1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

JACLE"(Javascript Annotea-client for Collaboration Environment)

POLAR BEAR BLOG さんのところで発見、セマンティックWebコンファレンス2006では、JACLE なる仕組みが使われていたとのこと。
昨日のセマンティックWEBコンファレンス2006では、講演者と聴講者をつなぐ面白い仕掛けがしてありました。"JACLE"というシステムで、参加者はコンファレンス用のWEBサイトから、スクリーンに表示されている画面(プレゼンテーション用スライド)に自由に付箋(アノテーション)を貼ることができるというもの

参加型パネルディスカッション
http://akihitok.typepad.jp/blog/2006/01/post_ff14.html

講演者、聴講者の間で使われているせいか、WISS とかで使われている Lock-on-Chat に近い印象。

Lock-on-Chat
http://www-ui.is.s.u-tokyo.ac.jp/~tnishida/lockonchat/index-j.html

時間軸にブックマーク・アノテーションする仕組みは、最近、個人的に興味のあるところです。
きっかけは、2004 年に未踏ソフトウェア創造事業の中間報告を聴きに行った際に、「annpoly」というアノテーションのためのツールの発表を聞いてなのですが、元の情報よりも、メタデータ・アノテーションの情報量が多くてもよいのではないかと。例としてヘブライのタルムート(法典?)を挙げておられたのですが、本文の四方を注釈が囲んでいるというものでした。
それに刺激をうけて、社内で使う用にこそこそ作ってるシステムがあるのですが、長くなりそうなので、また別エントリーで。

annpoly開発記録
http://blog.phase8.jp/annpoly/archives/2005/02/13/what_is_annpoly.html
スポンサーサイト
  1. 2006/01/31(火) 21:03:14|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ユビdeコミミハサンダー:実際に使った方の感想

最近、ちょっと気になっている「ユビdeコミミハサンダー」を、1/27 のセマンティックWebコンファレンス2006で使ってこられた方の感想がエントリーされていたので、トラックバック。
この間のフォーラムでは語られてなかった、関連他商品で話題の商品を提示してくれるホットトピック抽出機能なる機能もあるみたいです。

「ユビdeコミミハサンダー」触れてきました。
http://akihitok.typepad.jp/blog/2006/01/de_2e30.html

第4回 Webインテリジェンスとインタラクション研究会
http://miyana2m.blog2.fc2.com/blog-date-20060115.html

あと、このエントリーでも
大きなビジョンを描いても、誰もついてこない。
「0.1歩的な、すぐ使えるサービスを」と考えて開発した。

のようにいわれていたと書かれてますが、この間の、Webインテリジェンスとインタラクション研究会でも「将来発生する難しい問題を今解こうとするのではなく、今解けるところから解いていく」というような旨の発言をされていたことを考えると、とにかく実現することにかなり重きをおいて開発されているようなので期待大。
「とにかくβでも早くリリースして、ユーザの獲得・フィードバックを集める」という web2.0 的な特徴がでてて、おもしろいです。
  1. 2006/01/31(火) 20:37:36|
  2. mobile|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

iTunes U:大学の講義を Podcasting で配信

Podcasting Now! さんのところで発見、米 Apple が iTMS 上に大学毎に講義内容の音声や動画を配信できるサービスを開始するらしい。
日本の大学でも子供の減少に伴う学生減少に対応するために、オープンコースウェアとかで遠隔教育、生涯学習への対応を進めているところもありますが、iTunes U がうまくいけば、そのあたりの様相が一気に進みそうですね。教育分野に強い Apple の再来か?って印象。
※これが普通になったら、講師のほうも気を抜けません。社会人の非常勤講師とか大変かも。

去年の春頃に、某ウェブサイトの提案(のおまけ的なところ)で、Podcasting で情報発信...っていう内容を盛り込んでいたのですが、自分でも「実際、使う学生いるかな?」とちょっと懐疑的だったのに、世の中は遙かに進んでますなぁ。
Podcasting で「情報を持ち歩いて」「空いた時間にながら学習」というスタイルは、学生さんより、忙しい社会人にニーズ高そうな気がする。




大学の授業はiPodとiTunesで-アップル、大学生囲い込み切り札「iTunes U」
http://podcastnow.net/blog/archives/000733.html

スタンフォード大学が全講義ファイルをiTunesで配信
http://slashdot.jp/mac/article.pl?sid=06/01/26/0433257&from=rss

iTunes U
http://www.apple.com/education/solutions/itunes_u/
  1. 2006/01/30(月) 12:53:13|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

サーバ型RSSリーダ:FreshReader

idea*idea さんのところでレビュー発見、サーバに組み込んで使うタイプのRSSリーダー「FreshReader」です。
サーバで動作するので、複数の端末を使い分ける人なら、未読・既読の管理が統一できるし、グループで共有する機能やRSS未対応のサイトの登録、あとlivedoor さんがやってた未来検索 (キーワードをあらかじめ登録しておくと、それに一致したエントリーをメールで送ってくれる)みたいな機能もあって、かなり高機能な模様。
RSSリーダって、メーラと同じように個人で使うことを前提に設計されていることが多いので、企業とかの情報共有やマーケティングに使うなら、この点も要注目。
今のところ、個人ならブロガーさんは無料で使えるようだし、玄箱でも買って導入してみようかな。




サーバ型RSSリーダー_フレッシュリーダー
http://www.freshreader.com/

待望のリリース、FreshReaderを速攻レビュー
http://www.ideaxidea.com/archives/2006/01/freshreader.html

サーバで動作するRSSリーダサービスって、Google Reader とか goo RSS リーダとかこれまでもあったのですが、オンラインだけのツールって、なにか落ち着かないというか、FolderShare 使ってたときも感じたのですが、手元にデータが残ってるのって、なにか安心できる・信頼できる気がする。
そういえば、はてなブックマークを本格的に使い始めたのも、OPMLでバックアップできるツール見つけてからだったような。
※私の感覚が古いのかな...

web 2.0 なサービスが今たくさんでてきてますが、ユーザの「安心」もきちんと提供できないと、せっかくのサービスもあまり使ってもらえないかもしれないなあ、とか思った。 【“サーバ型RSSリーダ:FreshReader”の続きを読む】
  1. 2006/01/29(日) 23:58:57|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タッチパネルでジェスチャーコマンド:ソニーのカーナビ

SONY がロボット事業や車載機器事業から撤退、というニュースから、関連ニュースを見ていてみつけました。全然ノーチェックだったのですが、ソニーのカーナビ「XYZシリーズ」って、タッチパネルになっているだけでなく
モニターには「画素密度で業界ナンバー1」(同社)という6.5インチワイドのWVGA(800×480ピクセル)TFT液晶パネルを採用。タッチパネル機能付きで「円を描くと拡大/縮小」「山を描くと帰路設定」というイージーオペレーションが好評のジェスチャーコマンド機能も装備している。

とか、いわいる「ジェスチャー操作」が使えるようになっていたらしい。日立の研究で触覚フィードバックのあるタッチパネルは聞いたことあったけど、ジェスチャーコマンドは初耳かも。
個人的にはマイノリティリポートとかの映画ででてくる身体を大きくつかったジェスチャーコマンドーは「えー?」と思うところもあるのですが(肩凝るだろ、とか)、これまでのGUIみたいにちまちまと画面上のボタンを探したりしなくて済んで、周りに注意や視線を向けながらも簡単な操作がちゃちゃっとできる点は、すごくいいと思う。
ケータイとかPSPとかの事業は続けるようなので、そちらのほうで応用される事に期待。
※そうなると NintendoDS とかぶるなぁ...




新たなUIとコンセプトを提案していた「ソニーのカーナビ」
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/mobile/articles/0601/27/news090.html

“世界一美しいカーナビ”へ――ソニーが新HDDナビ「XYZ」
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0505/13/news050.html
  1. 2006/01/28(土) 23:10:16|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

JavaScript 関連のライブラリ

JavaScript 関連のライブラリで、最近見つけたものをまとめ

● DrawingCanvas.js - クロスブラウザなベクタグラフィック描画ライブラリ
http://memo.xight.org/2006-01-10-12
ブラウザ上で直接ドローでお絵かきしたりできます。グラフの描画とか、GD 使って行ってたような処理を JavaScript でクライアントサイドで処理できるかも?

● suggest.js - 入力補完ライブラリ
http://www.enjoyxstudy.com/javascript/suggest/
GoogleSuggest みたいに、入力中のテキストに対する候補を表示してくれるライブラリ。候補はあらかじめ記述しておく必要があるみたいです。でも社内イントラネットとか、ある程度、入力される語句が限られる or できるだけ統一したい場合とか、こんな情報もあるんだと気がつかせたい場合とかに便利そう。

●あれこれポップアップとlightbox.jsに関するエントリーテスト
http://www.dustindiaz.com/sweet-titles/
画面上の要素にカーソルをあわせると半透明で、tooltip みたいな形で情報を表示させることができます。カーソルインしてすぐに表示されるのではなく、少し間をおいてから表示されるのがいい感じです。

●JavaScript::DebugScreen

http://la.ma.la/misc/js/debugscreen/
デバッグ用のライブラリ?すみません、まだいまいちよくわかってないのですが、とりあえず。

●DateBox - Intuitive Date Input Selection:日付入力補完
http://datebox.inimit.com/
カレンダーからの入力や、Today と入力すれば自動的に変換してくれる等、日付入力関連のライブラリです。
  1. 2006/01/27(金) 13:28:42|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

USBドライブで使えるアプリ: Portable Skype & Portable Firefox

FolderShare でファイルの共有はめっさ便利になったので、今度はアプリのほうはどうかなと探してみると、やはりありました。
Going My Way さんのところで見つけた USB メモリから起動させられる Skype と Firefox と OpenOffice.org です。
メールは Gmailとかの web メールがあるし、表計算・ワープロは、ちょっと使うだけなら、ajax なものということで、以前に紹介したNum Sumとかwritelyとかの選択肢もあるし。

これだけでも、かなりの事が複数端末で同期できそうです。

Portable Skype
http://portableapps.com/node/246

USBドライブで使うPortable Skypeの設定方法
http://kengo.preston-net.com/archives/002415.shtml

USBドライブで持ち歩くPortable OpenOffice.org
http://kengo.preston-net.com/archives/002390.shtml

USBメモリ起動の「Portable Firefox 1.0」ダウンロード数が10万件を突破
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/01/18/6101.html

GoogleとSunの提携で脚光を浴びたAjaxオフィス・ソフトの可能性
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20051013/222767/
  1. 2006/01/26(木) 13:14:05|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

GoogleMaps さらに色々

GoogleMaps を使ったサイトをさらに幾つか見つけたので、メモメモ

Virtual NYC Tour
http://www.virtualnyctour.com/movingMap1.php?trailName=timesSquare:6#115;99;114;105;112;116;58;109;111;118;101;70;111;114;119;97;114;100;40;39;116;105;109;101;115;83;113;117;97;114;101;39;44;49;52;44;51;44;49;44;52;41;59


GoogleMaps と街の写真が組み合わせて表示されています。
GoogleMaps 上にツアーの経路が表示されていて、わかりやすい

ユーザー参加型の浜松市情報サイト:Locodoco マップ浜松
http://maps.locodoco.com/hamamatsu/


ユーザ登録すると、自分の好きな場所を紹介したり、地図にトラックバックをうったりできるようです。トラックバックだったら、情報そのものは自分のサイトで公開できるし、いいなぁ

アニメ&コミック聖地(舞台・モデル)マップ
http://homepage3.nifty.com/hitopon/hito_google_maps_anime_comic-holyplace.html


ヲタグッズを取り扱うお店の所在地...ではなくて、漫画やアニメにでてきた実在する場所がエントリーされています。
「耳をすませば」って、ここだったのか...

大津歴史博物館
http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/
あと、手前味噌で恐縮ですが、お仕事で関わったサイトです。
「大津の歴史事典」の中の地区別で入っていくと、GoogleMapsを使ったマップがあります。
  1. 2006/01/25(水) 12:29:33|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

世界偏見地図:検索エンジンの応用

秋元@サイボウズ研究所プログラマーBlogさんのところで発見、日本といえば?合衆国といえば?...って感じで Google で検索した結果を、各国の印象として配置した世界地図、らしいです。あと、日本版(国ではなくて県になってる)

検索エンジンというと、具体的に探し出したい目的の情報がある時に、キーワードを入力して目的の情報をどんどん絞り込んでいくツールという印象があったのですが、「*で有名な京都」というようなクエリーであらかじめ意図しない情報を引き出せるという使い方もあるのかと。
論文を検索したい時に、「キーワード filetype:pdf」とか、プレゼンとかの資料を探したいときに「キーワード filetype:ppt」とかいう使い方も、初めてしったときは「へぇ」と思ったのですが、今回のはさらに目から鱗でした。

あと、これってある意味(Googleにインデックス化されている世界に絞られますが)「世界中の○千万人に聞きました」なんだよなぁと考えると、なんかすごい事なのかもという気がします。

デザイン事務所で働いてると、イメージマップとかいって横軸と縦軸にそれぞれ「カジュアル←→フォーマル」「ソフト←→ハード」みたいな軸をとって、イメージなどの情報をマッピングしたりすることがあります。そこでマッピングする情報を形態素解析してそれぞれの軸のキーワードとの組み合わせで Google API をたたいて得られた件数などをもとに、このマッピングの補助とかできないかな~とか、ちょっと前に考えていました。
Vivisimo とか kartOO とかでされている検索結果のクラスタリングもこれに含まれると思いますが、なんか点を絞り込んでいくのではなく、ざっくりと範囲とか面とか繋がりとか、そういうものをひっぱり出してくるのに検索エンジンを応用するのは、まだまだなにかできそうな気がします。

○○で有名な○○県
http://d.hatena.ne.jp/Singles_cafe/20060119#1137723780

世界偏見地図
http://labs.cybozu.co.jp/blog/akky/archives/2006/01/post_64.html

vivisimo
http://vivisimo.com/

kartoo
http://www.kartoo.com/
  1. 2006/01/24(火) 13:09:05|
  2. skunkworks|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

“脳リモコン”ロボット革命・新技術が切り開く21世紀の巨大産業

1月21日(土)21:00~22:50/衛星第二。
ぎゃー、釣りばか見てて1時間程見逃してしまいました。
RD 録画、録画!
“脳リモコン”ロボット革命“サイボーグ技術”の人間論  ▽ロボット産業にサイボーグ技術の波▽脳の電気信号を読み取り人間の意図通りに機械を動かす“脳リモコン”型ロボット▽ロボットの歴史▽ロボット開発最前線▽ロボットが人間にもたらすものほか

脳コンピュータインタフェースって、もうここまで進んでいるのか。脳の信号をネットワークを介して遠隔地でって、まさに攻殻機動隊2巻にでてきたデコット。Serial Experience Lain にでてきた第7のプロトコル、ネットワーク上に人は無意識のうちに配置されるって感じ<壊れ気味
帯域は 1000Base-TX で足りるのかな。
うう、再放送情報、でてないなぁ。DVD出たら絶対買おう。

NHKスペシャル補遺 -SCI
http://matsuda.c.u-tokyo.ac.jp/sci/project/nhksp/

[mixi comunity] Brain Computer Interface
http://mixi.jp/view_community.pl?id=200611

サイボーグ革命~ロボットと人間の融合
http://plaza.rakuten.co.jp/macoto/diary/200601210000/

攻殻機動隊の世界:脳コンピューターインターフェイス
http://okama.way-nifty.com/osugi/2005/11/post_9002.html
  1. 2006/01/21(土) 22:14:05|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

FolderShare: ファイル復元できるやん

昨日紹介した FolderShare で、「間違ってファイル消したら他の端末のも消えてもた」といってましたが、FolderShare の More -> View Trash で、なんと削除したファイルも残っていて復元できました。助かったぁ。抜け目なし< FolderShare

前に Gmailをストレージに使って...とか書いてましたが、ファイルの保存だけだったら、こっちを使うほうがシンプルですね。Gmail は、ToDo 管理とかファイルの内容(メールの内容)をごにょごにょしてみたいな用途に絞れそう。

Apple は Mac 向けに .Mac のサービスを有料で提供していますが、Microsoft がこのサービスを Windows の OS 標準で使えるようにしたら、対抗して無料になったりするのかな?
  1. 2006/01/20(金) 19:01:16|
  2. tool|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ファイルを自動同期:FolderShare

DriftDiary6 さんのところで見つけた FolderShare、手元のノートパソコンで試してみたのですが、これは、すごい!
基本的には Mac/Win で使える 2GB のオンラインストレージサービスなのですが、他のサービスのようにアップローダや専用のクライアントアプリを用いるのではなく、OS のファイルマネージャとシームレスに統合されている点が秀逸で、共有ライブラリとして指定したフォルダは、ローカルで更新されると自動的にネットワークを通じて同期されます。
「samba とかでファイルサーバたてたらいいやん」といわれるかもしれませんが、ネットワークに繋がっていない外出時にも(ネットワークに繋がっていた時点での)最新のファイルが普通に利用できるのと、やはり自動で複数端末を同期してくれるところは、快適です。

実際に使ってみたところ、暗号化はされているようなのですが、他のユーザとの共有機能もあって怖いので、招待したユーザとだけ明示的に共有する「privacy mode ON」で、仕事関連のファイルは入れないようにして使ってます。
そのままだと、共有しているフォルダ以外のファイルもブラウザ経由でアクセスできてしまうので、FolderShare のメニューから more > setting > transfer のところで、Allow web downloads from this computer のチェックを OFF にするのも忘れずに。
個人的に同期しているファイルの内容はこんな感じです。

  • ブラウザのブックマークのバックアップ

  • RD-H1 とか携帯電話とかのマニュアルのPDF

  • ブログに投稿するネタ情報(キャプチャ画面とか)

  • ネットで見つけた参考論文のPDFやその動画データ

  • デジカメで撮った写真(最終的には取り出してうちの差サーバに保管)

  • 壁紙


あと、同期しているフォルダのファイルを削除すると、当然他の端末のファイルも自動的に消えるので、バックアップ目的で複数端末にデータを複製している場合は要注意です。(ミスって1個、ファイルを消してしましました)
前に紹介したキーボード・マウスを共有できる synergy と組み合わせて使うとさらに快適です。

ファイルの同期・共有に機能が絞られていますが、検索なら Google Desktop サーチ、履歴管理なら subversion 等と組み合わせられたら、めちゃくちゃ快適な環境が構築できそうです。
以前、上記の機能を組み合わせたクライアント(の試作品)を作るみたいな仕事があったのですが、機能てんこもりの大艦巨砲主義よりは、シンプルな機能をもつ複数のアプリケーションの組み合わせで実現したほうが、よりエレガントだよなぁ。

DriftDiary6 さんも言及されていますが、FolderShare と Skype があれば、オフィスに縛られないワークスタイルも、そこそこ現実的にできそうかも、と思ってしまいます。

FolderShare.com
https://www.foldershare.com/


DriftDiary6:FolderShareを使いこなす
http://blog6.drikin.com/drift_diary6/2006/01/foldershare_576c.html

FolderShare
http://manking.cocolog-nifty.com/outofsight/2006/01/foldershare.html
  1. 2006/01/19(木) 23:58:45|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

その場で商品情報ゲット:ユビDeコミミハサンダー

この間いってきた研究会で小耳に挟んだ「ユビDeコミミハサンダー」、おもしろいなあと思ってぐぐってみてもほとんど情報出てこないので、せっかくだしメモメモ。

どんなことができるかというと、カメラ付き携帯電話で商品のバーコードを撮影してサーバに送信すると、サーバ側で RSS を対象にして集めたその商品についての情報をまとめて携帯電話でみられるように送り返してくれるサービスのようです。
しかも、サーバ側ではRSS 中の各エントリーで言及されている内容を Positive / Negative 判定を行って(SVMを使ってる?)、どのくらい好評・不評なのかもわかる仕組みらしい。

お店でカメラ付き携帯で撮影してるとプチデジタル万引きかと思われてしまう危惧はありますが、内容じゃなくてバーコードだけだし、なによりその場でキー入力をほとんどしないで、ネットからまとまった情報をさくっと引き出せるのは、ユーザ体験的にすごく魅力的。

カメラ付き携帯電話の利用は興味のあるところだし(去年、HIS で対話発表してきました)、是非試してみたいのですが、今年は関東圏で実証実験開始になるようです。
早く関西圏でも実証実験してくれないかなぁ。




オントロジーを活用したユビキタス情報検索技術-ユビdeコミミハサンダー
http://www.toshiba.co.jp/rdc/rd/topics_j.htm

2006/01/27 セマンティックWebコンファレンス2006
http://www.intap.or.jp/INTAP/whatsnew/17-20060127_swc/ 【“その場で商品情報ゲット:ユビDeコミミハサンダー”の続きを読む】
  1. 2006/01/18(水) 12:51:02|
  2. mobile|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

布製リモコン

Macworld Conference & Expo の記事で発見、服に iPod のリモコンを縫いつける...というか、布製のリモコンのようです。
Eleksenは、自社開発の通電性のある繊維「ElelTex」を使ったジャケットや鞄、MP3プレーヤーのケースなどを展示している。繊維自体の持つ通電性を利用することで、衣服やケースそのものにリモコンの機能を持たせることが可能。またアップリケのように縫いつけることも簡単で、体の動きに負担をかけずリモコンを身につけておくことができるという。

iPod って普通に使っていても傷だらけになるし、かといってケースにいれると操作するのにわざわざ取り出さないと...という面倒があったのですが、ケースそのものにリモコンをつけてしまうという発想の解決策。カジュアルな感覚がいい感じかも。

でもこれって、洗濯できるのでしょうか?

ThinkPad がお気に入りな点の1つに、中古を買っても、トラックポイントをさくっと交換できて、気持ちよく使える点があるのですが、これもさくっと交換 or 洗濯できるのなら、いいのになぁ


通電性のある繊維の利用で、衣類そのものをリモコンに
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0113/mw06.htm

  1. 2006/01/17(火) 12:29:12|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メディアリッチなサイト作成ツール:SandVox

MacOS X で使える写真や動画、Podcasting 等も扱えるメディアリッチなサイト構築用ツールを発見。今ならβ版がダウンロードして使えます。
ざっとみた感じ、デザインのテンプレートが blog のそれっぽい。XHTML + CSS ばりばりで出力されるのならいいなぁ。(今更、table タグがっちがちで出力されたらかなり鬱)

Apple がこの間発表した iLife '06 に含まれる iWeb とコンセプトが近い気がするので、これからどう差別化していくのか・しないのか、ちょっと期待。

http://www.karelia.com/


  1. 2006/01/16(月) 12:57:24|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

第4回 Webインテリジェンスとインタラクション研究会

今日は、キャンパスプラザ京都で開催された「第4回 Webインテリジェンスとインタラクション研究会」を聴きにいってきました。感想などなど、まとめ。

●Web巻き -- Web時代の絵巻物
webコンテンツのテキスト部分をまとめ読みするための仕組みの提案と実装。サイトの時系列でのスナップショットがとれるので、個人的には、任意の期間に絞り込んだコンテンツ検索や、コンテンツの更新・追加頻度の可視化という方向でなにかできそうかなという刺激になりました。

●寄り道おすすめサービスのためのユーザ行動の考察
地図のナビゲーション関連の研究は、いままでは目的地に間違わずに如何に早く辿り着くか、どのように地図を見せるかが多い印象があったのですが、そこであえて寄り道をお勧めするシステム・またそこでどんな情報を提示すればよいか具体的に検証している点が興味深かったです。
印象に残っているコメントは「ユーザのプロファイルをとって...という方向性は、非常に難しい。もっと気まぐれな行動をする」というところ。

●WEBページ分類のためのSVMの素性選択方法について
●e-マーケットプレース向け情報収集・抽出方式における知識入力に関する人的コストの調査

学習機械 SVM(Support Vector Machine) についての発表。私が不勉強なものでちゃんと理解できているか怪しいですが、情報分類・パターン認識についてのもの?ちゃんと勉強してみよう。

●現実世界のモデル化におけるセマンティックWeb技術の適用
うちの会社だと生活者のコンテクストみたいな表現をするのですが、朝起きて歯磨きして...みたいな生活空間に存在するオブジェクトと行動の関係を RDF を用いて表現しようとする試み。RDF(XML)という、様々な言語(C,Java,LWS...)で扱いやすいフォーマットを用いている分、実際に使ってみるための障壁が低く、応用もしやすいのでは?と感じました。

●ユビキタス環境におけるセマンティクス活用事例の紹介
ユビキタスファインダー、ユビDeコミミハサンダー、ネットワークロボット研究の取り組みの紹介。実際に動くものをビデオで紹介されていたので、非常にわかりやすかったです。
各機器・ネットが提供するサービス・情報を、携帯電話の画面上にアイコンで表示し、関係があると思われるサービスをドラッグ&ドロップして連動させたり、連動できそうなサービスを線で結んでユーザに提示するなど、正直、今の時点でもここまでできるか!と思わせられました。
ただドラッグ&ドロップだと、操作対象と実行する機能の対応が1対1となるので、複数の操作対象(情報)をもつ場合はこんなに簡単にいかないとか、サービスや商品情報のオントロジー辞書の作成も行われており、すでに30万点程度の情報があるとか着実に進んでいるなあという印象を受けました。
企業の方の発表だったのですが、セマンティックwebの取り組みについて「将来発生する難しい問題を今解こうとするのではなく、今解けるところから解いていく」というような旨の発言をされていたことが印象深かったです。




う~ん、長くなったので、続きはまた別エントリーででも。

電子情報通信学会 「Webインテリジェンスとインタラクション」研究会
http://www.ieice.org/~wi2/
  1. 2006/01/15(日) 22:34:35|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

iPod nano でビデオ再生

iPod nano の OS (?) を iPodLinux に入れ替えることで再生できるようになるらしい。この小ささで動画が再生できるのはいいなぁ。
でも H.264 って、Celeron 500 MHz の PC でもちょっとかくかくしたりするときあるのに、iPod nano のチップで大丈夫なのかな...

iPod nano でビデオが観れる
http://www.kodawarisan.com/kodawarisan/archives/2005/12/ipod_nano_aaaaa_4.html
  1. 2006/01/14(土) 13:15:40|
  2. mobile|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Google と脳の統合

「Googleと人間の脳みそを統合するのが夢という」って、おもしれぇなぁ、ちくしょう<ほめ言葉
まさに攻殻機動隊の世界観。ナノマシンを脳細胞に注入して電脳硬化症の世界ですよ!<壊れ気味

実際のところユーモアなんでしょうけど、GoogleMaps/GoogleEarth を立ち上げた Google だったら、いつかやりそう・ありえそうって思わせられるところが、また憎いなぁ。

【CES2006】Google Earthの展望を語り,「家電業界へのお願い」を伝えたGoogle基調講演
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060107/226981/

  1. 2006/01/13(金) 12:35:32|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

相互に同期できるRSS:SSE (Simple Sharing Extensions)

昨日の Photocasting で、去年 Microsoft が発表したSSE (Simple Sharing Extensions)を思い出しました。どうやらスケジュールの共有など、一方的な情報配信ではなく、双方向での同期をとれるらしい。
って、RSSって単なるデータフォーマットという認識だったのですが、双方向で同期となると、アグリゲータ側でほげる必要ないの?う~ん、ちゃんと仕様読まないとわからんですね。

でも双方向で同期・双方向にリンクとかできるなら、Photocasting で写真についてのコメントも RSS (SEE)で同期していくということもできるのかな?

私が勤務している会社では、クライアントさんへのデータの納品に認証かけたウェブサーバにおいて...って事をしていて、最近、それぞれのプロジェクト毎に更新があった場合は、RSSや iCalendar 形式で XML を書き出すってことを実験的に行っているのですが、アップしているデータのプレビュー画像・音声をサーバ側で動的生成して、それを Photocasting / Podcasting なりに載せる、ということを予定しています。
で、そこでのフィードバックも SSE 拡張で RSS に関連付けできるようになるなら、PC以外の機器で閲覧できる形・機械処理できる形式でのプロジェクトの流れの可視化も実現できるかも!ってことをぼんやり考えてみたり。
年度末でちょっと仕事が詰まってきたけど、手動かしてみたいこと、多いなぁ。

SSE (Simple Sharing Extensions)発表 - 次世代 RSS となれるか?
http://labs.cybozu.co.jp/blog/akky/archives/2005/11/sse_simple_shar_1.html
  1. 2006/01/12(木) 12:13:58|
  2. skunkworks|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

iPhoto 6 で Photocasting ?

Macworld Expo 2006 でいろいろ発表されましたが、個人的に気になったのは iPhoto が Photocasting に対応した、というところです。
Podcasting だと「自分の声」をネットで公開するので、私はちょっと抵抗あったのですが、デジカメで撮った写真だとそんなに抵抗ないし、カメラ付き携帯電話ならPCに詳しくない人でなくてもコンテンツを提供できると思うのですよ。
※普段の何気ない写真でも、住んでいるところの違いや季節の違いだけで、なかなか興味深いコンテンツになると思う。

もし早速使ってみた!という人がいたら教えてほしいのですが、これって Flickr みたいに、RSS の description に img 要素で貼り付けられるのか、そうか Podcasting みたいに enclosure 要素でメディアデータの URL を記述していくのかどちらなんでしょうか?
とりあえず .mac 専用みたいなのであれですが、このあたりの規格の標準がなんとなく見えてくれば、engadget さんで紹介されてたみたいな Flickr の写真を取り込めるフォトスタンドとか、PSP の RSSチャンネルとか(またこれ)、PC以外のところでの対応も進みそうなので、期待大。

WiFi ・GMail ・RSS(Flickr)に対応したデジタルフォトフレーム
http://japanese.engadget.com/2006/01/10/wifi-gmail-rss-flickr-lcd-photoframe/
  1. 2006/01/11(水) 12:21:44|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PSP から iTunes ストリームが聞ける?

PSP の RSSチャンネル関連を調べていて発見。
どうやら iTunes のライブラリが入っている PC 側で、そのライブラリを RSS で書き出し、PSP 側ではその RSS を取り込んで...という仕組みで、PSP で PC の mp3 を再生できるみたいです。
PSP では 1GB の MS Duo を使っていて、ちょっと動画詰め込むとすぐに容量がかつかつになってしまい、なかなか mp3 を入れておく気がしなかったのですが、これならいちいち MS Duo に MP3 をコピーしなくてよいので、すごく便利そう!

早速試してみたのですが1点だけ気になった点を。
このツールは、ポート 8080 を使用するのですが、SPAM 対策で POPFile も、デフォルトだとこのポートを使用しているので、POPFile のほうのポートをあらかじめ変更しておく必要があります。

いずれ Wifi 搭載の iPod もでるでしょうが、まだまだしばらくは、お家内専用 iTunes ジュークボックスとして便利に使えそうです。< PSP

iTunes & PSP Hack: PSP から iTunes ライブラリを RSS チャネルで聴く
http://blog.bulknews.net/mt/archives/001877.html
  1. 2006/01/10(火) 12:47:36|
  2. mobile|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PSP で Podcasting

休みの間、とうとう我慢できなくなって PSP のファームウェアを ver 2.6 にアップデートしてしまいました。ああ、さようなら<エミュレータ...
で、早速 RSSチャンネル による Podcasting を試してみたのですが、予想通り、そこそこ便利かも。
私の場合、普段メインで使っている iPod がiPod Shuffle 512MB なので、あまり頻繁に PC のライブラリと同期することもなく、そうなると iTunes に Podcasting を登録していても、iPod の中に入っていないという状態が結構ありました。PSPだと単独でネットに接続できるので、「同期」させる必要がなく、いつでも最新の配信を聞くことが出来ます。

ただ、ネットワークから RSS チャンネルのアイコンを選択して、無線LAN接続を開始して...とちょっと聞くまでの手順が多いので、PSP起動時に自動的に RSS をチェックして、新着がある場合は「お知らせ」してくれる機能とか欲しいかなと。

まだ mp3 だけに対応しているみたいなので、MPEG4 の VideoCasting や、Flickr の RSS みたいに画像のある RSS にも対応してくれたら、もっと色々遊べそうなのに。
あとネット接続機能付きボイスレコーダってな感じで、talkman についてくる USBマイクを使って、Podcasting を作る端末(録音+ so-net サーバアップ)にとか、めっちゃニッチだと思うけど、駄目かなあ。
※全然、ゲーム機じゃないですね...

PSPの「RSSチャンネルで楽しめるサイト」割とアルジャン!
http://ameblo.jp/fuuko-papa/entry-10007196023.html
  1. 2006/01/09(月) 23:18:12|
  2. mobile|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

有機ELキーボードがついに発売?

去年の夏に blog で話題になっていた、キーボードのキー1つ1つにディスプレイにがついているキーボード、最近めっきり話題にならないなぁと思っていたら、ついに近々発売される模様。
実物、京都でも見られるかなぁ。。。

有機ELキーボードのOptimusは2月1日発売?!
http://japanese.engadget.com/2006/01/08/el-optimus-2-1/

  1. 2006/01/08(日) 13:10:45|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PHPからFlickrを使う

PHPSPOT開発日誌さんのところで発見。
PHP から Flickr のAPIを使うためのメモ。
PHPSPOT開発日誌さんのところは、PHP,webプログラミング関連の情報が充実しているので、お勧めです。

PHPSPOT開発日誌:PHP5からFlickrAPIのチュートリアル
http://phpspot.org/blog/archives/2006/01/php5flickrapi.html

Flickr API Fun
http://toys.lerdorf.com/archives/34-Flickr-API-Fun.html
  1. 2006/01/07(土) 23:21:10|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Skype 2.0 正式版と DOS/Vパラダイスの webカメラ

Skype 2.0 正式公開。
って、確か去年の年末に 2.0βでたばっかりだと思っていたのに、めちゃ早です。
ver 2.0 からは音声だけでなく所謂テレビ会議もできるということで早速手持ちの web カメラを接続、特に苦労なく Skype に認識させることができましたが、しかし、私の知り合いで Skype 使っているのは Mac ユーザばっかり(mac版 2.0 はまだない)。はぁ。。。

今回は DOS/V パラダイスで購入した \1580 の web カメラで実験してみたのですが、このカメラって、スタパ齋藤さんが紹介してたこのカメラと中身同じなのでは...
物は試しと部屋の電気を消してみたのですが、カメラの前の顔くらいだったら赤外線LED のおかげでそこそこ表情が読み取れるくらいには映りました。
だいぶお値段違うので、ちょっと得した気分です。

DOSPARA dPRO-WEBC300K1 30万画素ウェブカメラ
http://www.dospara.co.jp/goods_pc_parts/goods_pc_parts_spec.php?ic=53926


ちょいと珍しい赤外線Webカメラ「NET COWBOY」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/stapa/26639.html
  1. 2006/01/06(金) 22:02:02|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

手描きスケッチで画像検索:retrievr

画面の左側にある領域で、色、線の太さを選んで適当に描いたスケッチをもとに、Flickr にある画像を検索してくる仕組みみたいです。
about にはまだ実験的なものだよんとありますが、なかなかどうして、いい感じものがひっかかってきて、楽しいです。
※中には「なんで」というのもありますがご愛嬌

retrievr
http://labs.systemone.at/retrievr/

  1. 2006/01/05(木) 22:29:36|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

lightbox.js で Photo ギャラリー

Web での Photo Gallary といえば、ほとんどの場合、サムネイル一覧の中から任意の写真をクリックすると、大きな画像が別ページで開くという形が一般的ですが、この lightbox.js を使うと、画面遷移することなくその場で画像が表示されます。
これまでも CSS で写真ギャラリーを実現するようなものもありましたが、lightbox.jsだと、基本的に js ファイルと css ファイルを読み込んで、使いたい画像のところで
<a href="big.jpg" rel="lightbox"><img src="image/small.jpg" /></a>

というように書くだけなので、JavaScript がうまく動かないかもしれないブラウザ(PSP の NetFront とか)でも安心です。

早速手持ちの猫写真で試してみました。こんな感じです↓



lightbox.js - Web2.0ライクな画像サムネイル生成
http://openstratus.com/article/52/lightboxjs-web20/ 【“lightbox.js で Photo ギャラリー”の続きを読む】
  1. 2006/01/04(水) 12:35:51|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

学習リモコン:RIMOKOSO01 \980

最近、居間にあるテレビのリモコンの音量調整がききにくくなってきたので、DOS/V パラダイスで学習リモコンを購入、レジ前の段ボールに入ってて \980 でした。(処分価格?)
最初、手順書通りに学習させようとしてもうまくいかなかったのですが、

  • リモコン同士の赤外線の所を3~4cmくらいまで近づける

  • 握りやすいように少し厚みがある分、赤外線の部分が少し浮いているので、リモコン同士の高さをあわせる

  • 記憶させるときは、ボタンを長押しせず、「ちょん」と雄感じ

で、なんとか使えるようになりました。
ところでネット各所で取り上げられていますが、これの商品名、「学習リモコソ」って書いてあって、型番表記も RIMOKOSO なんですよね。2ちゃんねらかっつーの。
http://www.dospara.co.jp/goods_pc_parts/goods_pc_parts_spec.php?ic=36238


学習リモコソ RIMOKOSO1
http://hoop.euqset.org/archives/000579.html
  1. 2006/01/03(火) 23:21:05|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「おもしろい」のゲームデザイン

オライリーの「MindHack」、年末から探していたのですが、京都のジュンク堂にてやっと見つけました。
オライリーだからとコンピュータ関連書籍のコーナーを探していたが間違いでした(認知・心理系のところで見つけました。)
で、そのときに一緒に購入したのがこの本

「おもしろいのゲームデザイン-楽しいゲームを作る理論-」
「おもしろい」のゲームデザイン

ぱらぱらとページをめくってみたくらいで、まだ読み始めていないのですが、人は何をもっておもしろいと感じるのか?というテーマについて、チャンクとかの認知科学系の言葉もでてくるのですが、基本的に左ページは文章、右ページは図説という形の本なので、読みやすそうな本です。
この本で「難しすぎるのも、簡単すぎるのも、つまらないゲーム」というようなことがいわれていました。ゲームにおいてはそんなの当たり前じゃんと思えるのですが、でもふと考えてみると、ユーザインタフェースの出来を検証する際は、タスクに要する時間は短いほうがよい・わかりやすいほうがよいと、特にあまり疑わずに判断してしまっているなぁと反省することしきり。
このあたりの簡単さと難しさのバランスの取り方について書かれた本は、私が今まで読んだ中ではあまりなかったように思うので、かなり興味深いです。
冬休みも残りあと2日、なんとか読んでしまおう。。。
  1. 2006/01/02(月) 22:22:16|
  2. book|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

毎年すぐにうやむやにしてしまう意思の弱いやつなので
GTD よろしく今年の目標を書き出してみる。

  • 転職

  • 減量(10kg 以上)

  • 情報処理技術者テクニカルエンジニア(ネットワーク)取得

以上
  1. 2006/01/01(日) 22:02:05|
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。