1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最近の UI ガイドライン

最近、仕事関係でUIのガイドラインを調べてみたところ、AppleもMicrosoftのもアップデートされていました。というわけでリンクメモ。

Apple Human Interface Guidelines
http://developer.apple.com/documentation/UserExperience/Conceptual/AppleHIGuidelines/XHIGIntro/chapter_1_section_1.html#//apple_ref/doc/uid/TP30000894-TP6
いつの間にか、Leopard 対応な内容になってます。
内容と関係ないのですが、Leopard から、CoreGraphic だか CoreAnimation だかで、これまでの標準とは少し異なるUIが、標準のOS にもはいってきているイメージがあります。
もはや一般の人にも OS の標準的な GUI の作法はわかっているものと言い切れる状況・そこからの応用発展を考える段階になっているのかな?とか。
※すみません、まだそこまで読み込めてない。。。

Windows VISTA Guidelines
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb328626.aspx
こちらは Vista対応のUIガイドライン。PDFでがーっと印刷したいけど、見つけられなかった。

スポンサーサイト
  1. 2008/09/07(日) 20:29:50|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フィッツの法則(Fitts' Law)

フィッツの法則は、ユーザーインタフェース関連の法則です。
ソシオメディアさんのサイトの説明を引用すると

https://www.sociomedia.co.jp/349

画面上で、マウスなどの入力装置を使ってものを指し示すときにかかる時間を計測するモデル。
ターゲットオブジェクトのサイズと距離に基づき、以下の計算式で算出される。
面積が大きく、現在のポインター位置から近いものほど、指し示しやすい。

T = a+b log2 (D/S + 1)

* T = ターゲットまでポインターを動かすのにかかる時間
* D = ポインターとターゲットの間の距離
* S = ターゲットの大きさ

なお、通常、ポインターはスクリーンの端よりも外へは移動できないため、スクリーンの端にあるものは、その面積(ポインターから見た奥行き)に関わらず、容易に指し示すことができる。


マウスカーソルの移動距離・ターゲットの大きさそれぞれについてはよく言及されるのですが、それらが D/W で比する関係であることは、私はどうにも忘れがちでいけません。
ターゲットを単純化して正方形と考えると、距離を1/2 に縮めるのと、面積を2倍(1辺の大きさを約1.4倍(ルート2))とが同じになるので、ターゲットの面積を調整するほうが、もろもろ調整しやすいかもしれない。
※最近はタッチパネルを想定しないといけない場合も多いので、逆に複数ターゲットの間隔も十分にとる必要があるので、なかなか難しいのですが...

とりあえずお仕事関連の備忘録、でした。
  1. 2008/08/24(日) 20:28:58|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

OKボタンの位置はどこが適切? (2)

以前、ユーザーインタフェースデザイン研究所さんが「OK」「キャンセル」ボタンの並び順についてアンケート調査された結果を紹介しましたが、ここ数日、またその話題がにわかに盛り上がっているように感じています。

Alertbox: 「OK」「キャンセル」、どちらが先か?(2008年5月27日)
http://www.usability.gr.jp/alertbox/20080527_ok-cancel.html

やっぱり[OK]ボタンは右なんだよ - ぼくはまちちゃん!(Hatena)
http://d.hatena.ne.jp/Hamachiya2/20080611/ok

以前のエントリー>1日1tech OKボタンの位置はどこが適切?
http://miyana2m.blog2.fc2.com/blog-entry-203.html

個人的な感覚としては、左から右に文字を読み進んでいく文化圏では、画面に向かって右の方向が肯定・進むという操作、左の方向が否定・戻りの操作とするのが、ウィザードの画面との整合性もとりやすいかなと思うのですが、上記のブログのコメント欄やはてなブックマークのコメントを見ていると、いろんな意見が交わされているので非常に参考になります。

左と右のもつ意味については、下記のブログのエントリーがお勧めです。映像の世界での左右の意味(舞台や落語、はてはガンダムやエヴァまで)や日本のゲームでの使い分け(スーパーマリオは左から右に進むが、FFでは向かって左に敵がでてくる)など、非常に多岐にわたる事例をもとに考察・紹介されています。

ゲームの右と左 マリオはなぜ右を向いているのか - 最終防衛ライン2
http://d.hatena.ne.jp/lastline/20080329/1206781018
  1. 2008/06/13(金) 01:50:15|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。