1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

FlexUG勉強会@京都に参加しました

2/7 に開催されたFlexUG勉強会@京都に参加しました。というか、会場は、うちの会社の会議室だし。今回の発表は同僚に任せて、裏方スタッフとしての参加です。
ちなみにご発表頂いた内容は下記のような内容です。

●アニメーションのお話 by obanettyさん
http://blog.garden-place.jp/oborobeer/item_226.html

●グラフコンポーネントのお話 by いさみんさん
http://d.hatena.ne.jp/isamin73/

●自己紹介&まいど関西RIAセミナーの案内など by hirossyさん
http://seminar.genephics.co.jp/fxug/20090228/

●AdobeMAX 2009 土産話 by kurano3fさん
http://ofuku.blog.so-net.ne.jp/

●物理エンジンを利用したパフォーマンスソフトウェア by 平野さん

内容は各発表者さんのブログなどでご確認下さい。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/07(土) 23:39:22|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

FLashPowerSession 2008 に参加してきました

2004年以来、4年振りの開催となる FlashPowerSession 2008 in 大阪に参加してきました。
書きたいことは沢山あるので、あとで絶対、追記しまっす。
  1. 2008/09/13(土) 23:59:59|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

京都 五山の送り火中継 2008

今年もなんとか無事(?)に、ほぼ日さんとのコラボレーションで送り火中継を行うことができました。協力してくださった中継員の皆様、ほぼ日スタッフの方々、ありがとうございました。

今年の新しい要素としては、GPS付き携帯電話を使ってもらって、各グループが今、どのへんにいるのかを地図上に表示してみる試みを行いました。ライブ版では1分に一度の更新なので、変化が少なかったかもしれませんが、再現版でみると、ちょこちょこっと移動して行かれる様が確認できます。

20080823a.jpg
http://www.softdevice.co.jp/activity/dmj2008/index.html


他にも幾つかアイデアはでていたのですが、

  • 送る側(中継員さん)にとって、大きな負担にならない操作

  • 見る側に特殊な装置や環境を必要としない

  • 特に操作しなくても楽しめる(情報が見える)


に重点を置くことで、今回はこのアイデアに落ち着きました。
見た目としては、あまり大きな変化はないのですが、GoogleMaps API を利用するために、Flash 版は、FlexBuilder で全面的に作り直しを行っています。作り直しで間に合わないか?とも思ったこともあったのですが、結果的には MXML、ActionScript、CSS で、ロジックと表現をうまく分離することもできたし、GUIコンポーネントが豊富なので、積極的にこれらを使うことで、開発効率はこれまでよりもよかったように思いました。
※今後、別の見せ方にする時も、これまでより簡単にできそうです。

20080823b.jpg
http://www.softdevice.co.jp/activity/dmj2008/index.html


HTML版(Ajax)版については、去年のコードをベースに GooleMaps のコードを足して整理したくらいで、全面的な作り直しは行ってないです。こちらは少し時間に余裕があったので、7月に公開されたGoogleストリートビューの API を使って、地図上のマーカをクリックすると、その中継グループさんのいた周辺のGoogleストリートビューを見られるようにしてみました。(といっても、ストリートビューが提供されていない箇所では、(おそらく)最も近い位置のストリートビューが表示されてしまったりしますが)

あとHTML版は、iPhone, iPod Touch、Wii のインターネットチャンネル、WindowsMobile向けの Opera 9.5βでも再生できました。かなり重いですが、もしよかったらご覧下さい。

ほぼ日刊イトイ新聞 - 大文字送り火ライブ中継2008
http://www.1101.com/daimonji/index.html

  1. 2008/08/23(土) 12:36:20|
  2. net|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Google Maps API for Flash

もう既に多くの方が書かれていますが、GoogleMaps が Flex (ActionScript3.0)ネイティブな API の提供を開始したようです。同僚が早速 FlexBuilder で試していました。

AIRでGoogle Maps API for Flash:ちょこっと:So-net blog
http://ofuku.blog.so-net.ne.jp/2008-05-21#more

Google Maps API for Flash - Google Code
http://code.google.com/apis/maps/documentation/flash/

個人的には Adobe AIR で使いたいのですが、どうやらまだ難しいようです。ネットでも「できたよ」という報告を見つけることはできませんでした。
AIR には HTMLコンポーネントがあるので、JavaScript で実装した GoogleMaps のページをこれに読み込ませてやる方法もあるにはあるのですが、Flex での実装部分とよりシームレスに連動する何かを...となると、やはりネイティブで対応できると、うれしいです。
Google の中の人、よろしくお願いします。



  1. 2008/05/21(水) 22:07:28|
  2. googlemaps|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Flex2勉強会第29回@京都 発表してきました

11/17(土)に京都で開催された FlexUG 勉強会で、ほぼ日さんとやっている京都五山の送り火中継のネタ話という題目で、これまでにボツ案になった中継画面とか、インタフェースまわりの失敗談・振り返りについて発表してきました。

- Flex User Group
http://www.fxug.net/

全然 Flex な内容ではないので「いいのかな~」と少し緊張していたのですが、メモとって下さっている方もいて、なんとか無事に(?)終えてくることができました。
今度こそ、Flex 関連で何か発表できればと思います(同僚 or 後輩が)。

※発表資料、内容少し調整して公開予定です。


  1. 2007/11/17(土) 23:54:06|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Flex2勉強会第19回@大阪に参加しました

心斎橋アップルストアで開催された Flex2 の勉強会、今回も強行軍で参加してきました。
というわけで、ざっくりと覚え書きメモ。

AIR βになって変わったところなど(goriさん)

  • 途中からです、ごめんなさい

  • ドラッグ&ドロップに対応

  • PDF表示に対応

  • 透過HTMLに対応?

  • 猫大好き!


Varidator,Red5 など (hirossy さん)

  • Validator の使い方

  • 最大値、最小値、入力値の型チェックなど

  • MXML にちょこっと書くだけ

  • <form> に defaultButton = ID を指定することで、enter キーで決定取得

  • Yahoo 形態素解析API を使ったデモ

  • NGワードのチェック

  • cairngorm フレームワーク?

  • オープンソースの Flash ストリーミングサーバ「Red5」のデモ

  • chat は Lingr (commet?)


YUIフレームワーク(arkwさん)

  • デザイナとプログラマの分業

  • MXML のID管理をきっちりと

  • イベントハンドラを自動で登録

  • メタデータ用いたDI

  • ライトなRCPフレームワーク



遅れていった上に、最後はきちんとご挨拶できず失礼致しました。今回も大変、参考になりました。
※日曜日に Red5 を windows にインストールしてみたのですが、それはまた別エントリーで。。。

参考URL:

apolloやってみました。
http://apolloadobe.blog102.fc2.com/

hirossy javaとFlex2と。
http://d.hatena.ne.jp/hirossy1977/

AKABANA
http://d.hatena.ne.jp/arkw/
  1. 2007/06/23(土) 20:05:54|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

MacOS X で Flex2SDK を使ってみる

長らく手をつけられてなかった Flex2 SDK ですが、下記のサイトの内容を参考に MacOS X 10.4 環境にセットアップしてみました。

note.x | Flex2SDKの環境構築メモ
http://rect.blog49.fc2.com/blog-entry-55.html

とりあえず Jedit でソースを編集して、MacOS X 標準のターミナルからコマンドラインでコンパイルしているのですが、私の環境では、ターミナルは開く度に source ~/.bashrc という感じで、 PATH を通しているシェルの環境設定ファイルを読み込む必要がありました。(どこかで設定できそうですが...)

環境もできたしなんか作ろう、ということで、参考サイトを見ながら、去年のHIS のシステムにHTTPでアクセス・XMLを取得して、データグリッドに表示するものを作ってみました。

20070606.jpg

今はまだ mxml ファイルの中にスクリプトを書いていますが、外部 as ファイルで分離できるようなので、MVCモデル的にもよい感じに整理できそうです。
細かいところの表現にこだわらなくてよいなら、MXML で標準のコンポーネントを使うことで、GUI のRAD ツールとしてもかなりいい感じで使えそうな気がします。

参考:
より短いXMLコードでサーバ通信させるFlex2 ─ @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fwcr/rensai/flex205/01.html

  1. 2007/06/06(水) 12:07:06|
  2. develop|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。