1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

KOF 2008: 関西オープンフォーラム2008

大阪ATCで開催される「KOF 2008: 関西オープンフォーラム2008」に行ってきました。
とりあえず1日目は下記の講演を聴講しました。今年も興味深い・参考になる内容が盛りだくさんでした。

KOF2008:関西オープンソース2008
http://k-of.jp/2008/index.html


● ACRI最新通信ダイジェスト

  • ウェブアクセシビリティのガイドラインWCAG2.0、11/3に勧告案になったらしい。全くノーチェックだったので、ちょっと焦る。JIS もそれにあわせて改訂予定とのこと

  • Ajax とかRIA になると、もはやアプリケーション。バックエンドはAPI (XMLとか)で通信していることも多いので、それを取得して音声などに変換するフロントエンドを別途用意する、電話サポートセンターを設ける等の考え方もあるのでは?というところに激しく同意。



● That's so cool! オープンソースの企業情報ポータル『Liferay』のご紹介
参考:http://www.nri-aitd.com/openstandia/solution/eip/index.html

  • 全社-部門-チームみたいな組織の階層構造に対応できる、というところが魅力的

  • レイアウトを iGoogle みたいに、ドラッグ&ドロップでユーザ毎に自由に配置できるらしい

  • NRIさん提供の「OpenStandia/Portal」だと、Wikiやレポーティングのコンポーネントもあるらしい

  • ニコニコカレンダー装備?技術者のモチベーションを大事にしたい、というところが特に印象に残りました。



● Redmineでチケット駆動開発を実践する~チケットに分割して統治せよ
http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/redmine-aad9.html

  • Redmineというツールを通して 「チケット駆動開発(TiDD)」の考え方のご紹介

  • 標準でガントチャート表示できるのがいい感じ。個人的にExcel でのガントチャート更新めっさ時間かかるので、非生産的。

  • チケット(課題)の粒度管理をどうする?
    A: 一人に割り当てできるくらい。長く残るようならさらに細分化する。

  • ソフトウェア開発に限ったバグ管理だけでなく、ものづくりに関するプロジェクト管理の上での課題・ToDo を適切に管理して対応していくワークフローとして、使えそうと思いました。



● 30days Albumの裏側
http://www.slideshare.net/mizzy/2008-30days-album-presentation

  • ドクターペッパーの方!

  • 30days albumのバックエンド、知らない技術がいっぱい。
    サーバを追加するだけで拡張できる設計や、その際の運用面のTips まで盛りだくさんで大変参考になりました。

  • とりあえずキーワード列挙;Pappet(デプロイのためのマニフェスト一元管理)、Archer(Perl製のデプロイツール、YAML で制御)、Perl製のJobキュー管理(Gearman、TheSchwartz)の使い分け、Perl製のリバースプロキシー(Perlbal)、Perl による分散ストレージ(MogileFile)

  • PSP で PowerPoint スライドの表示制御をされていたのが、かっちょよかった
    http://coderepos.org/share/wiki/PSPSlidePanel



● vnc使っていますか?

  • 普段自宅で使っている VNC の FEP 切り替えまわりの調整を、知り合いの方がされていたのを知って、びっくり

  • 個人での開発は、いろんな環境での動作確認が大変。開発そのものでなくても、こういう環境で動作した・こういう不具合があった、ときちんと報告するだけでも貢献できそう。自宅は未だに Win2k なので、何かあったらテストします。


● 展示会場めぐり(ちょっとだけ)

スポンサーサイト
  1. 2008/11/07(金) 23:50:06|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オープンソースカンファレンス2008 Kansai (2)

午後から参加したセッション、ばらばらとですが、メモメモ

●OSSをライセンス的に 正しく使う/プロプラだけの製品とする ための11のチェックポイント
オープンソースライセンスのコンサルティングなどの紹介。自動的にオープンソースのコードの混入をチェックできるシステムもあるみたいです。確かに複数人、複数の会社で作成するものとなると、ちょっとした連絡ミス・確認もれでってことはあるだろうし、上流のところで「自社開発のシステムだ」と思いこんでいたら、そんなチェックすらされない可能性もありますね。


●ソーシャルウェブブラウザ Flock とは?
ゴーガの小山さんらがローカライズされた Flock 日本語版の紹介。機能面の紹介だけでなく、これから日本語版に組み込んで欲しいモジュール(webサービス)は何かありますか?ということでオーディエンスとの(半)対話形式で進めて下さいました。
Flock は Firefox をベースにした YouTube や Flickr など、あからじめソーシャルなウェブサービスにアクセスしやすいように作成されたブラウザですが、逆に、こうしたサービスがあることを知らないユーザにアピールするよいツールになるのではないか?と思いました。

GOGA - 毎日走る社長のブログ: オープンソースカンファレンス in Kansai
<http://koyama.goga.co.jp/article/103134343.html>


●やっぱりすごい!Memcached!!
最近、サーバサイドの技術はとんと不勉強だったのですが、DBとWEBサーバの間の処理結果をキャッシュする memcached なるサーバ(デーモン)があるらしい。facebook だと、webサーバ約1万台に対して、memcached のサーバ805台でまわしているとのこと。かなりシステムを効率よくまわせそうです。うちの会社のプロジェクトでこんな大規模なものはないのですが、送り火中継のときのサポートに使ってみようかな。

FFTT : memcached
http://tech.feedforce.jp/memcached.html


●[対談企画] ルート訪問記あげいん~オープンソースに魅せられた2人の対決?! 瀧田佐登子、よしだともこ、オープンソースを語る~
すっかり失念していたのですが、なんとこのお二人が出会ったのが、ちょうど10年前の京都で開催された Linux カンファレンスだったこと、で、私もそこに参加していたことを思い出して、感慨深かかったです。(Netscape の 5 が...という話をされていたのを今でも覚えています)。

2008-07-18_17-31-02.jpg



最後に吉田先生が、オープンソース活動への参加について、開発でなくても、使ってみて「これよかったよ」と人に伝えていく事や、使ってみてバグや気が付いた事を報告することでも貢献できるじゃないか、とおっしゃられていた事が特に印象深かったです。

「オープンソース開発はチャレンジ」~瀧田佐登子さんとよしだともこさんがOSC2008 Kansaiで対談:CodeZine
http://codezine.jp/a/article/aid/2845.aspx

「オープンソース開発はチャレンジ」~瀧田佐登子さんとよしだともこさんがOSC2008 Kansaiで対談 http://d.hatena.ne.jp/threelz/20080722/1216701011

※帰りに、吉田先生の著書「オープンソースの逆襲」にサインを頂きました。。ありがとうございます!
  1. 2008/07/19(土) 23:39:52|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。