1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

TrueCrypt:暗号化ディスクを作成する

これまで暗号化ディスクの作成に、PGPDisk を使っていたのですが、最終のバージョンアップからかなり時間が経っている事と、私の環境でですが、既にマウントしているディスクイメージを再度開こうとすると、OS道連れにフリーズしたり、スリープ解除した後に、実は暗号化ディスクが自動でアンマウントされてなかったりしてきたので、思い切って TrueCrypt というツールに移行しました。
※おそらく私の設定の仕方や環境が悪いだけだと思いますが...

TrueCrypt
http://www.truecrypt.org/

こんな特徴があります。
・オープンソース!(なので、こっそりバックドアとか作ってもすぐにわかるはず...)
・Windows だけでなく、MacOS X や Linux でも使える
・暗号化のアルゴリズムを色々選べる
・パスフレーズではなく、キーファイル方式での復号も選択できる
・TrueCrypt をインストールしてない端末でも使えるように、USBメモリをトラベラーズディスクにできる(最低限の実行環境をUSBメモリ上に構築してくれるみたい)
・ダミー領域を作れる(脅迫されてパスワードを教えないといけない時のために。何という念の入りよう...)
・仮想ディスクだけでなく、起動ドライブ全体の暗号化もできる(らしい)

海外製のツールですが、日本語化もできるので、より安心です。
仮想暗号化ドライブ作成 TrueCrypt/FreeSoftNavi
http://www.softnavi.com/truecrypt-1.html

実際に1週間ほど使ってみて、非常に安定して動作してくれています。また、以前に使った仮想ディスクイメージファイルの履歴をあえて表示できないように設定している点や、一括アンマウント機能等、細部に渡って安全性に配慮して作り込まれている印象です。
1点だけ、PGPDisk では展開した時に仮想ディスクイメージファイルの更新日が更新されていたのですが、TrueCrypt だと、仮想ディスクイメージファイルの更新日が更新されないので、予備にバックアップコピーを作っておく際に、いつのものなのかきちんと管理しておく必要がありそうです。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/05(木) 22:39:28|
  2. tool|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

Thinkvantage Client Security Solutionでの認証情報管理と Firefox での不具合

指紋認証デバイス付のノートPCが、T43, X61 と2台に増えたのを機会に、CSS(Thinkvantage Client Security Solution8.1)を導入しました。これまでもファイルの格納には、PGP Disk を使って暗号化していたのですが、ブラウザのフォーム情報とかは特に対策していなかったのが心配だったのと、複数端末で同じ認証情報を揃えておきたかったからです。
実際に使ってみて、いや、これはなかなか便利。ブラウザでも、AirMac 用の管理パスワードでも、realVNCでも、アカウント・パスワードの管理が一括して行えます。またセキュリティー・チップ(TPM)に対応しているので安心です。

1つだけ、導入してから Firefox で新しいウィンドウを開くたびにブラウザが落ちるようになってしまいました。一時的にこのアドオンを無効にしていたのですが、これでは本末転倒なので調べてみると、他にも同じ症状の方が沢山おられました。どうも Client Security Solution 自体の不具合だったようです。その後、下記のパッチをあてる事で、解決しました。

ThinkVantage Password Manager の問題 - 鷹山耳袋
http://blog.goo.ne.jp/m_kamitakano/e/5517c3ee8840c872933683e1a41be928

Lenovo Client Security Solution 8.1 修正パッチ Mozilla Firefox 用 - Japan
http://www-06.ibm.com/jp/domino05/pc/download/download.nsf/jtechinfo/MIGR-69426

  1. 2008/05/11(日) 12:48:10|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

iPod touch: URL にアクセスするだけの、お手軽脱獄(jailbreak)

Engadget さんで紹介された、iPod touch の Safari でサイトにアクセスするだけで完了する、JailBreak。

iPod touch/iPhoneに1クリックJailbreak&自作ソフトインストーラ登場 - Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2007/10/29/ipod-touch-iphone-1-jailbreak/

ちょ、画像処理の脆弱性って、こんなことまでできてしまうん?
PSP とかで~形式の画像処理で脆弱性が..ってふ~ん、くらいに思っていたのですが、こんな事までできてしまうんですね。おそろしい。

へたれな私はこわいので、来年2月の Apple の SDK 待ちです。(今のところ)
  1. 2007/10/31(水) 12:56:19|
  2. gadget|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PGPDisk:暗号化した仮想ドライブを作る

最近、学会とか出張で、メールを読み書きしたりプレゼンテーションを行うのにノートパソコンをもっていく事が増えてきました。プロジェクト関連のデータはその都度、必要なものだけいれるのでよいのですが、メールはプロジェクトをまたがるのでセキュリティどうしようかな~と思っていたところ、下記の PGP Disk についての記事をみつけて、ここ数ヶ月運用してみました。

デスクトップ百景(ウノウ代表取締役社長の山田進太郎さん)
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/desktop/17524.html

2000年盗聴法に完全対抗する暗号術3.PGP diskをインストールする。
http://hanran.tripod.com/crypt/y2k/03.html

PGP Disk は、暗号化された仮想ドライブを作成できるツールです。仮想ドライブをマウントする際にパスワードを要求されますが、マウント後は普通のドライブと同じに扱えます。

個人的に便利だと思ったのは、ノートパソコンをスリープさせると、自動的に仮想ドライブをアンマウントしてくれるところです。万一、アンマウントし忘れてPCを盗難されても、マウント時にパスワードを聞いてくるので少しは安心です。
※開いているファイルがあると自動的にアンマウントしないので要注意です。

外でデモ・プレゼンするファイルや、デジカメで撮影した写真もそれぞれ別個に暗号化仮想ドライブをつくってそこにいれるようにしました。
ただ AirPen のデータ保存場所が固定されているようです。ここが変更できればより安心なのですが...
※ MyDocument 自体を暗号化ドライブに割り当てるしかないのかな...
  1. 2007/06/20(水) 23:09:08|
  2. mobile|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。