1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Ubuntu8.04 を USB メモリから起動して使う

Ubuntu 8.04 になってから、USBメモリにインストールするスクリプトが標準の配布には含まれなくなってしまい残念に思っていたのですが、GUI で実行できるツールを公開しておられるのを見つけました。

20080531.jpg


Ubuntu を 徹底して簡単にするサイト
http://hiro.coolverse.jp/ubuntu/

Ubuntu日本語フォーラム / Ubuntu 8.04 on USB Memory : インストールと「ブートCD」
http://forum.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=11767

早速、ThinkPad T43 で試してみました。Ubuntu 7.04 の頃は一部、コマンドラインでの操作があったのですが、今回は全て GUI で操作できました。おおまかな手順は下記の通りです。

【“Ubuntu8.04 を USB メモリから起動して使う”の続きを読む】
スポンサーサイト
  1. 2008/05/31(土) 22:39:49|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Puppy Linux:小型・軽量の Linux

最近、USBメモリに入れて持ち歩ける Linux について調べていたのですが、おもしろそうなものを見つけました。約 100MB 程度で、LiveCD にもなる Linux 「Puppy Linux(パピーリナックス)」です。

20080523.png

早速、ThinkPad T43 でライブCDを焼いて試してみたのですが、あっけなく起動しました。
個人的に気になったのは下記の2点、

  • USBからブートしても書き込み回数を必要最小限にセットされているので、Flashドライブの寿命を延ばせます。

  • CPU: Pentium 166MMX, RAM: 128MB, CDROM: 20倍速以上


Flashメモリは書き換え限度回数があるので、OSのブートを繰り返すとメモリの寿命が縮みそうなのですが、この Puppy Linux は、そのあたりも考慮にいれた設計になっているようです。EeePC などにもよさそうですね。



  1. 2008/05/23(金) 12:55:55|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

SMPlayer:コーデックを入れなくても動画再生

PCが増えてくると、動画のコーデック管理が非常にめんどうになってきました。コーデックをいちいちインストールしなくても便利に使える動画プレーヤはないものか...と探して、みつけたのが SMPlayer です。試してみたところ、PentiumMで、GPUによる動画再生支援のないようなちょっと古めのノートPCでも、iPod 向けに H.264 でエンコードしたVGA サイズの動画がさくさく表示できました。

20080515.png

SMPlayer
http://ringonoki.net/tool/movie-p/smplayer.php

個人的につぼだったのは、動画の再生で、今再生しているところから+10秒、+1分、+10分後(逆もあり)をサーチできる機能です。この動画だったかな~?とうろ覚えの時に重宝してます。
  1. 2008/05/15(木) 12:55:47|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Ubuntu (Linux) すごいかも

去年の関西オープンソースセミナーとかで見た時は、Debian 派生のLinux ディストリができたのか~くらいにしか思ってなかったのですが、実際に試してみる機会がありました。これ、結構すごいかも。
20060724.jpg


  • いまどきの Linux なのに、CD 1枚だけ

  • その CD から起動すると、OpenOffice 2.0、Firefox 等が使える状態で起動する。Knoppix みたい

  • その状態からインストーラでHDDにインストールできる

  • インストールも5ステップくらいのウィザードで簡単。やってないけど、NTFS 形式のHDDのパーティション操作もできるらしい

  • NTFS のパーティションがマウントできる。USBメモリもWindows と同じ間隔で差してすぐに使えた

  • Debian ベースなので、apt-get でパッケージ管理できる。GUIクライアントもある

  • 日本語化版は IPA フォントまで組み込まれている

  • i386 以外に PowerPC をサポートした版もある


等々。個人的には見た目がちょっと落ち着いた雰囲気なところとかもお気に入りです。約半年毎に新版になっていくというのは、Debian 版 FedoraCore を目指すのかな?
でも、私が試してみたのは LTS版 (Long Time Support)で、デスクトップでも3年間はセキュリティアップデートを提供する予定らしいので、FedoraCore よりもちょっと安心かもしれません。
  1. 2006/07/24(月) 22:13:28|
  2. tool|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。