1日1tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「セカイカメラ」で電脳コイルの世界が実現?(2)

昨日は「セカイカメラ」のPVを見て、モバイルアプリケーション(サービス)やインタフェースの点でこれはいいなぁと思った事を書いたのですが、これまで何機種かのケータイのGPSを使って位置情報を扱うプログラムを作成してみた経験や技術的な視点からみると、これどうやるんだろう?と気になる点が幾つかあるので、メモしておきます。

ケータイのGPSを使って位置情報を扱うプログラム -> HIS対話発表2006:social map?
http://miyana2m.blog2.fc2.com/blog-entry-356.html

●位置精度の問題

これまで試してきたケータイのGPSでは、どれも5-30m程度の誤差がでる場合がありました。自分が今いる位置から半径約○○m程度内の周辺情報を提示する、くらいならなんとか許容されそうですが、AR を使って現実世界の映像にオーバーレイするとなると、10mもずれたらとなりのお店の情報が表示されている、ということにもなってしまいそうです。
※GPSだけでなく、PlaceEngine のような WiFi を使う位置検出と併用することで、ある程度までは精度は高められそうですが...

●制止状態からの視線向き・角度の検出

歩きながらの利用であれば、位置の時間変化をとれば移動方向がわかり、視線の向きをほぼ決定できると思うのですが、立ち止まって、自分の周囲を見渡すような場合、GPSによる位置情報だけでは、決定が難しいのではないかと。加速度センサーと組み合わせれば...とも思うのですが、それでも、近くの対象をみたいのか/遠くの対象をみたいのかや、仰角等を微妙な数十 cm 単位の動きから正確に検出できるのかな?と思います。
※タグ付けする際に、カメラの映像もひも付けしておいて、閲覧時にその状態との適合度合いを測る、という手もありそうですが、モバイルの貧弱なCPU環境でどこまでリアルタイムにできるのかや、色だけのマッチングなら、日光の具合でもかなり変わってしまいそうです。

..で、上記のような精度を求めないにしても

●情報の更新・収集

位置情報ひも付け系(?) のサービスって、情報がその位置に束縛されてしまうので、たとえ何万件の情報が入っていても、エリアが偏っていると、ほとんどの場所で使えない、せっかく起動しても、何も表示されないということになってしまいます。それなら登録を一般に開放して情報量と登録位置の分散をはかる...となると、どうやって情報を登録するモチベーションを持ってもらうのか?や、情報の鮮度をどうやって保つのかが課題になるかと思います。
※HIS2006での発表では、情報の登録は実験的に発表者3~4人が登録しているだけなので、ほとんどの情報が京都の北山周辺(会社の近く)に集中しています。
※以前、WBSでユーザが自分がいる位置の天気情報を携帯で登録すると、周辺のお天気情報が見られる、という登録=閲覧というモデルも考えられそうです。

●バッテリの問題
仮に上記が全て解決したとして、利用面でバッテリの持ちが厳しいのではないかと。
私は iphone はもってないのですが、E-MONSTER (S11HT) で3GやGPS(WiFiも?)をごりごり使うと、みるみるバッテリが減って数時間も持ちません。
アプリケーション・サービス自体の問題ではないですが、元NTTの夏野さんがモバイル学会の講演でも語っておられたように、バッテリ技術は今後のモバイルで重要なファクタだと思います。


※提供されている技術資料等全てに目を通したわけではなく、ふと思った範囲で書いています。
 既に提供済み・解決済みの内容もあるかもしれないので、あらかじめご了承下さい。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/12(金) 03:02:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

N:TM (Nico-TECH : Takatsuki Meeting)に行ってきました

高槻で開催されたニコニコ技術部 勉強会「N:TM (Nico-TECH : Takatsuki Meeting) 」に行っていました。

ニコニコ技術部関西勉強会
http://syunei.dip.jp/nico_tech/index.php?nico-Tech: Takatsuki Meeting ニコニコ技術部関西勉強会

どれ見てもすごい!というか、技術もすごいけど、皆さん見せ方・プレゼンがうまい!とにかく、みっくみくにされてきました。早速、紹介の動画がアップされていたのでリンクします。



いっしょにいった知人もブログで紹介記事を書いてました。

nico-Tech:Takatsuki Meeting:ちょこっと:So-net blog
http://ofuku.blog.so-net.ne.jp/2008-08-31

2008-08-31 - 蜜葉の日記
http://d.hatena.ne.jp/c-mitsuba/20080831

とても全部は書ききれないので、印象に残った発表内容の言葉や感想,
撮影した動画は詳細にて。

あと、思わず購入してしまった、ニキシー管時計製作キットは別エントリーで。 【“N:TM (Nico-TECH : Takatsuki Meeting)に行ってきました”の続きを読む】
  1. 2008/08/31(日) 23:46:20|
  2. event|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

CamSpace:webカメラで動きを認識するシステム

TechCrunch Japanese さんで、おもしろそうなものを見つけました。

TechCrunch Japanese アーカイブ » CamSpaceが〈みんなのWii〉を作った(Nintendo本体不要) http://jp.techcrunch.com/archives/20080611camspace-creates-a-wii-for-everyone-minus-the-nintendo-console/

CamTraxのコアテクノロジーは、純粋にソフトウェアのみのソリューションで、ほぼすべてのパソコン用ウェブカム(95%に対応)を使って、最大4つの物体(最小5mm)をリアルタイムで高解像度高精度で追跡できるというもの(Windowsのみ)。ロッキングとトラッキング(X、Y、Z軸方向および角度)はすべて自動で行う。CamSapceを開発しているCamTrax Technologiesのファウンダー兼CEO Yaron Tanneは、テルアビブのアパートの一室で、事実上ひとりだけで、3年かけてこの技術を開発した。





公開されているビデオを見る限り、特殊なセンサーやデバイスを使うことなく、webカメラからの映像を認識して、ただの棒きれをコントローラにすることもできるみたいです。ブレストの時とかにあったら、発想ふくらみそうです。
  1. 2008/06/21(土) 22:42:38|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ニコニコ動画:ARToolKitでオブジェクトを全方位から眺めてみた+α

ARToolkit を使った事例をニコニコ動画で発見。これはすごい。マーカを複数組み合わせることで、3Dマウスとか使わずに、仮想のオブジェクトをぐりぐりまわしてます。
マニアックですが、天地無用!で美星さんのもってたキューブを思い出しました。オブジェクトを回すだけでなく、動きのパターンとかで、特定のコマンドを実行するとか、できるかも。

【“ニコニコ動画:ARToolKitでオブジェクトを全方位から眺めてみた+α”の続きを読む】
  1. 2008/06/10(火) 18:57:27|
  2. interface|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。