1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

TrueCrypt:暗号化ディスクを作成する

これまで暗号化ディスクの作成に、PGPDisk を使っていたのですが、最終のバージョンアップからかなり時間が経っている事と、私の環境でですが、既にマウントしているディスクイメージを再度開こうとすると、OS道連れにフリーズしたり、スリープ解除した後に、実は暗号化ディスクが自動でアンマウントされてなかったりしてきたので、思い切って TrueCrypt というツールに移行しました。
※おそらく私の設定の仕方や環境が悪いだけだと思いますが...

TrueCrypt
http://www.truecrypt.org/

こんな特徴があります。
・オープンソース!(なので、こっそりバックドアとか作ってもすぐにわかるはず...)
・Windows だけでなく、MacOS X や Linux でも使える
・暗号化のアルゴリズムを色々選べる
・パスフレーズではなく、キーファイル方式での復号も選択できる
・TrueCrypt をインストールしてない端末でも使えるように、USBメモリをトラベラーズディスクにできる(最低限の実行環境をUSBメモリ上に構築してくれるみたい)
・ダミー領域を作れる(脅迫されてパスワードを教えないといけない時のために。何という念の入りよう...)
・仮想ディスクだけでなく、起動ドライブ全体の暗号化もできる(らしい)

海外製のツールですが、日本語化もできるので、より安心です。
仮想暗号化ドライブ作成 TrueCrypt/FreeSoftNavi
http://www.softnavi.com/truecrypt-1.html

実際に1週間ほど使ってみて、非常に安定して動作してくれています。また、以前に使った仮想ディスクイメージファイルの履歴をあえて表示できないように設定している点や、一括アンマウント機能等、細部に渡って安全性に配慮して作り込まれている印象です。
1点だけ、PGPDisk では展開した時に仮想ディスクイメージファイルの更新日が更新されていたのですが、TrueCrypt だと、仮想ディスクイメージファイルの更新日が更新されないので、予備にバックアップコピーを作っておく際に、いつのものなのかきちんと管理しておく必要がありそうです。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/05(木) 22:39:28|
  2. tool|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

AppFresh:フリーウェアやシェアウェアもまとめて更新チェック

MacOS X端末にインストールしているツールのメンテナンスをしたのですが、AppFresh という更新チェッカーがある事を知り、試してみました。これ、すごく便利です。
GraphicConverter とか Cyberduck とかの有名所はもちろん、いつインストールしたかも忘れているようなフリーウェアとかまで更新が確認できました。しかも更新したいアプリを右クリックして「InstallUpdate」でインストールまで自動的に行うことができます。

20071121.png


1つだけ、OSXVnc を更新したところ、ソフトの名前自体が Vine Server という名前になっていたので、一瞬、削除された?と焦りました。このあたりにだけ気をつけておけば、非常に便利なツールだと思います。

MOONGIFT: » アプリケーションを最新に「AppFresh」:オープンソースを毎日紹介
http://www.moongift.jp/2007/11/appfresh/
  1. 2007/11/21(水) 22:34:08|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

webkit2png :コマンドラインでウェブの画面をキャプチャ

増井さんのちょっと前のブログのエントリーで、MacOS X で使える webkit2png という、指定した URL のページの画面ダンプをとれるツールがあることを知りました。

ユビキタスの街角: Webページをスクリーンセーバで表示する
http://pitecan.com/blog/2007/06/web.html

MacOS X 10.4 だと、PyObjC という Objective-C の Wrapper がいる模様。とりあえず下記の手順でセットアップ・動かしてみることができました。


  • PyObjC をダウンロード、解凍してインストーラを起動。
    あとは自動でそのままインストール。(コンソールで python -v と打ち込んで調べたところ、2.3 のようだったので、2.3 用のものを選択しました)
    http://pyobjc.sourceforge.net/

  • webkit2png もダウンロードして、ファイル名をwebkit2png.py にして保存
    http://www.paulhammond.org/webkit2png/

  • コンソールを開いて、そこで「python webkit2png.py サイトのURL」を打ち込んで実行

  • しばらくすると、http:// と . を抜かしたファイル名に -full,-thumb,-clipped とついた3種類の PNG が出力されます



と、たったこれだけで Safari のレンダリングエンジンで描画されたウェブページの画面キャプチャが取得できます。外部のウェブサービスを使うものではないので、イントラネットのサイトの画面キャプチャにも使えますし、コマンドラインで実行できるので、perl でも ruby でも php でも、組み合わせて使うことができます。

以前、Windows で動くウェブ画面キャプチャツールの url2bmp を紹介しましたが、ベースが UNIX な分、MacOS X のほうが、いろんなウェブシステムに組み込みがしやすそうです。

1日1tech url2bmp
http://miyana2m.blog2.fc2.com/index.php?q=url2bmp
  1. 2007/11/05(月) 22:39:03|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

MacOS X (Tiger) で快適 Plagger

Bowz::Weblogさんのところのエントリーによると、MacOS X 10.4 (Tiger) 以降なら、tar.gz アーカイブを解凍するだけで、Plagger が使えるようになるらしい。
なんと!
去年の関西オープンソースで刺激を受けて、WindowsXP にインストールして満足していたのですが、MacOS X だとこんなに簡単だったとは。。。

ただ CPAN のモジュールが必要な幾つかの Plug-in については、そのままでは動作しないとのこと。ざっとみた限り、Excel や PDF に出力するものとかなので、基本的なフィードを取得して、Gmailに送るくらいは十分できそうです。

フォーラムの時、Plagger にインストーラがない点について言及しておられたのですが、これなら入門用には十分ではないかと。今度、自宅の PowerBook にでもいれてみよう。

Mac OS 10.4.8 で Plagger を使ってみる (Bowz::Weblog)
http://fb.skr.jp/bowz/archives/002193.html

8-p.info - Plagger
http://8-p.info/Plagger/
  1. 2007/01/13(土) 23:47:52|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

SheepShaver: PowerMac をエミュレーション

IntelMac で、ついに Classic 環境のサポートが打ち切られてしまったのでどうしようかな~と思っていたところ、PowerMac (G4?) をエミュレーションするツール「SheepShaver」を見つけたので、試してみました。
インストールする手順は、下記のサイトで詳しく説明してくださってます。
SheepShaver for x86
http://homepage3.nifty.com/toshi3/emu/sheepshaver1.html

私だけかもしれませんが、MacOS 8.5 の CD-ROM にある ROMファイルだと、なぜか起動しませんでした。Apple のサイトから MacOS 8.6 のアップデータを落としてきて、そこに含まれている ROM ファイルを取り出して、それで MacOS 8.5 の CD から起動してインストール、後で 8.6にアップデートという手順で行いました。

20070108.jpg

IntelMac はもってないので、ThinkPad X31 (PenM 1.6GHz/RAM 1GB)で Windows な環境で試してみたところ、体感的には昔使っていた PowerMac 8500 (604e 150MHz)より、ちょっと落ちるかな~というくらい。クラリスワークスやファイルメーカPro 4、Hypercard とかなら、実用的に使えそうな印象です。
※ TCP/IP 経由で他の端末で共有しているファイルメーカPro の DB にもアクセスできました。

IntelMac 用の MacOS X 上で動作するバイナリもあるようですので、興味のある方は試してみては?

【“SheepShaver: PowerMac をエミュレーション”の続きを読む】
  1. 2007/01/08(月) 20:02:05|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Safari で Ajax が文字化けする

GoogleMaps で ajax な処理するシステムを作っているのですが、XMLを処理した部分が Firefox では大丈夫なのに、Safari だと文字化けしてしまいました。UTF-8 にしているはずなのに、なんでかな~と思っていたのですが、Google で調べてみたところ、どうやら XML宣言のコードを書いていないのが原因らしい。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

と、XMLの先頭に上記の一行を入れるだけで解決しました。
とりあえず、メモメモ。

mizzy.org - Mac SafariでのxmlHttpRequest文字化け
http://mizzy.org/web/safariAndXmlHttpRequest.html
  1. 2006/09/14(木) 16:04:03|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。