1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

オープンソースカンファレンス2009 京都にいってきた(1)

7/10,11 に開催されたオープンソースカンファレンス2009 京都に行ってきました。
http://www.ospn.jp/osc2009-kansai/

私が聴講したセッションは
・Web技術の現状と将来 (W3C 一色さん)
・GoogleとHTML5 (Google 及川さん)
・「出揃った次世代モバイルプラットフォーム」- 勝ち残るのは誰だ!? (日本Androidの会 有山さん)
・ブログツール WordPress と、オープン型 SNS 構築ツール BuddyPress の可能性 (WordBench 京都 池田さん)

です。特に個人的に興味深かったのが、デモも交えながら講演された「GoogleとHTML5」です。
とりとめないですが、メモなど。

● Canvas
・スクリプトによるグラフなどの描画
・サーバで動的に画像生成するのではなく、クライアント側で描画処理実行
・内容によっては画像で送るより、通信負荷も軽い
・他の要素と連携ができる(セルの値が変わると、グラフが変わるとか)

● Video
・スクリプトから細かく制御できる、ので↓
・自分で再生ボタンを作ったり、ビデオを再生しながら回転させる等の処理もできる
・今のところコーデックに関する指定はなし→source要素で複数指定する?

● GeoLocation
・厳密には、HTML5 内の仕様ではないが、関係するものとして。
・GPS, GeoIP, Wifi (PlaceEngine とかかな?)等から現在位置を取得
・位置情報を取得する手段自体はブラウザは関知しない

● WebStorage & App Cache
web アプリケーションをどこでも動作させる
・cookie より大きなデータを保存する
・key-value 方式での管理:windows local storage (サイト毎), windows session storage (ウィンドウ毎)
・sql 方式での管理:同期(sync: select とかブロックされる)、非同期(callback,終わったら戻る)
・appcache: キャッシュされるURLをマニフェストファイルとして提供
・Stickies note のデモ

● Web Workers
web アプリケーションにも並列処理の手段(スレッド?)を提供
・時間のかかる処理をユーザとのインタラクションを阻害せず、実行できる
・Dedicade(1つのタブ),Shared(複数のタブ),Persistence(ブラウザが動いてなくても動作?)
・ビデオの映像の動きを検出して、canvas にグラフをリアルタイム表示するデモ!

● Web Socket
・専用のプロトコルでサーバと文字列を送受信
・リアルタイム性が高い!

HTML3 とか HTML4 とかは、使える語彙とかが違うくらい?という認識だったのですが、HTML5 でこれらの事が全てのブラウザで実現されると、今のウェブの使われ方・在り様が、がらっと変わる可能性があるのではないかと思います。特に iPhone (iPod touch)や Android 端末等のモバイル端末で、これらの仕様への対応が急速に進みつつあるので、ものすごくわくわくさせられる講演でした。
仕様が正式に策定されるのはまだ数年かかりそうですが、今から、ちょっとづつでも何か作ってみたいです。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/10(金) 23:33:36|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

モバイル学会シンポジウム「モバイル09」1日目

いまさらながらモバイル学会シンポジウム「モバイル09」の参加メモ。
有料の学会シンポジウムなので、あまり詳しい内容は書けないですが、ざっくりと。
とりあえず1日目の内容です。

■ モバイル機器の文字入力の比較―モバイル環境における比較検討―
スマートフォンでの文字入力より、テンキー入力(片手親指入力)のほうが、実際のモバイル環境ではよい結果が得られたらしい。慣れの問題では?という質問もあったものの、ネットブックなどもあわせて検討された結果らしい。確かに短いメールだったら、イーモバイル S11HT のキーボードより、N-903i のほうが個人的にも快適だなぁと。
※予測変換のある・なしが大きそう

■ 複数モバイル機器に対する直感的かつ効率的な写真伝送手法
ARの技術を使って、写真を撮影したら写真にマーカが写っている端末にデータを転送するというデータ交換方式の提案・実装でした。確かに写真撮影のときなら、カメラを必ず使うし、マーカを画像解析するようなARに向いているのかも。

■ スマートフォンの大学教育への活用
普及が進んでいるものの、今時の学生さんはmp3の変換・転送もわからないのでは?(スマートフォンで音楽を聴いてないのでは?)という調査でした。いわれてみれば、私ももっぱら iPod で、スマートフォンを音楽プレーヤとして常用はしてないな...
ただ、このあたりは使いにくい・わかりにくいから使ってないのか、既に別のものを持っているから使ってないのか・バッテリの持ちが気になるから使ってないのか等、「使ってない」事の理由もいろいろありそうな気もします。

■ 大学生のモバイルリテラシーに関する考察
実際の学生さんを対象に3年間も継続的に調査されているのですが、毎年、少しずつ傾向が変わってきていて非常に興味深い研究です。定額制を活用するために、個人で2台・3台持ちも始まっているとのこと。個人的には辞書としての利用というのが、なるほどと思いました。確かに慣れてくれば画面を見ないで入力できるし、便利そうです。

■ メディアリテラシーからみたケータイ小説の教育的利用と課題
ほんの数年前まで、教育現場ではケータイは禁止!というような風潮だったのに、きちんとメディアリテラシをとらえ直して、それを生徒が関心をもつ教材として、文章にふれるきっかけとして用いておられるという点が印象深かったです。
私が小学生の頃、歴史を勉強するのに漫画でなんてけしからん......といわれていた事もあったのですが、なんとなく、その事を思い出しました。今ではそんな議論、あまりなされてないですよね?

特別講演については、また別エントリーで
  1. 2009/03/17(火) 18:38:04|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モバイル学会シンポジウム「モバイル09」

モバイル学会シンポジウムが来週開催されます。
インタラクション研究会からきた案内のメールから引用します。
興味のある方は、リンク先もご参照下さい。

---

■ 期日:3月17-18日
■ 会場:キャンパスプラザ京都(JR京都駅ビル駐車場西側)

■ 特別企画
 
 特別講演「教育におけるケータイの功罪-これから必要になるネット安全教育のすすめ-」
 田中 博之 (大阪教育大学)

 質疑・討論    家本 修(大阪経済大学)、篠原一光(大阪大学)
 話題提供 DeNA 様

 講演時間・会場は下記URLをご参照ください。

 シンポジウム「モバイル'09」
 http://www.mobilergo.com/symposium/2009/index.html

 モバイル09 プログラム
 http://www.mobilergo.com/symposium/2009/contents/pro.pdf

■ 研究発表:

 [教育的利用(1)]
 1111 中学生の携帯利用実態と教員の印象に関する事例研究分析
 1112  e-learning利用におけるプラットフォームとしてのiPhoneについて
 1113 モバイルLMSのための学生携帯利用実態調査
 1114 ケータイ文字メールによる情報管理システムの利用性と応用

 [教育的利用(2)]
 1121 若者のSNS『mixi』利用調査-パソコンとモバイルの媒体比較を中心に-
 1122 大学生のモバイルリテラシーに関する考察
 1123 メディアリテラシーからみたケータイ小説の教育的利用と課題

 [メディア]
 1211 モバイル機器の文字入力の比較-モバイル環境における比較検討-
 1212 複数モバイル機器に対する直感的かつ効率的な写真伝送手法
 1213 スマートフォンの大学教育への活用
 1214 カメラ付き携帯電話を利用した2008年送り火中継における撮影者の傾向

 [文字と言語]
 1221 中国語における状況適応予測の適用性について
 1222 ケータイ多言語対話システムとその応用
 1223 在宅認知症者に対する遠隔支援方法の提案

 [文字入力と表示]
 2112 ケータイ絵文字メールによるコミュニケーション
 2113 モバイル端末のマルチタッチディスプレイを用いた最適表示文字サイズの評価
 2114 モバイル機器の辞書検索機能のつかいやすさ

 [情報と社会]
 2121 高齢者における携帯電話の利用の地域差
 2122 移動判定を伴うPHSによる物流機器位置管理システムの研究
 2123 モバイルバリュー交換提携関係の社会ネットワーク分析
 2124 ユーザビリティについての回顧とデジタル日用品の課題

 [脳と生理]
 2212 NIRSを用いた追従および認知・判断タスク中の生理変化の特徴抽出
 2213 NIRS高速成分によるケータイ文字入力動作の解析
 2214 ボタン操作の方向選択課題におけるNIRS高速成分の解析法

 [交通支援]
 2221 ランドマークの認知容易性・視認可能性に基づく歩行者の不安の定量的評価
 2222 自動車用情報表示器の文字表現に関する研究
 2223 交差点記号化研究および高知における実地展開
 2224 ケータイによる会話が視空間的作動記憶に与える影響
 2225 複数の情報提供サービスを搭載した車載器のHMIに関する検討

 講演時間・会場は下記URLをご参照ください。

 シンポジウム「モバイル'09」
 http://www.mobilergo.com/symposium/2009/index.html

 モバイル09 プログラム
 http://www.mobilergo.com/symposium/2009/contents/pro.pdf
  1. 2009/03/14(土) 14:55:29|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

FlexUG勉強会@京都に参加しました

2/7 に開催されたFlexUG勉強会@京都に参加しました。というか、会場は、うちの会社の会議室だし。今回の発表は同僚に任せて、裏方スタッフとしての参加です。
ちなみにご発表頂いた内容は下記のような内容です。

●アニメーションのお話 by obanettyさん
http://blog.garden-place.jp/oborobeer/item_226.html

●グラフコンポーネントのお話 by いさみんさん
http://d.hatena.ne.jp/isamin73/

●自己紹介&まいど関西RIAセミナーの案内など by hirossyさん
http://seminar.genephics.co.jp/fxug/20090228/

●AdobeMAX 2009 土産話 by kurano3fさん
http://ofuku.blog.so-net.ne.jp/

●物理エンジンを利用したパフォーマンスソフトウェア by 平野さん

内容は各発表者さんのブログなどでご確認下さい。
  1. 2009/02/07(土) 23:39:22|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

KOF 2008: 関西オープンフォーラム2008

大阪ATCで開催される「KOF 2008: 関西オープンフォーラム2008」に行ってきました。
とりあえず1日目は下記の講演を聴講しました。今年も興味深い・参考になる内容が盛りだくさんでした。

KOF2008:関西オープンソース2008
http://k-of.jp/2008/index.html


● ACRI最新通信ダイジェスト

  • ウェブアクセシビリティのガイドラインWCAG2.0、11/3に勧告案になったらしい。全くノーチェックだったので、ちょっと焦る。JIS もそれにあわせて改訂予定とのこと

  • Ajax とかRIA になると、もはやアプリケーション。バックエンドはAPI (XMLとか)で通信していることも多いので、それを取得して音声などに変換するフロントエンドを別途用意する、電話サポートセンターを設ける等の考え方もあるのでは?というところに激しく同意。



● That's so cool! オープンソースの企業情報ポータル『Liferay』のご紹介
参考:http://www.nri-aitd.com/openstandia/solution/eip/index.html

  • 全社-部門-チームみたいな組織の階層構造に対応できる、というところが魅力的

  • レイアウトを iGoogle みたいに、ドラッグ&ドロップでユーザ毎に自由に配置できるらしい

  • NRIさん提供の「OpenStandia/Portal」だと、Wikiやレポーティングのコンポーネントもあるらしい

  • ニコニコカレンダー装備?技術者のモチベーションを大事にしたい、というところが特に印象に残りました。



● Redmineでチケット駆動開発を実践する~チケットに分割して統治せよ
http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/redmine-aad9.html

  • Redmineというツールを通して 「チケット駆動開発(TiDD)」の考え方のご紹介

  • 標準でガントチャート表示できるのがいい感じ。個人的にExcel でのガントチャート更新めっさ時間かかるので、非生産的。

  • チケット(課題)の粒度管理をどうする?
    A: 一人に割り当てできるくらい。長く残るようならさらに細分化する。

  • ソフトウェア開発に限ったバグ管理だけでなく、ものづくりに関するプロジェクト管理の上での課題・ToDo を適切に管理して対応していくワークフローとして、使えそうと思いました。



● 30days Albumの裏側
http://www.slideshare.net/mizzy/2008-30days-album-presentation

  • ドクターペッパーの方!

  • 30days albumのバックエンド、知らない技術がいっぱい。
    サーバを追加するだけで拡張できる設計や、その際の運用面のTips まで盛りだくさんで大変参考になりました。

  • とりあえずキーワード列挙;Pappet(デプロイのためのマニフェスト一元管理)、Archer(Perl製のデプロイツール、YAML で制御)、Perl製のJobキュー管理(Gearman、TheSchwartz)の使い分け、Perl製のリバースプロキシー(Perlbal)、Perl による分散ストレージ(MogileFile)

  • PSP で PowerPoint スライドの表示制御をされていたのが、かっちょよかった
    http://coderepos.org/share/wiki/PSPSlidePanel



● vnc使っていますか?

  • 普段自宅で使っている VNC の FEP 切り替えまわりの調整を、知り合いの方がされていたのを知って、びっくり

  • 個人での開発は、いろんな環境での動作確認が大変。開発そのものでなくても、こういう環境で動作した・こういう不具合があった、ときちんと報告するだけでも貢献できそう。自宅は未だに Win2k なので、何かあったらテストします。


● 展示会場めぐり(ちょっとだけ)

  1. 2008/11/07(金) 23:50:06|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

第13回 Admintech.jp 勉強会に行ってきました。

同僚に教えてもらった第13回 Admintech.jp 勉強会に行ってきました。ちょうど今が旬な感じの Webkit や MSIE 8β等のブラウザまわりのお話がメインでした。もう既に詳細にまとめて下さっている方がおられるので、リンクしておきます。

Heavens hell [event] Admintech.jp に行ってきた
http://d.hatena.ne.jp/heavenshell/20080927

第 13 回 Admintech.jp 勉強会 に行ってきた、懇親会付き ? SawanoBlog.
http://sawano.members.icraft.jp/wp/2008/09/28/963.html

第13回Admintech.jp勉強会 - 葉っぱ日記
http://d.hatena.ne.jp/hasegawayosuke/20080928/p1

ざくざくっとメモ。

  • MSIE の脆弱性。う~ん、本当に MSIE6,7 て手がかかるなと。さっさと MSIE8 の正式版になって脆弱性も解消してくれるといいけど、広まるまでには、まだ何年かかかるんだろうな

  • MSIE8βは、MSIE6 からのアップデートでは不安定。MSIE7からアップデートすべし。って、それならできなくしておいてくれたらいいのに..私はMSIE7 は使ってないので、あやうくはまるところでした。

  • Safari4 すごい。頭一つぬきんでた速さだった。

  • ajax を導入した guchi のサイトの紹介。私も以前、某社さんで行った研修でサンプルに挙げていたのですが、ある画面の状態(特定の商品にフォーカスした状態とか)をURLで示せるのは、SMO 的にも有効。最近では、sony さんのトップページも JavaScript を用いたものに置き換えられたので、他にも続くところが出てくるかも。

  • プラグインや addon の一括管理の話。最近の ThinkPad には SystemUpdate なるツールがあって、システムのコンポーネントのアップデートとか自動的にチェックできて、一時、Flash のプラグインも対象になってました。が、結構、情報がバグってる時もあるので、中央集権的に管理するのは、すぐに限界がきそうな感じ。



  1. 2008/09/30(火) 22:10:47|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

銀座 伊東屋さんに行ってきました

AirPen 会議参加で東京にでたついでに、文具マニアの聖地、銀座伊藤屋さんに初めて行ってきました。最初、ビルのせいかGPSが機能しなくて迷いかけたのですが、店先にかかっている巨大クリップの看板のおかげでどうにかたどり着きました。

20080919b.jpg


で、購入したのが、こんだけ。

20080919.jpg


ねこのメモ立てと、伊東屋さんオリジナルのクリップは、お土産です。
個人的には、ずっと試してみたかったトレーシングペーパのメモ帳と、伊東屋さんのカタログを購入しました。
トレーシングペーパのメモ帳は、はってはがせるタイプのドットライナー(のり)と組み合わせて、資料の上にはって、コメントとかを書き込むのに重宝しそうです。無印良品の透明なのも以前購入していたのですが、500円ちょっとと高過ぎです。こちらなら200円程度でたっぷりあります。
カタログは文具の紹介など、ちょっとした雑誌としてもよくできているので、にやにやと眺めながら、ネットショップで商品を探そうかなと思ってます。
※帰ってカタログ見ながら、ジョッターメモ(メモシッター)も買っておけばよかったと後悔。。。。

ほんの30分ほどだけ行ってみようと思っていたのが、気が付いたら、1時間半近くたっていました。しかもまだまだ見足りないという。伊東屋さん、やばいです。本気で丸々1日、入り浸ってしまいそうです。
あと、東京駅からだったら丸の内のデルフォニックスもめっさ近かった事に GoogleMaps を見て初めて気が付きました。場所は把握できたので、今度、東京出張の時には絶対に行ってみよう。

  1. 2008/09/19(金) 22:48:24|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

AirPen ビジネスメモ活用研究会に参加してきました

東京で開催された「AirPen ビジネスメモ活用研究会」という、AirPenのモニターさんやブロガーさんを対象にした会議に参加してきました。

20080918.jpg


実は荷物になると嫌だったので、より小さい MVPen のほうを持っていっていたのですが、なんと私以外は全員 AirPen 装備!(当たり前か...)...もしかして KYな子になってる?と思ったのですが、ミーティング自体は、AirPen に限らず、デジタルメモ全般のお話だったので、ほっと安心しました。逆にAirPen を使いこなしておられる皆さんだったので、MVPen にも興味をもって頂けました。

肝心のミーティングの内容はというと、皆さん、ばりばりに使いこなしておられるので勉強になる事・刺激になる事が盛りだくさん。読書メモや手書きスクラップ、会議の見える化など、早速試してみようと思うことが幾つもありました。他にも「文字認識(OCR)を使ってますか?」という質問に対して、使っている方と使ってない方、ちょうど半分に分かれてたのと、皆さん、デジタルばりばりではなく、紙などのアナログも使ってみて色々試行錯誤しておられる手法が興味深く、参考になりました。

このような意見交換の場を設けてくださったスタッフの皆さん、意見交換してくださった参加者の皆さん、本当にありがとうございました。また機会があれば、是非、参加したいです。

ミーティングの詳しい内容は、ITMedia Biz.D さんで記事にしてくださるそうなので、公開されたら、そちらにリンクしたいと思います。

あと打ち合わせの時に準備していた私のレジュメ、SlideShareGoogle Documents にアップしました。
詳細のところでリンクしておきます。 【“AirPen ビジネスメモ活用研究会に参加してきました”の続きを読む】
  1. 2008/09/18(木) 23:59:59|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

FLashPowerSession 2008 に参加してきました

2004年以来、4年振りの開催となる FlashPowerSession 2008 in 大阪に参加してきました。
書きたいことは沢山あるので、あとで絶対、追記しまっす。
  1. 2008/09/13(土) 23:59:59|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。