1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

TrueCrypt:暗号化ディスクを作成する

これまで暗号化ディスクの作成に、PGPDisk を使っていたのですが、最終のバージョンアップからかなり時間が経っている事と、私の環境でですが、既にマウントしているディスクイメージを再度開こうとすると、OS道連れにフリーズしたり、スリープ解除した後に、実は暗号化ディスクが自動でアンマウントされてなかったりしてきたので、思い切って TrueCrypt というツールに移行しました。
※おそらく私の設定の仕方や環境が悪いだけだと思いますが...

TrueCrypt
http://www.truecrypt.org/

こんな特徴があります。
・オープンソース!(なので、こっそりバックドアとか作ってもすぐにわかるはず...)
・Windows だけでなく、MacOS X や Linux でも使える
・暗号化のアルゴリズムを色々選べる
・パスフレーズではなく、キーファイル方式での復号も選択できる
・TrueCrypt をインストールしてない端末でも使えるように、USBメモリをトラベラーズディスクにできる(最低限の実行環境をUSBメモリ上に構築してくれるみたい)
・ダミー領域を作れる(脅迫されてパスワードを教えないといけない時のために。何という念の入りよう...)
・仮想ディスクだけでなく、起動ドライブ全体の暗号化もできる(らしい)

海外製のツールですが、日本語化もできるので、より安心です。
仮想暗号化ドライブ作成 TrueCrypt/FreeSoftNavi
http://www.softnavi.com/truecrypt-1.html

実際に1週間ほど使ってみて、非常に安定して動作してくれています。また、以前に使った仮想ディスクイメージファイルの履歴をあえて表示できないように設定している点や、一括アンマウント機能等、細部に渡って安全性に配慮して作り込まれている印象です。
1点だけ、PGPDisk では展開した時に仮想ディスクイメージファイルの更新日が更新されていたのですが、TrueCrypt だと、仮想ディスクイメージファイルの更新日が更新されないので、予備にバックアップコピーを作っておく際に、いつのものなのかきちんと管理しておく必要がありそうです。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/05(木) 22:39:28|
  2. tool|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

RAM Phantom3: 3GB越えのメモリをRAMディスクとして使う

RAM Phantom3は、32bit な WindowsXPで、3GB を越えて認識されていない RAM 領域を RAM ディスクとして使うことができます。勿論 RAMディスクとして確保する容量は変更可能です。Vector で2480円で購入しました。

RamPhantom3|アイ・オー・データ機器
http://shop.vector.co.jp/service/catalogue/ramphantom/

フリーのもので同様の事ができるGavotte Ramdiskもありますが、RAM Phantom3 は、

・インストーラが付いてたり(自分でレジストリをいじらなくてよい)
・Firefox, InternetExplorer のキャッシュもチェックボックスを ON にするだけでOK
・終了時に自動的に内容を待避、再起動時には以前の状態に戻す

と、一連の面倒な事が自動化されています。
CrystalDiskMark 2.2でのベンチマークは下記の通り。
当然とはいえ、HDD や SSD の速度をぶっちぎってます。

--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 1361.334 MB/s
Sequential Write : 691.217 MB/s
Random Read 512KB : 1720.238 MB/s
Random Write 512KB : 689.968 MB/s
Random Read 4KB : 352.911 MB/s
Random Write 4KB : 297.970 MB/s

Test Size : 100 MB

うちでは 4GB のメモリを搭載している ThinkPad X61s 用にと購入したのですが、HDD自体の性能が低い・CFに換装するので、ディスクへの書き込み回数を減らしたいという理由で、ThinkPad X40 に導入する予定です。

  1. 2009/01/04(日) 12:07:48|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Simplify Media: iTunes の音楽をネット経由でiPhone で聞ける

以前、wifi経由でipoditunesの同期ができたらいいなあといっていましたが、wifi経由で、というよりインターネット経由で itunes で管理している音楽を共有できるツール「Simplify Media」を見つけました。MacOS X、 WindowsXP、Linux (ubuntu8.04) 版があり、iPhone/iPod touch 版も提供されています。

20080828a.jpg 20080828b.jpg


Simplify Media - Connect Your Music
http://www.simplifymedia.com/index.html

iTunesライブラリ内の曲を共有して、再生できる『SimplifyMedia』 | Macの手書き説明書 http://veadardiary.blog29.fc2.com/blog-entry-1586.html

著作権とか大丈夫かな?とちょっと不安なところもありましたが、不特定多数と共有はできない(30人まで)・ローカルには保存されないので、大丈夫そう?でした。
早速、ThinkPad と iPod touch で試してみたところ、最初に楽曲をインデックスするときに時間がかかりましたが、その後は快適に音楽が再生されました。これは、すごい!いちいちアップロードしたりしなくていいのも安心です。残念ながら動画にはまだ対応していないようです。
Linux 版もあるので、NAS (玄箱)にいれられたら...と思ったのですが、Ubuntu 版だけのようなので、まだ無理そう。でも、これでもう同期しなくても、自宅で iTunes の楽曲のはいった端末を起動してネットに繋いでおけば、どこからでも接続して音楽を再生できるので、わざわざ同期する必要がなくなりそうです。

私の場合、端末電源いれっぱなし共有・お外で再生はたぶんしないと思いますが、自宅で音楽聞くときに重宝しそうです。特に最近は、iPod touch のバックアップにかなり時間がかかるようになったので、ありがたいです。

WindowsMobile 版もでないかな...
  1. 2008/08/28(木) 12:47:01|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

EMONSTER(S11HT) で RememberTheMilk を使った ToDo 管理

POSynd と Google Calendar で予定の同期がうまくできたので、今度はToDoに挑戦!...してみたのですが、これだ!というツールを見つけることができませんでした。
ただネットサービスで ToDo 管理を行うなら、今なら、RememberTheMilk がすごくよいらしいので、久しぶりにログインしてみて使ってみました。久しぶりに使ってみると、なるほど、ajax ばりばりなインタフェースも使いやすいし、機能面でもこれはすごい。

20080807a.jpg
http://www.rememberthemilk.com/


前からあったのかもしれませんが、期限の指定で明日や明後日と入力しても、きちんと日付に変換されるし、ToDo の項目をタグで管理したり、GoogleMaps を使って場所とToDo をひも付けできる機能もありました。

20080807c.jpg


お買い物メモで「○○に行った時にこれを買う」というような場合に便利そうです。
将来的には、GPS付きケータイやiPhoneで、その場所に近づいたときに、設定されている買い物メモを表示するとかもできそう。

EMONSTER (S11HT)では、さすがにPC版の画面ではきついので、Opera を使ってモバイル版のサイトにアクセスしてます。ちゃんと日本の携帯にも対応していて、docomo のケータイでは端末ID を使った簡単ログインにも対応していました。

20080807b.jpg


http://m.rememberthemilk.com/
イーモバイルの電波の届かないところや、ちょっと確認するくらいには、docomo のケータイで、PC を使っていない時には EMONSTER で上記サイトにアクセスして利用しています。
RememberTheMilk は、Proアカウントにすると WindowsMobile との同期ツールも使えるようになるらしいので、しばらくこんな感じで使ってみて考えたいと思います。
  1. 2008/08/07(木) 22:04:54|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

POSync:Pocket Outlook と Google Calender の同期

EMONSTER (S11HT)で WindowsMobile を持ち歩き始めて、ちょこちょこと個人的なスケジュール管理を Pocket Outlook で行うようになりました。ただこれ単体で全部入力するのは正直きつい。せっかくだから GoogleCalendar と同期して、クラウドコンピューティングっぽく使えないものかな~と思って探してみて、「POSync」というツールを見つけました。
POSyncは
「予定を送る」でWindowsMobile 端末の予定 -> GoogleCalendar,
「予定を取り込む」で GoogleCalenda -> WindowsMobile 端末の予定
を同期させることができます。GoogleCalendar で複数のカレンダーにわけて管理している場合でも使えるのと、その際にちゃんと、Pocket Outlook の分類に反映してくれるところが素晴らしいです。

20080805a.jpg 20080805b.jpg


とーふのツール置き場
http://www.geocities.jp/bjsoftab4/

ただし、予定に時間帯の変更が頻繁にある場合や、WindowsMobile 機種とGoogleCalendar でどちらも更新を行っているような場合(ちょっと表記をいじったとか)には、ちょっとずつ違う予定が複数残った状態になることもありました。でも反映させる前に何件追加があるか確認のダイアログがでるし、こまめに同期させることで、全く問題なく使うことができるかと思います。

まだそんなに深く使いこんでいないのですが、窓の社によると

本ソフトは通常の予定に加えて、終日イベントや繰り返しの予定、複数日にまたがる予定の同期にも対応している。予定の内容に関しては、件名や開始時刻、終了時刻、アラームに加え、“場所”や“メモ”も同期の対象となる。また、W-ZERO3上で“秘密度”を“プライベート”に設定した予定が、 “Google カレンダー”上では“非公開”の予定に設定されるのは便利だ。


とのことなので、かなりかゆいところに手が届く作りになっている模様です。

窓の杜 - 【NEWS】W-ZERO3の予定表と“Google カレンダー”を同期するソフト「POsync」 http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/12/13/posync.html

 
  1. 2008/08/05(火) 22:34:15|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Firefox3 対応のアドオン環境整理しました

Firefox3 にして CopyURL + など幾つか使えなくなったアドオンがあったのですが、作者さんのサイトや代替のもので、ほぼ元の環境を構築することができたのでメモ。

20080619.jpg



Make Link :: Firefox Add-ons

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/142

Make Link : CopyURL+ よりも使いやすい Firefox 拡張機能 : PamGau
http://pamgau.net/item/389
PamGau さんのところでみつけた CopyURL + の代わりの MakeLink です。さっそくインストールしたのですが、これは便利!カスタマイズの方法も紹介されていて、YouTube の動画部分の URL だけを取得したりすることもできるようです。

Save Image In Folder v.1.2.2
http://www.achimonline.de/mozext/saveimageinfolder_download.php
既にバージョンアップ済みでした。作者の人 Good Job!

bbs2chreader - bbs2chreader Wiki
http://bbs2ch.sourceforge.jp/
正式版はまだのようですが、Nightly Build では既に対応されていました。

Firebug 1.2.0b3 :: Firefox Add-ons
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1843
これもβ版ですが、Firefox3 対応済みでした。

動作速度はこれまでの比じゃないし、これまで同様の使い方もできるしで、めっさ快適になりました。





  1. 2008/06/19(木) 12:54:39|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Ubuntu 8.04 on USB メモリを使ってみた

Ubuntu 8.04 on USB を、ThinkPad T43,X31,X61 で使ってみました。
ハードウェアのチェックに時間がかかるのか・USBメモリが遅いのか、起動に少し時間はかかりますが、起動してからは快適そのものでした。

■ WiFi
WiFi の設定は、上バーにあるアイコンをクリックするとアクセスポイントがリストアップされるので、そこから選択してWPAキーを入力するだけで接続することができました。MacOS X の AirMac の感覚に近いかも。確か WPA ってWindowsXP SP2 からアップデートをあてないと使えなかったと思うのですが、 Ubuntu 8.04 は標準で対応してました。外出先で公共の無線LAN アクセスポイントを利用する場合は、WindowsXPよりも直感的に使えそうです。

■ Emacs
「ソフトの追加と削除」で検索してインストールすると、必要なライブラリなども自動的にインストールされるので、簡単に導入できました。でも標準で gedit もはいっているし、OpenOffice もあるので、本格的な開発をしない限りは使わないかも。

■ Compiz
驚いたのは、Intel チップセット内蔵グラフィックの X61 では、Compizconfig settings manager (CCSM)を「ソフトの追加と削除」でインストールするだけで、仮想デスクトップ切り替えの視覚効果として Apple の CoverFlow的なものや FastDesktopSwitch 的なものなどのを設定して使うことができました。B5ノートだしとあきらめていたのですが、結構、なめらかです。

ubuntu 7.04 on USB の頃は、たまに設定ファイルなどが壊れて、うまく起動しなくなることがあったのですが、8.04 では、今のところ設定がとんだりといったことがなく、安定している印象です。
ThinkPad X61 にはSDカードスロットがあるので、こちらから microSD で起動したい!(でっぱりがなく、すっきりするから)と思っているのですが、今のところ、まだうまくいっていません。
※小型の USBアダプタに microSD をいれて USBメモリ化した状態では起動できました。
EeePCでは、SDカードからのブートもできているようなので、今後も暇をみつけて、試してみたいと思います。
  1. 2008/06/01(日) 22:04:34|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

Ubuntu8.04 を USB メモリから起動して使う

Ubuntu 8.04 になってから、USBメモリにインストールするスクリプトが標準の配布には含まれなくなってしまい残念に思っていたのですが、GUI で実行できるツールを公開しておられるのを見つけました。

20080531.jpg


Ubuntu を 徹底して簡単にするサイト
http://hiro.coolverse.jp/ubuntu/

Ubuntu日本語フォーラム / Ubuntu 8.04 on USB Memory : インストールと「ブートCD」
http://forum.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=11767

早速、ThinkPad T43 で試してみました。Ubuntu 7.04 の頃は一部、コマンドラインでの操作があったのですが、今回は全て GUI で操作できました。おおまかな手順は下記の通りです。

【“Ubuntu8.04 を USB メモリから起動して使う”の続きを読む】
  1. 2008/05/31(土) 22:39:49|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Puppy Linux:小型・軽量の Linux

最近、USBメモリに入れて持ち歩ける Linux について調べていたのですが、おもしろそうなものを見つけました。約 100MB 程度で、LiveCD にもなる Linux 「Puppy Linux(パピーリナックス)」です。

20080523.png

早速、ThinkPad T43 でライブCDを焼いて試してみたのですが、あっけなく起動しました。
個人的に気になったのは下記の2点、

  • USBからブートしても書き込み回数を必要最小限にセットされているので、Flashドライブの寿命を延ばせます。

  • CPU: Pentium 166MMX, RAM: 128MB, CDROM: 20倍速以上


Flashメモリは書き換え限度回数があるので、OSのブートを繰り返すとメモリの寿命が縮みそうなのですが、この Puppy Linux は、そのあたりも考慮にいれた設計になっているようです。EeePC などにもよさそうですね。



  1. 2008/05/23(金) 12:55:55|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。