news077.html

個人的にはここに書かれている「感情認識エンジン」のほうに興味があったり。
  1. 2006/03/05(日) 12:51:27|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

はてなわんわんワールド

@aka さんにコメント経由で教えてもらった「はてなわんわんワールド」、GoogleMaps を利用したサービスの中で、楽しさでは個人的に1,2のヒットです。
基本的にはアバターを使ったチャットなのですが、「ともだち」「ともだちられ」しないと、書き込んでいるメッセージが「わん、わわん」という犬語(?)でしか表示されなかったり、どこかで何時に待ち合わせておしゃべりとか、少し SNS 的な要素も含みつつ、「ともだち」「ともだちられ」には面倒な承認がなく気軽にできたりと、いい感じにゆるやかなシステムです。
地図をスクロールするとちゃんとその方向にわんわんのアイコンが向いたり、アニメーションしているところが、芸が細かいです。
※とにかく、かわいいので歩かせたくなります。<ねらってる?

昔、Palace とかいう2次元のチャットがあったのですが、専用のクライアントなしで、ここまでできるのもいいですね。



はてなワンワンワールド(はてブの解説)
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://world.hatelabo.jp/

はてなブックマークとか見てると、早速 hack して楽しんでる人もいる様子。 【“はてなわんわんワールド”の続きを読む】
  1. 2006/03/04(土) 22:13:39|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

coComment: コメントを一括管理

最近、各所で評判の coComment を使い始めました。
blog のコメント欄は、コメントを書き込む先の相手の blog システムに情報が登録されるので、自分がコメント書き込んだ後レスがあったかどうかを知るのには、再度そのブログを訪れるくらいしか方法がありませんでした。しかし coComment を使うことで、自分が書き込んだコメントをこのサービスで一括して管理することができます。相手も使ってくれていれば、レスの状況も RSS で把握できるという便利サービスです。

使い方もとても簡単で、普通にブログでコメントを書いた後、送信ボタンを押す前に bookmarklet から実行するだけで、自動的にフォームの内容を coComment に送れるようにしてくれます。FC2 blog の場合、完全には対応していないようなのですが、その場合は、ブラウザウィンドウ内に、ブログ名やエントリーのURLを入力するフォームが別途オーバレイで表示されるので、そこに必要な項目を入力すれば OK でした。




coComment
http://www.cocomment.com/

Flickr だとかなり前から、自分のホームに「comments you've made」というリンクがあり、ここで自分がしたコメントの一覧とレスのつき具合が見られるので便利だなぁ、ブログにもこの機能があればあなぁと思っていたのですが、やはり皆考えることは同じですね。
Movable Type もエンタープライズ版ではタグの概念を導入するようだし、いずれこうしたコメント管理の仕組みも、CMSの 標準的な機能として取り込まれていくのかもしれません。
  1. 2006/03/03(金) 23:42:52|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

WeBA(ウィーバ) :エリアでつながるクチコミサイト

GoogleMaps を使った地図ベースの SNSサービス、招待制ではなかったので早速登録して少しだけさわってみました。

ログイン後、他の人が登録している情報がえらく少ないなと思ったのですが、「この場所で検索」をクリックすると、自分がみている地図の中に他の人がどんな情報を投稿しているのか見られます。京都なんてまだまだかなと思ってたのですが、そこそこの登録状況な様子。私も三条のはやしやさんを登録してみました。
お気に入りスポットにプルダウンメニューからショートカットできるのもいい感じです。




SNSなので、誰がどの情報にアクセスしたのかという訪問ログやメッセージ機能もあり、mixi に地図情報を組み合わせてみたらこんな感じになるのかなという印象です。
ただ、SNSだから仕方ないのだけれど、情報を自分のblogとかではなく、ここにログインして書き込まないといけなかったり、このSNSの利用者以外は見れなかったりするのが個人的には少し残念。最近、coComment を使い始めてコメントも一括管理できるようになったから、余計にそう感じるのかも。
せめて mixi の日記のように、自分のblogの rss を登録できて、そこからマッピングできたらいいのになぁ。
  1. 2006/03/02(木) 23:56:35|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。