1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

could の方が UIデザインガイドライン をまとめてくださってます。

could の方が、UIデザインガイドライン関連のURLをまとめて下さってます。


http://www.yasuhisa.com/could/roundup/ui-design-guidelines/


iphone のガイドライン、ユーザ登録しなくても、オンラインでの閲覧はできるのですね...
他にも知らないサイトが幾つかあって、焦り中です。 【“could の方が UIデザインガイドライン をまとめてくださってます。”の続きを読む】
スポンサーサイト
  1. 2009/01/31(土) 15:03:05|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Napkin look & feel

Windows7 が発表になって、新しく搭載予定の機能紹介がちらほらとでてきてますね。
Vistaがまだlonghornの名前で呼ばれていた頃のものですが、このデモムービーを思い出しました。



longhornはかなり初期の頃に、こうしたムービーを作っていて、それをみた人はもうできてると安心してしまい、結果、できあがるのにあんなに時間がかかってしまった・実際の内容も微妙になってしまったという話もあるみたいです。
プロジェクトの初期にゴールのイメージを共有するため、もうしたモックを作るのが有効な場合もありますが、細部まで作りこんでしまうと、見た目の細部の検討に目がいってしまい、肝心の内容の検討がおろそかになるおそれがありますね。デザイン事務所には耳の痛い話です。
こうした事態を避けるために、プロジェクトの初期の頃には、できるだけグラフィカルな表現は作り込まず、あえて手描きや、スタイルを定義しない HTML モックで画面の内容や遷移の検討を進めるようにしているのですが、JavaのUIスタイルで、UI 要素の表現をあえて紙に手書きしたようなスタイルにする「Napkin Look & Feel」というのがあるようです。

20081102.jpg

Napkin Look & Feel
http://napkinlaf.sourceforge.net/

デモではものができあがっているように見せない
http://www.aoky.net/articles/kathy_sierra/dont_make_the_d.htm

最近は Flex (MXML) とか、標準でもそこそこ綺麗なビジュアルのスタイルをもっているので、あえてこうした手描き表現のスタイルとかあったほうがよいのかも、と思いました。

  1. 2008/11/02(日) 12:30:55|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タイピングよりも手書きのようが記憶しやすい?

この間の AirPen ビジネスメモ研究会で、「タイピングするより、手書きのほうがなんか内容を覚えている」というような事をいっていたのですが、日本認知科学会の発表でも、それに近い研究がされているようでした。

日本認知科学会
http://www.jcss.gr.jp/meetings/JCSS2008/papers/html/session/P5.html

手書き文字と活字の認識の差に関するfMRI研究
http://www.jcss.gr.jp/meetings/JCSS2008/papers/pdf/JCSS2008_P5-8.pdf

個人的には、記憶するためというよりは、手を使って描きながら、それを目で見ることで自分自身にフィードバックがかかり、内容をより咀嚼する、という感じです。
とりあえずメモメモ。
  1. 2008/10/16(木) 12:10:23|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

「セカイ カメラ」で電脳コイルの世界が実現?

なんか今回の iPod 新型の発表は、いまいち食指が向かないな~と思っていたのですが、Apple からではなく、日本のTonchidot(頓智・)という会社がすごいものを発表したようです。



iPhoneを電脳メガネにする「Sekai Camera」がすごい件
http://blogs.itmedia.co.jp/closebox/2008/09/iphonesekaicame.html?ref=rssall

tonchidot corporation
http://tonchidot.com/

iPhoneのカメラからはいってくる映像に、GPS や WiFi を使ってその位置にひも付けされた情報を重ね合わせて提示するアプリケーションのようです。まさに、去年放送されてた電脳コイルの電脳メガネそのもの。カメラ(iphone)を知りたい方向に向けるだけなら、小さい子供やお年寄りでも簡単に使えるなぁ。iモードとか使えない・使おうともしないうちの両親でもこれなら使いそう。
間違いなく、iPhoneの、というかモバイルのキラーアプリケーションになると思う。
ブラザーさんが発売する網膜投影ディスプレイで使ってみたいなぁ。

去年くらいから Evernote とか、OmniFocus とか google のストリートビューとか、なんかすごい・新しいと感じられるアプリケーションやサービスの発表が相次いでいるような気がします。新型 iPod touch はいまいちだったので、やっぱり無理してでも、iPhone は買うべきか?

  1. 2008/09/10(水) 23:10:40|
  2. interface|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

最近の UI ガイドライン

最近、仕事関係でUIのガイドラインを調べてみたところ、AppleもMicrosoftのもアップデートされていました。というわけでリンクメモ。

Apple Human Interface Guidelines
http://developer.apple.com/documentation/UserExperience/Conceptual/AppleHIGuidelines/XHIGIntro/chapter_1_section_1.html#//apple_ref/doc/uid/TP30000894-TP6
いつの間にか、Leopard 対応な内容になってます。
内容と関係ないのですが、Leopard から、CoreGraphic だか CoreAnimation だかで、これまでの標準とは少し異なるUIが、標準のOS にもはいってきているイメージがあります。
もはや一般の人にも OS の標準的な GUI の作法はわかっているものと言い切れる状況・そこからの応用発展を考える段階になっているのかな?とか。
※すみません、まだそこまで読み込めてない。。。

Windows VISTA Guidelines
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb328626.aspx
こちらは Vista対応のUIガイドライン。PDFでがーっと印刷したいけど、見つけられなかった。

  1. 2008/09/07(日) 20:29:50|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フィッツの法則(Fitts' Law)

フィッツの法則は、ユーザーインタフェース関連の法則です。
ソシオメディアさんのサイトの説明を引用すると

https://www.sociomedia.co.jp/349

画面上で、マウスなどの入力装置を使ってものを指し示すときにかかる時間を計測するモデル。
ターゲットオブジェクトのサイズと距離に基づき、以下の計算式で算出される。
面積が大きく、現在のポインター位置から近いものほど、指し示しやすい。

T = a+b log2 (D/S + 1)

* T = ターゲットまでポインターを動かすのにかかる時間
* D = ポインターとターゲットの間の距離
* S = ターゲットの大きさ

なお、通常、ポインターはスクリーンの端よりも外へは移動できないため、スクリーンの端にあるものは、その面積(ポインターから見た奥行き)に関わらず、容易に指し示すことができる。


マウスカーソルの移動距離・ターゲットの大きさそれぞれについてはよく言及されるのですが、それらが D/W で比する関係であることは、私はどうにも忘れがちでいけません。
ターゲットを単純化して正方形と考えると、距離を1/2 に縮めるのと、面積を2倍(1辺の大きさを約1.4倍(ルート2))とが同じになるので、ターゲットの面積を調整するほうが、もろもろ調整しやすいかもしれない。
※最近はタッチパネルを想定しないといけない場合も多いので、逆に複数ターゲットの間隔も十分にとる必要があるので、なかなか難しいのですが...

とりあえずお仕事関連の備忘録、でした。
  1. 2008/08/24(日) 20:28:58|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バランスWiiボードでGoogleストリートビューを操作してみた人がいた

以前、勉強会で、バランスWiiボードって、BlueTooth だしハックできるとおもしろそう、とおっしゃられていた先生がおられたのですが、バランスWiiボードを使って、重心移動で、Googleストリートビューの移動方向を操作されている方がおられました。



うちには IntelMac がないので試せてないのですが、かなりおもしろそうです。
Google ストリートビューのレスポンス・移動速度が上げられたら、昔、back to the Future 2 にでてきた、空中に浮かぶスケートボード(エアボード?)みたいなのが体験できそうです。
  1. 2008/08/21(木) 23:30:06|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Viewzi ― 3D Photo Cloud View ―

キーワードを入力するとFlickr にアップロードされている写真をひっぱってきて、関係を3次元ちっくに可視化するサービス(?) のようです。

Viewzi ― 3D Photo Cloud View ―
<http://www.viewzi.com/search/whitevoid-photocloud/#>

20080629.jpg


キーワードの繋がりで写真を見せるのは、他にもいろんなサービスがありますが、ここのはさわっていてなんか気持ちいい感じです。
  1. 2008/06/29(日) 23:05:00|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Neural Impulse Actuator:脳波ゲームコントローラ(ニコニコ動画)

脳波でPCを操作するデバイス「Neural Impulse Actuator」が、2万円ちょっとで発売されるようです。
どんなんかなと思っていたら、さっそくニコニコ動画にアップされていました。3万円しないんだったら、ちょっとほしいかも。


「考えることで動く」 脳波ゲームコントローラ‐ニコニコ動画(SP1)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3593480

米OCZテクノロジー、脳波で操作するブレインマウスを出荷開始 - Technobahn
<http://www.technobahn.com/news/2008/200806031616.html>

サイコミュシステムとまではいかなくても、単純に、左・右がきちんととれるだけでも、病気や事故で手が動かせない人にとってはかなり福音になるのではないでしょうか。

さういえば昔、Macintosh 向けに IBVAという脳波計測デバイスがあったなぁ~と懐かしくなって、ちょっと検索してみたのですが、なんと、今でも MacOS X にも対応して販売されているようです。
※こちらはゲームの操作というより、純粋な研究用測定器っぽいものです。

IBVA
http://www.kuwatec.co.jp/Products/ibva/index.html

  1. 2008/06/22(日) 23:02:55|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。