1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

祇園祭 2007 on GoogleEarth

せっかく祇園祭の季節なので、HIS で発表したシステムから、去年の祇園祭のときに登録したデータを GoogleEarth で見られるようにKML を書き出してみました。
(GPS付きケータイで撮影した写真なので、あまり綺麗ではないです)
下記のリンクをクリックすると、GoogleEarth が起動します。

20080714.jpg
http://miyanami.
googlepages.com/gion2007.kml

今年も時間があれば、宵山、宵々山にでも入って、新しいデータをアップできたらと考えてます。

※このシステムにアップしているデータから書き出してます。
HIS2006発表「モバイル体験を繋ぐ情報モデルの情報探索インタフェース提案」
http://www.softdevice.co.jp/activity/his2006/index.html


スポンサーサイト
  1. 2008/07/14(月) 19:19:28|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Google Maps API for Flash

もう既に多くの方が書かれていますが、GoogleMaps が Flex (ActionScript3.0)ネイティブな API の提供を開始したようです。同僚が早速 FlexBuilder で試していました。

AIRでGoogle Maps API for Flash:ちょこっと:So-net blog
http://ofuku.blog.so-net.ne.jp/2008-05-21#more

Google Maps API for Flash - Google Code
http://code.google.com/apis/maps/documentation/flash/

個人的には Adobe AIR で使いたいのですが、どうやらまだ難しいようです。ネットでも「できたよ」という報告を見つけることはできませんでした。
AIR には HTMLコンポーネントがあるので、JavaScript で実装した GoogleMaps のページをこれに読み込ませてやる方法もあるにはあるのですが、Flex での実装部分とよりシームレスに連動する何かを...となると、やはりネイティブで対応できると、うれしいです。
Google の中の人、よろしくお願いします。



  1. 2008/05/21(水) 22:07:28|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

GeoIQ API: GoogleMaps でヒートマップを実現

sta la sta さん経由で知りました、GoogleMaps でヒートマップを実現できる API: GeoIQ API です。こんな感じ↓

20061116.jpg


sta la sta - 地理データを基にヒートマップを作成するAPI - GeoIQ API
http://d.hatena.ne.jp/starocker/20061116/p1

Fortiusone, Inc | GeoIQ
http://www.geoiq.com/

これで SimCity の犯罪率や地価格を表すマップがリアルマップでもできますね。
昨日紹介した MapLib と組み合わせて利用できるなら、以前どこかで見かけた、ユーザが web ページのどのあたりを注視しているのかを表すヒートマップとかも、とりあえず表示の部分はできるかも?

  1. 2006/11/16(木) 22:42:20|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

MapLib:GoogleMaps でなんでもマッピング

スクロールやズームのインタフェースやピンをたてる機能はそのままに、背景の地図部分の画像を置き換えるライブラリ?サービス?のようです。

20061115.jpg

[N] オリジナルの地図をGoogle Mapsに埋め込める「MapLib」
http://netafull.net/tech/016723.html

4次元に広がる「Google Earth」、歴史的な地図を表示可能に (MYCOMジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/news/2006/11/14/100.html

最近、GoogleEarth に時間をさかのぼって江戸図とかの昔の地図を表示するヒストリカルマップの機能が追加されましたが、このライブラリを使えば、GoogleMaps のほうでも、ピリレイス地図を表示するとかもできそうです。

もっと応用して、室内の案内図を作ったり、ダイアグラム上のマッピングに使ったりしている方もおられるみたいです。
GoogleMaps のズームレベルを任意に追加できるなら、地図からシームレスに繋がっていく室内マップというのもできそうですね。

  1. 2006/11/15(水) 23:35:03|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

GoogleMaps がマウスホイール操作に対応した...けど...

GoingMyWay さん経由で、GoogleMaps がマウスホイールの操作での地図のズームイン・ズームアウトに対応したらしいことを知る。ということで早速試してみました。

  • ホイールの上方向スクロールでズームイン

  • ホイールの下方向スクロールでズームアウト


おおっ、ちゃんと動いてる (^^
些細な事かもしれませんが、ほんのちょっとマウスカーソルをスライダーまで動かす手間が省けるだけでかなり快適に感じました。あと倍率変えてドラッグで地図を動かしてみて、さらにズームいじって移動量を調整するという操作を、私がよくするのも原因かもしれません。
でも、@aka さんも指摘されてますが

  • ダブルクリックした位置を中心としてズームイン


は、私もなじめなかったです。UIの作法として考えると、「ダブルクリック=フォルダを開いて内容(詳細を見る)」という操作もあるし異論はないのですが、いかんせん、今までの GoogleMaps の作法が「ダブルクリック:ダブルクリックした位置を中心に移動」で、結構これで座標取りとかしてたので、違和感を感じるのです。
う~ん、慣れるしかないかぁ...

Going My Way: マウスホイールのスクロールや左右のダブルクリックでズームイン、ズームアウトに対応したGoogle Maps
http://kengo.preston-net.com/archives/002707.shtml

clmemo@aka: Google Maps のズーム機能
http://at-aka.blogspot.com/2006/07/google-maps.html
  1. 2006/07/18(火) 20:51:01|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

GoogleMaps API version 2.0

GoogleMaps API 2.0 が使えるようになって、一部の都市の衛星写真がより詳細に...という情報に期待して、早速試してみました。
以前に作っていたコードとGoogle Maps API Version 2 Upgrade Guide を突き合わせながら、ごにょごにょと30分くらい、なんとか動かすことができました。

20060410.jpg


うあ、京都の北でもここまで詳細に表示されるとは...会社の外壁のRがわかるくらい。ここまで表示されるなら、GPS・カメラ付きケータイとか使って、なんか作ってみたくなります。

以前、私が作っていたものは単純なものだったので、書き換えのとき、ポイントになりそうなのはこれくらいでした。とりあえずメモ。

  • API の呼び出しを明示的に v=2 を指定する

  • map を生成する際に、GMap ではなく、GMap2 にする

  • 表示位置を指定する centerAndZoom は、serCenter にする

  • 座標を指定する Gpoint の代わりに GLatLng を使う、緯度経度の指定はこれまでと順序が逆


firefox で openInfoWindowsHtml を実行したとき、HTMLの内容が縦書きになってしまってたのも解消されてよい感じ...なのですが、なぜか MSIE では動きませんでした。どこが悪いんだろ (T T

Google Maps API Version 2 Upgrade Guide

http://www.google.com/apis/maps/documentation/upgrade.html

  1. 2006/04/10(月) 22:58:12|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

交通情報を GoogleEarth にマッピング

ホンダが GoogleEarth に取り込んで表示できる交通渋滞の情報を無料で提供開始したとのこと。

ホンダ、「Google Earth」で交通情報を無料配信
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/03/29/11429.html

筋金入りのペーパードライバなので、渋滞情報にはそれほど...なのですが、「GoogleEarth のほうも KML という XML 形式のデータを取り込むことで、地図上に情報をマッピングできる」「それを企業が提供し始めた」というところが興味深いです。

まだちゃんと調べられてませんが、GoogleMaps と違って、KML の point,coodinate 要素は高度の指定もできる=ビルのフロア表示(高度付き)とかもできてしまうの?
以前、お仕事でweb版の某大学の施設管理システム(2D)を作ったことがあるのですが、その情報+フロアの高さ情報で KML作れば簡単な立体地図ができるし、その他のシステムの情報もあわせて3次元に情報をマッピングできそう。
3次元上の位置をどうやって簡単に入力させるかという課題はありますが、GPSと連携するとかで、そこをうまくクリアできれば、あとは Perl なり PHP なりのXML関連のライブラリでもさくっとな(^^
※3次元表現としてVRMLを使ったプロトタイプは作ったのですが、想定している用途なら KMLもよさげ。こうした「ゆるめ」の立体表現って需要結構あると思う。

KMLで名前空間統一してそれぞれがウェブで情報公開されるようになったら、なんかすごいことになりそうな予感。市民参加でバリアフリーマップ(しかも立体版)を作ったり、公共機関から観光情報マップなりトイレマップなりが提供されて、それを自由に組み合わせて情報検索できるようになったらとか考えると、なんだかSFの世界みたいでわくわくします。

せっかく京都に住んでるんだし、なにか手動でも作ってみようかな?

Bubble://別館/ - B-Wiki - KML:XMLファイル形式の仕様説明
http://bubble.atnifty.com/modules/bwiki/index.php?KML
  1. 2006/03/29(水) 12:27:23|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

写マップ

最近、GoogleMaps を使ったコンテンツが相次いでいますが、以前、GoogleMaps を使わずになんかあったなぁということで思い出しました。ニコンの「写マップ」です。
Flash で作られたコンテンツで、地図上にアップされた写真とコメントが表示される、コメント内のキーワードで他の写真とつながっていくというものです。2004年のクリスマスと、2005年の春、クリスマスだけでその後、更新されてないようです。
Flash で構築するのって、今更なのかなぁ。

写マップ
http://album.nikon-image.com/nk/viewer/index.asp
20060324.jpg


  1. 2006/03/24(金) 12:03:33|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ほぼ日桜前線2006

昨日ちょっとだけ書いていた「ほぼ日桜前線2006」です。
毎日チェックしてると、少しずつ桜前線が北上していってる様子がわかって、おもしろいです。
やはり東京近辺でアップされる数が、他の都道府県と比べて圧倒的に多いですね。ちゃんとカウントしたわけではないですが、1枚もアップされていない都道府県もありそうです。

こういうユーザ参加型のコンテンツは、まず、そのサービスの知名度を上げないと難しいものがありますよね。その点、ほぼ日さんなら知名度抜群だし、カメラ付き携帯電話でその場でアップできるならお手軽だしと思っていたのですが、それでも県単位でアップされる情報のないところがでてくるのは、ちょっと予想外でした。
※手動で位置を関連付けしてアップされているようなので、もしかしたら担当の方が場所がよくわからないという理由で掲載されていないだけなのかもしれませんが。

それでも、「ほぼ日桜前線2006」は、最近の GoogleMaps 使ったコンテンツの中では、情報量はぴかいちかと。あ~、うちも協力させてもらえたら、よかったなぁ。

ほぼ日桜前線2006
http://www.1101.com/sakura2006/
20060323.jpg


  1. 2006/03/23(木) 22:15:23|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。