1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

モバイル学会シンポジウム「モバイル09」

モバイル学会シンポジウムが来週開催されます。
インタラクション研究会からきた案内のメールから引用します。
興味のある方は、リンク先もご参照下さい。

---

■ 期日:3月17-18日
■ 会場:キャンパスプラザ京都(JR京都駅ビル駐車場西側)

■ 特別企画
 
 特別講演「教育におけるケータイの功罪-これから必要になるネット安全教育のすすめ-」
 田中 博之 (大阪教育大学)

 質疑・討論    家本 修(大阪経済大学)、篠原一光(大阪大学)
 話題提供 DeNA 様

 講演時間・会場は下記URLをご参照ください。

 シンポジウム「モバイル'09」
 http://www.mobilergo.com/symposium/2009/index.html

 モバイル09 プログラム
 http://www.mobilergo.com/symposium/2009/contents/pro.pdf

■ 研究発表:

 [教育的利用(1)]
 1111 中学生の携帯利用実態と教員の印象に関する事例研究分析
 1112  e-learning利用におけるプラットフォームとしてのiPhoneについて
 1113 モバイルLMSのための学生携帯利用実態調査
 1114 ケータイ文字メールによる情報管理システムの利用性と応用

 [教育的利用(2)]
 1121 若者のSNS『mixi』利用調査-パソコンとモバイルの媒体比較を中心に-
 1122 大学生のモバイルリテラシーに関する考察
 1123 メディアリテラシーからみたケータイ小説の教育的利用と課題

 [メディア]
 1211 モバイル機器の文字入力の比較-モバイル環境における比較検討-
 1212 複数モバイル機器に対する直感的かつ効率的な写真伝送手法
 1213 スマートフォンの大学教育への活用
 1214 カメラ付き携帯電話を利用した2008年送り火中継における撮影者の傾向

 [文字と言語]
 1221 中国語における状況適応予測の適用性について
 1222 ケータイ多言語対話システムとその応用
 1223 在宅認知症者に対する遠隔支援方法の提案

 [文字入力と表示]
 2112 ケータイ絵文字メールによるコミュニケーション
 2113 モバイル端末のマルチタッチディスプレイを用いた最適表示文字サイズの評価
 2114 モバイル機器の辞書検索機能のつかいやすさ

 [情報と社会]
 2121 高齢者における携帯電話の利用の地域差
 2122 移動判定を伴うPHSによる物流機器位置管理システムの研究
 2123 モバイルバリュー交換提携関係の社会ネットワーク分析
 2124 ユーザビリティについての回顧とデジタル日用品の課題

 [脳と生理]
 2212 NIRSを用いた追従および認知・判断タスク中の生理変化の特徴抽出
 2213 NIRS高速成分によるケータイ文字入力動作の解析
 2214 ボタン操作の方向選択課題におけるNIRS高速成分の解析法

 [交通支援]
 2221 ランドマークの認知容易性・視認可能性に基づく歩行者の不安の定量的評価
 2222 自動車用情報表示器の文字表現に関する研究
 2223 交差点記号化研究および高知における実地展開
 2224 ケータイによる会話が視空間的作動記憶に与える影響
 2225 複数の情報提供サービスを搭載した車載器のHMIに関する検討

 講演時間・会場は下記URLをご参照ください。

 シンポジウム「モバイル'09」
 http://www.mobilergo.com/symposium/2009/index.html

 モバイル09 プログラム
 http://www.mobilergo.com/symposium/2009/contents/pro.pdf
スポンサーサイト
  1. 2009/03/14(土) 14:55:29|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

京都 五山の送り火中継 2008

今年もなんとか無事(?)に、ほぼ日さんとのコラボレーションで送り火中継を行うことができました。協力してくださった中継員の皆様、ほぼ日スタッフの方々、ありがとうございました。

今年の新しい要素としては、GPS付き携帯電話を使ってもらって、各グループが今、どのへんにいるのかを地図上に表示してみる試みを行いました。ライブ版では1分に一度の更新なので、変化が少なかったかもしれませんが、再現版でみると、ちょこちょこっと移動して行かれる様が確認できます。

20080823a.jpg
http://www.softdevice.co.jp/activity/dmj2008/index.html


他にも幾つかアイデアはでていたのですが、

  • 送る側(中継員さん)にとって、大きな負担にならない操作

  • 見る側に特殊な装置や環境を必要としない

  • 特に操作しなくても楽しめる(情報が見える)


に重点を置くことで、今回はこのアイデアに落ち着きました。
見た目としては、あまり大きな変化はないのですが、GoogleMaps API を利用するために、Flash 版は、FlexBuilder で全面的に作り直しを行っています。作り直しで間に合わないか?とも思ったこともあったのですが、結果的には MXML、ActionScript、CSS で、ロジックと表現をうまく分離することもできたし、GUIコンポーネントが豊富なので、積極的にこれらを使うことで、開発効率はこれまでよりもよかったように思いました。
※今後、別の見せ方にする時も、これまでより簡単にできそうです。

20080823b.jpg
http://www.softdevice.co.jp/activity/dmj2008/index.html


HTML版(Ajax)版については、去年のコードをベースに GooleMaps のコードを足して整理したくらいで、全面的な作り直しは行ってないです。こちらは少し時間に余裕があったので、7月に公開されたGoogleストリートビューの API を使って、地図上のマーカをクリックすると、その中継グループさんのいた周辺のGoogleストリートビューを見られるようにしてみました。(といっても、ストリートビューが提供されていない箇所では、(おそらく)最も近い位置のストリートビューが表示されてしまったりしますが)

あとHTML版は、iPhone, iPod Touch、Wii のインターネットチャンネル、WindowsMobile向けの Opera 9.5βでも再生できました。かなり重いですが、もしよかったらご覧下さい。

ほぼ日刊イトイ新聞 - 大文字送り火ライブ中継2008
http://www.1101.com/daimonji/index.html

  1. 2008/08/23(土) 12:36:20|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

送り火中継 2008 今年もやります

毎年、ほぼ日刊イトイ新聞さんとのコラボレーションで行っている 8/16 の京都五山の送り火中継、今年ももちろんやりますよ~。なんかもう今年で9年目らしい。
今年はちょっとだけ新しい要素を取り入れる予定です。よかったら見てやって下さい。

2008年 五山の送り火の中継 -
http://www.softdevice.co.jp/activity/dmj2008/index.html
公開は、8/16 夕方頃の予定です。

20080815.jpg
2007年 五山の送り火の中継再現版 -
http://www.softdevice.co.jp/activity/dmj2007/index.html
  1. 2008/08/15(金) 12:58:32|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

祇園祭 2007 on GoogleEarth

せっかく祇園祭の季節なので、HIS で発表したシステムから、去年の祇園祭のときに登録したデータを GoogleEarth で見られるようにKML を書き出してみました。
(GPS付きケータイで撮影した写真なので、あまり綺麗ではないです)
下記のリンクをクリックすると、GoogleEarth が起動します。

20080714.jpg
http://miyanami.
googlepages.com/gion2007.kml

今年も時間があれば、宵山、宵々山にでも入って、新しいデータをアップできたらと考えてます。

※このシステムにアップしているデータから書き出してます。
HIS2006発表「モバイル体験を繋ぐ情報モデルの情報探索インタフェース提案」
http://www.softdevice.co.jp/activity/his2006/index.html


  1. 2008/07/14(月) 19:19:28|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

祇園祭 船鉾の試し曳き

3年くらい前まで知らなかったのですが、祇園祭の鉾は、17日の巡行の前に「鉾曳初め」という、試し曳きが行われます。単に動かしてみるだけでなく、お囃子を奏でながら、かけ声とともに引いていかれるので、本番さながらです。今年はちょうど試し曳きが休みの日だったので、行ってきました。

20080713.jpg

2008/7/13 祇園祭準備の様子とか
http://picasaweb.google.co.jp/miyanami/20080713_gion02

祇園祭2008 主な日程表:京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gion/2008/2008schedule2.html

コンパクトデジカメで撮ったので、綺麗ではないですが、船鉾の試し引きの様子を動画でアップしてみました。動画は続きのページで。 【“祇園祭 船鉾の試し曳き”の続きを読む】
  1. 2008/07/13(日) 22:31:13|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Google技術講演会 in 京都に行ってきました

7/6 に、Google技術講演会 in 京都 (Google TechTalk in京都)に行ってきました。
内容的には既報のものがほとんどで、開発者向けのコアなものというよりは、事例の紹介や、なぜそうした取り組みを行っているのかという説明が多い印象を受けました。
記憶・メモに残っている範囲でメモメモ。

20080706.jpg


●Googleのモバイルプロダクト(Google の若狭さん)
・Google もモバイルプロダクトに力をいれている。

●GoogleマップとUGC(Google の南野さん)
・最初、API の公開は考えていなかった
 (不動産関連のサービスにHACKされて需要に初めて気が付いた)
百聞は一デモにしかず

●はてなのサービスとGoogleAPI (はてなの伊藤さん)
・なぜ API を公開するのか?
 ・APIは技術者を empowered -> そうしてできたサービスはユーザを empowered
 ・データをオープンにしたい(サービスにロックインされない)
 ・自分たちの想像を超えるアプリケーション、出来事を見てみたい
・「勢いで作る」から「組織力で作る」へ

●Google におけるエンジニアの日々とリサーチ(Google のマイクさん)
・研究部門だけど、自分たちでビデオも作った。<おもしろい!

●Q&A
・Android は必ず OpenSource で出す
・Google の開発拠点を是非、京都に!
・競合はどこ? A:今、まさに起業しようとしているベンチャー
・GoogleMaps 自体も API で作ってしまおう、という声も社内にある
Google はサービス・API についても「実験」という考え方を非常にする。思いもよらない使い方をされた時も、単に利用規約違反ということだけではなく、ユーザにとって利便性が高くて、多くの人が望んでいるなら、柔軟に変更していくというカルチャーがある。

などなど
【“Google技術講演会 in 京都に行ってきました”の続きを読む】
  1. 2008/07/07(月) 08:44:09|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

京都寺町お買い物情報:ワンセグチューナとか

この冬休みの間に、京都寺町で見かけたお買い得かな?という情報です。あ、ゲームは買いました。

NintendoDS プロジェクトハッカー 覚醒
四条ソフマップにて 1480円

Logitec USB接続型ワンセグレシーバ LDT-1S100U
寺町谷山無線にて、8900円くらい

このワンセグチューナは、実は去年の秋頃に既に購入していたのですが、私が住んでいる京都市左京区のへんって、ワンセグではKBS京都とNHKくらいしか受信できないんですよね、まだ otz。
amazon では価格 10800円の、最大10%還元のようなので、あんまり変わらないか...

  1. 2007/01/04(木) 12:56:38|
  2. memo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。